むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

伊藤史織『異才、発見!-枠を飛び出す子どもたち』

異才発掘プロジェクトROCKETは、東京大学先端科学技術研究センターと日本財団が組んで取り組む、学校に不適応の「天才」を見つけ育てるプロジェクトだ。

団体の紹介によると下記のように記されている。
「新しい学びへの挑戦
“ROCKET”は、“Room Of Children with Kokorozashi and Extra-ordinary Talents”の頭文字をとったものです。そこにあるように学校を目指すものではありません。志ある特異な(ユニークな)才能を有する子ども達が集まる部屋(空間)です。
ここで選抜された子ども達が異才であると我々が評価しているわけでもありませんし、彼らを万能な天才に育てるプロジェクトでもありません。 また、いまの学校教育を否定し対抗するプロジェクトでもありません。
残念ながら、ユニークさ故にそこに馴染めない子ども達が学校にいなければならない事で不適応を起こす現状に疑問を感じています。彼らには彼らの新しい学びの場所と自由な学びのスタイルが必要です。それは決していまの学校教育システムと矛盾するものではありません。むしろ両輪であるべきだと考えています。
ユニークな子ども達が彼ららしさを発揮できるROCKETという空間を彼らとともに創造することによって、結果としてユニークな人材が育つ社会的素地が生まれるであろうと考えています。 学びの多様性を切り拓く挑戦です。」

『異才、発見!』はその取り組みの様子を描いた本。

教科書無し、時間割無し、何を学ぶかは自分で決める。
好きなことをとことんやり続けることを助ける場として「ROCKET」はある。

このROCKETの代表を務める中邑教授の話に、ガンガン今までの価値観をぶち壊されて気持ちがいい。

「(前略)本当にレゴが好きでものづくりに熱中しているのであれば、放っておけばいいんです。頑張っているところを親に見せ、ほめられたいだけの子どもは、親が寝てしまったら、十分も経たないうちに寝ます。本当にレゴに興味があり、ものづくりが好きならば、たとえほめられなくてもずっとやり続けます。なぜ、やり続けられるのか。それはほんとうに好きだから」

とか、

「計画の中でものごとを進めていくと子どもたちは好きなことをとことんやるということがない。それは時間の制限があり、ゴールが決められているからです。すごい力で集中できるのは、頑張っているのではなく好きだからやっているのです。努力していると感じることなく真剣に取り組むことができるのです」

とか、
友だちが居なくても案ずるな、と、
「好きなことをやり続けていれば、今は友達がいなくても大丈夫。大人になって、世界が広がると同じ興味を持つ人たちが仲間になる。いま、同じことに興味を持てる子どもが周りにいなくても日本中、世界中には自分だけだと思っていた興味にも関心を持ち、情熱を注ぎ続ける人たちがたくさんいるから安心しろ」
とか。

こういった信念を貫く姿勢で、大人が子どもたちと向き合える「学校」が、「学校」と名のつく場の1割程度を占めるようになれば、子どもたちは生きやすくなるだろうなー。

みなと一緒におんなじことをすることが安心だったり、モチベーションになる子どもは少なくなくって、それはそれでいいとも思う。今の形が合っている子はそれはそれでいい。

でも現状はそればっかりで、あんまりに揃い過ぎて(画一的に過ぎて)苦しいんだよなー。

ちょっとしたはみ出しも、ちょっとしたつまづきも、ちょっとしたへそ曲がりも、人生のごくわずかな時間だけなのにやたらと目立ってしまい、ぼんやりと社会の中に没入できないから、闘うしかなくなって磨り減っちゃうんだよね。


あっちとこっちとぜんっぜん違うじゃん!
って思えるような、あり方がいろいろの学校文化が育てばいいのにな。

受けている教育環境がバラバラだから、全国一斉の試験など無意味になって、測れる学力などなくなって、ただただ自分に合いそうな自分の学びたいことを学びたい方法で学べそうな高校だったり大学だったりを選んで行くような、そんな多様な教育のあり方ってムリなのかな。

「自由の相互承認」ベースなら、ちっとも不可能じゃないんだけどな。



もし、教育ってものに夢を見るのであれば、そんな夢だ。

# by shiho_kato | 2017-06-16 20:20 | 読書ノート | Comments(0)

柚木麻子『BUTTER』

小説に仕立ててあるから読めるお話がある。

木嶋佳苗の事件には、とんと興味が無い。
おそらく、この小説を読まなかったら、記憶の隅からも零れおちてしまっていたに違いない。
d0134102_13471492.jpg

「オンナ性」の正体とはなんなのか。
ザクザクとえぐって行く。その潔さが心地よい。
木嶋佳苗を模する梶井真奈子に、読みながら一緒に絡め取られそうになっていく。

タイトルのBUTTERは、文字通りパンに塗るあの「バター」のこと。
炊きたてのご飯に、バターと醤油を落として食べたくなる。
生唾を飲み込んだら、私の負け。
五感を刺激されながら読む小説だった。

後半の玲子の暴走がなければ、ねっとりとそちら側に引き込まれていたかもしれない。
揺さぶられる小説。
やるな、柚木麻子。
読み終えた直後は、木嶋佳苗事件についてのルポも合わせて読んでみようと思ったものの、
一日二日を経て熱が冷めた。


小説だからこそ、知り得た事件。
他にも多々あるなー。
本が、私の狭い視野、狭い関心から、ぐいぐいと社会への間口を広げてくれる。
ありがたい。

# by shiho_kato | 2017-06-12 20:15 | 読書ノート | Comments(0)

AIにお任せ@羽生善治『人工知能の核心』

たまたま、AIとか、プログラミングとか、DeepLearningとかいう単語を学ぶ一日に遭遇した。

すこし、知っておいた方がいいのかな。。。
苦手分野だけど。

『三月のライオン』や『聖の青春』で、急速に親しい人になったような気がしている羽生善治さん。
親しい人の書いた本なら読めるような気がして、羽生善治『人工知能の核心』
d0134102_19150948.jpg
1996年にプロ棋士にとった「コンピュータがプロ棋士を負かす日は?」というアンケートがあるそうだ。
他の棋士が否定するなか、羽生さんだけが2015年にその日が来ると回答していたそうだ。

その羽生さんが、NHKスペシャルの番組製作に協力して、AIを開発しているグーグル・ディープマインド社や、研究者、開発技術者を訪ね歩き、話を聞きながら書いた本。

すっと読むことができた。




読み終えての感想です。

もうね、政治家とかよりもずっとずっとAIの方を信じるよ、私。
客観的なデータの蓄積と、試験による経験の蓄積で、偏向無く判断してくれるAIの方を信じる。

どこからどのくらい税金を取り、どこへどのように振り分けたら、より社会の公平性が増すか。
なんてこと、きっと、ぱぱっと計算して、組み立ててくれるだろう。

政治家とか、行政マンとか、私利私欲とか名誉とか権力とかに左右される人たちに決めて欲しくない。

その法律、今このときに作る必要があるかどうか、法律の内容の有効性や妥当性も、きっとデータからモデル作成まで、AIにはかってもらった方が、納得のいく結果を示してくる気がする。


数年後に無くなる職業に、政治家が入る日がきたらいいなと思う。
人の命というのか、人の人生というのか、私たちの生きているこの土台を、好き勝手に揺るがせにする彼らに何らの職業意識があるとは思えないし、税金の中から高い給与を払うほどの仕事をしている人としては認定できない。


もちろん、AIにプログラムする「ヒト」の偏向が入る可能性があって、そこが限界なのかなとは思う。
でも、読むに連れて、入れるデータをさえ間違えなければ、そんな偏向も均してしまうほどに、彼らは勝手に(?)経験値を圧倒的な量、重ねていく。


私にはその技量がないから、誰かプログラミングに着手してくれないかな。
日本の歳出予算配分を決めるAI、日本の借金を0にしていくロードマップを描くAI、子ども(に限らず)の貧困率を下げる政策モデルを作るAI。

どんな試案を見せてくれるのか楽しみ。
ヒトが作ったそれらよりも、確かなものを見せてくれるような気がするんだ。

# by shiho_kato | 2017-06-09 18:52 | 読書ノート | Comments(0)

字を書きたい@神保信長『字が汚い』

ぷうちゃんは筆圧が強い。

そのため、板書が追いつかないことがあり、漢字の宿題は時間がかかり過ぎて書きながら寝ちゃうし、作文の宿題は書きたいことに書くスピードが追いつかず「書くのタイヘンなんだよ」とシクシク泣き、挙句の果て黙って学校を休んでしまうくらいに疲弊するらしい。

鉛筆の持ち方や、濃い鉛筆で力を入れなくても書けるように工夫を重ねて、だいぶマシになってきたけれど、以前の方が字はキレイだった。

キレイきたないは置いておいて、私はペンを持って字を書くのが好きだ。
漢字の書き取りの宿題なぞ、ぜひやらせていただきたいくらい。

好きではあるけれど、機会は減った。
(今週書いたのは、ぷうちゃんとむむちゃんが学校に提出する書類にサインしたくらい)

圧倒的にキーボードを打ったり、タップしたりすることの方が多い。
PCやスマホが、手持ちのものとなって、おそらく文章を書く量は圧倒的に増えている。
このブログも、もちろん。
考えたりすることのスピードと書くスピード、手書きのときの追いつかない焦れったさは無くなった。

おそらく、私に限らず、総体的にひとりのヒトが生涯に書く文章量は、増えていると思われ、
言葉を組み立てて言葉で己を表現しようとする行為の分量が増えるのはいいことだ、と、思う。
書くというのは浅いにしろ深いにしろ、我の中にあるものを取り出す行為だから。


それとは別に、手書きで文字を書きたいと思う。

妨げているのは、時間。
時間が足りない。
書き写したい言葉、刻んでおきたい言葉などは、手でメモを取り、書き取りたいと思う。
思うだけで、実際には写真に取ったり、キーボードで打ったり。


『字が汚い』は、字が汚い筆者が、きれいな字が書けるように、あれこれ美文字本を試したり、ペン字教室に通ったりする。
d0134102_19191330.jpg
導き出した結論は、キレイな字を書くには、ゆっくり時間をかけて書くこと。
ぷうちゃんがそうだったから、うんうんうなずきながら読む。

そして、その人なりに味のある字は、キレイきたないを越えて、成功している字だということ。
まわりにいる、父の字、N本さんの字、M木先生の字を思い浮かべる。
どれも署名がされていなくても、その人の字であることがわかる字であり、時折読めなくて四苦八苦する字であり、今後もその字で書き続けて欲しい字である。


今年のお正月、筆を持って書き初めをしながら、「やっぱり字を書くのは気持ちがいいなぁ。おばあちゃんにひと月に一度くらい葉書を送る年にしよう」と、心密かに決めていた。
が、あっさり挫折。
そうだ、宛名をシールで打ち出してハガキに貼って準備しておいたらいいんじゃないかな。
字を書くために、宛名を書く時間まで惜しんでるようじゃダメだね。

おばあちゃんに、気持ちだけ届け。
おそらくこのブログを読んでいるおじさん伝手に伝わりますように。
(やっぱりこうして活字に拠ってしまう・・・人は道具に負ける生き物だと思うのです)

# by shiho_kato | 2017-06-08 11:20 | 読書ノート | Comments(0)

学校に行かない&行けない

むむちゃんが体育祭の振替でお休み。
予感していたとおり、(ぷうちゃんは学校に行きたく無い故に)「いつもと違うお腹の痛さ」があるそうだ。

運動会が終わってしまって、水泳の始まる予告の紙(水泳参加の承諾書)が配られ、
下り基調なところへの、むむちゃんのお休みだから。

今日は職場の会議の無い稀なる月曜日。。。
相方の司書さんも出勤する日。。。
安心して休める日。。。




思い切ってふたりともお休み。
アスレチックフィールドつきみ野へ。
d0134102_19214714.jpg
本格的なアスレチック。がっつり遊べる。

d0134102_19292678.jpg
学校ではなく、学童クラブの子どもたちかな。
異年齢の子どもたちの集団がいくつかと、運動会の振替休みと思しき親子連れがちらほら。
d0134102_19294240.jpg

子どもたちが混み合わないところは、私も一緒にチャレンジ。
d0134102_19295626.jpg
たっぷり遊んだ。
d0134102_19303101.jpg



それから二日、ぷうちゃんは今週二度目のお休みをした。

朝から小さな予感があり、大丈夫かな、心配になりながら「よりみちでたくさん梅の実採ってきてね~」とできるだけ明るい声を投げて、後ろ髪引かれる思いで先に家を出た。

駅までの道で担任の先生とすれ違い、呼び止めて少し相談しておこうか迷い、後ろ髪引かれる思いで前に向き直った。
そのときに言い聞かせたんだ。この「予感」「予兆」を感じることができた私を覚えておこう。もし、学校に行けなかったとしたら、それに気づけていた「私」はエライぞと思おうと。


むむちゃんからの電話、小学校からの電話がかかってくるのではないかと、スマホを握り締めての通勤だったけれど、かかってくるはずの時間をクリアしたので、行けたんだね。と、ホッと胸をなでおろしていた。


夕方、そんなことをすっかり忘れて家に帰ると、ぷうちゃんの顔つきがおかしい。
具合悪い?どうしたの?訊ねると、

「・・・あのね、今日ね、学校行かなかった・・・」

やっぱり行かなかったのか。
やっぱり行けなかったのか。
朝はあんなに覚悟していたのに、覚悟を解いたあとの不意打ちだったので、打撃をくらう。

打撃をくらってしまった反動で、
「どうして行けなかったの?どうして行けないって言ってくれなかったの?」
と、口をついて出てしまった。
不毛な問だ。あぁ、瞬発力がうらめしい。


ひと呼吸おいて立て直す。
「ぷうちゃんはきっと発表のことがイヤだったのかなって思ってるけど、それであってるかな?」
「うん」

「そしたら、明日、ママが先生に説明しに学校に行くようにしようか。」
「うん」

「ママだけがお話するのと、ぷうちゃんも一緒にお話するのとどっちがいいかな?」


「・・・ぼくも一緒にいく」



もー、予感してたんだよー、なんか休むんじゃないかなーって。
朝教えてくれたら、朝、一緒に先生のところに行ってイヤなことをお話したのにー。
はやく言ってよーー。

冗談めかして話したら、ホッとした顔をしていた。


よりみちには行ったそうだ。
梅の実をたくさん採ってくると約束したから。
せめても、ぷうちゃんの楽しみを後押しする、最後の一声をかけておいて良かったな、と思う。

d0134102_19335256.jpg

そう言えば、どうして学校からは連絡は無かったんだろう。


・・・

今回のお休みは、先生のまずさにある。

英語の時間に英語の先生に1から20を英語で言える人と促されて、
手をあげていないのに指されたぷうちゃんは、答えるのを拒んだそうだ。

サポートでついていた担任の先生は「今言わないなら、明日から10回連続であてるぞ」と言ったとか。
きっと、軽い気持ちで、英語の先生をフォローする気持ちで、冗談めかして言ったのだろうと思う。

相手が悪い。ぷうちゃんは発表が苦手だ。
役に成りきって読む教科書やセリフならいい。
自分の考えや意見を言うのが苦手だ、ましてや英語は発音をみなに聞かれることにプレッシャーがかかる。
真面目で、ネガティブなところがあるから、10回も連続で発表させられるなんて最悪だ、と頭の中にしっかりインプットされてしまったに違いない。

むむちゃんも発表はキライだ。むむちゃんの場合は苦手なのではなく、キライ。はっきりしている。
私も発表が苦手でキライな子どもだった。
北海道、福岡、千葉とあちこち転校して、声が変、発音が変、と言われることが重なって、名前を言うのも、返事をするのも厭うていたくらいだから。
学校の授業の中での意見とか考えとかいうものは方向付けされているものがほとんどで、それを先読みして見つけることなど大して難しいことではない。それを発するのがダメなのだ。先生によっては、わかっているのに答えないのは、周囲をあるいは教員をバカにしてるからだ、と思われた人も居た。そんな人に、どんな事情も通じようはずがないよな、と、今でも思う。

というようなことを、掘り返しつつ、「「自由の相互承認」のチカラをつけるための公教育」という定義に照らす。

不要だよな。発表の強制。

むむちゃんも授業内で自ら発表するところは見たことがないけれど、適切なところで適切な発言ができる。
私など、あの頃あぁだったのに、今となれば、相手が30人でも50人でも180にでも、マイクを持たされれれば必要な時間それらしいことを話し続けることができる。
必要に迫られれば、使命を感じることであればするんだ。
そのときに引っ張り出してくるのは、人がそうして話しているのを見聞きし、この人の話し方は聞きやすいな、という経験であって、イヤイヤした発表の経験ではない。


そんな話を相方司書さんにしたら、「今のアクティブラーニングの潮流で、発表とかプレゼンとかをする機会が増えることで苦痛が増さなければいいけれど」と。

本当に。

辛抱強くアプローチしていく力が必要な場面もあれば、
相手を魅了するプレゼンテーション力が必要な場面もある。


それを互いに役割分担しあって助け合えるのがアクティブラーニングのいいところだ。
辛抱強い探求力と、訴求力のあるプレゼン力とを、ひとりがすべて身につけなくてはならない、というものでは無いということを、先生方が勘違いしませんように。



我が子のことになると、時間的背景も場面的背景も見えるから、いっそうせまってくるなぁ「学校の教育の力」

# by shiho_kato | 2017-06-07 22:41 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)