むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

12/30 お餅つきで、年の暮れ。

d0134102_2038169.jpg

d0134102_203813.jpg

d0134102_2038196.jpg

今日は朝からお餅つき。
毎年恒例になってもう25年くらいになるだろうか。

朝食もそこそこに、薪をくべて焚き火をはじめる。
焚き火の火で炊きあげたもち米をつくのです。

子どもたちが火遊びに興じるうちに、
雲が切れ、日がさすと一気に温かさが増す。

杵と臼でつきあげるお餅つき、
弟が負傷し、エース不在のお餅つき。

ちびっこたちと、非力な30女子のMちゃんと私。
結局いつまでも現役でがんばる父と母を頼りに。

炊き上げたもち米を待ちきれない子どもたちがつまむ。
アツアツで甘みがあって美味しい。
そして、みなでペッタンペッタン。

つきあがったお餅をうすから直接つまんで食べる。
これが、また、美味しくて美味しくて。

ひと臼目はのし餅に。
ふた臼目は丸めて鏡餅や、まる餅、あんこを入れてあん餅に。
粉で真っ白になりながら、つまみ食いをしながら子どもたちも夢中で参戦。

お昼は
つきたてのお餅と、毎年年末に伯父から送られてくる
牛肉や魚介を炭火で焼いて。

ホクホクとしたお腹を抱えて、
午後は海を見下ろすことのできる温泉へ。
内風呂からも、露天風呂からも海が見える。
ぬるめのお湯に子どもたちもたっぷりつかって、
体の中はさらにホクホク。

毎年恒例のホクホクの12月30日を無事に終える。
毎年、同じように過ごせてきたこと、今年もそうして過ごし終えられたことに、
心から感謝して、心あたたまる一日。
あと今年も、もう一日。
by shiho_kato | 2011-12-31 20:38 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)