むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

むむちゃんを待つ、ぷうちゃん

今朝、ぷうちゃんは保育園に行きたくない、とごねた。

珍しい。
暑い日々に疲れたのかな。

ぷうちゃん、今日は行きたくないんだ、そっか。
ママは今日はお休みできないんだ、はやく帰ってこれるようガンバるから、ね。

ぷうちゃんをぎゅう〜ッと、抱っこしながら、苦し紛れにあれこれ言葉を尽くす。


もう、ぷうちゃん、朝からうるさぁい!
と、怒っていたむむちゃんが、見かねて助け船。


ぷうちゃん、ねぇねがはやく行ってあげるよ。何時、オヤツの時間?


ぷうちゃんの腕がゆるむ。

もっとはやく。ねるまえ。

それはムリだよ、ぷうちゃん。



むむちゃんの一言で、ぷうちゃんはかろうじて靴をはき、保育園に向かってくれた。


バイバイするときは、眉間にシワを深く刻んで、

ママ、むむはぜったいはやくくる?はやくくるよね。

うん、ねぇねはだいじょうぶ、やくそく守ってくれるよ。



ぷうちゃんの安心は、むむちゃんに守られる。

むむちゃんとの、ダブルヘッダーで、なんとか乗りきる朝。


わかっているぷうちゃん、
わかりきっているむむちゃんに、
感謝。
いつもいつもありがとう。
by shiho_kato | 2011-07-11 09:12 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)