むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

まいにち、たのしいよ

d0134102_12562555.jpg

d0134102_12562545.jpg

昨日は朝からの雨。

早くに起きてきたむむちゃんは、寒い頭痛い学校行きたくない。
先週は、のどが痛いのも、鼻水が出るのも、
えいやっとのりこえて、運動会までがんばったから、ね。
お休みをする。

ぷうちゃんは雨の中を相合い傘で手をつないで、
保育園へ登園。ご機嫌で歩いて行く。

午後になり日差しがさしはじめる。

私が書道のお稽古に出かけている間
お昼寝をして少し落ち着いたむむちゃんと、
季節がかわったお花の植え替えをする。

松葉ボタン。
つぼみが多くて、お花が少ない鉢をえらんで植える。
咲くのを待つ楽しみを知ったから。

ぷうちゃんを迎えに行って帰ってくる。
お花の変化にめざといぷうちゃん。

むむちゃんは夜になるにつれ、学校やだな、の気分。
ぷうちゃんにやつあたり。
「ぷうちゃんが赤ちゃんにもどってほしい!!」
の無茶ぶり。
私「ぷうちゃん、赤ちゃんだって。バブーって言って」
ぷ「バブー!」
私「あばば〜って言って」
ぷ「あばばばば〜!」
私「おぎゃおぎゃって言って」
ぷ「おぎゃ〜、おぎゃ〜!」
私「ねぇね〜って言って」
ぷ「ねぇねぇね〜!」

むむちゃんは、しぶしぶ、「ぷうちゃんかわいいね」
その後も、人生に憂えるむむちゃん。
ひとしきりぶつぶつ言っていたけれど、
最後には「おもったことぜんぶ言ったら、どうでもよくなった」
あぁ、それはよかったわ。

布団に入り電気を消す。
私「きょう楽しかった?」と訊く。
ぷ「きょう、たのしかったよ。きのうも、たのしかったよ。まいにち、たのしいよ」
口調が、「もてる男はつらいよ、まいったね〜」の言いぶりに、
思わず笑ってしまう。

笑いのキモチノまま、眠りに落ちた。
by shiho_kato | 2011-05-25 12:56 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)