むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

気まぐれ八百屋だんだんこんちゃんの講座に、むむちゃんと一緒に参加する。

d0134102_16572493.jpg

d0134102_1657253.jpg

d0134102_16572536.jpg

d0134102_16572555.jpg

d0134102_16572531.jpg

今日はむむちゃんと一緒に
気まぐれ八百屋だんだんこんちゃんの
食育講座に参加しました。
http://ameblo.jp/kimagureyaoyadandan/entry-11136477122.html?frm_src=thumb_module

前半で、ちょっぴり講義。
真ん中で、ストローの輪ゴムリレーと、顔(口)じゃんけんのゲームタイム。
そして後半で、お楽しみのクッキングタイム

今日は「一銭洋食」を作りました。
粉を水でといて、ホットプレートに手のひらくらいの大きさに
薄く流し込んで、その上にあれこれのせて、
くるりと巻いたり、半分に折ったりして、きゅっと焼く。
それでできあがり。

ポイントは、「あれこれ」のせるもの。

こんちゃんの工夫で、
刻みレンコン、刻み白滝、ひじき、もどしただけの寒天、
薄切りリンゴ、刻みキャベツ、干しエビ、青のり、おたふくソース。

むむちゃんは、同じテーブルのおとなの前で、
いつになく子どもらしく、あれやる、これやる、むむがやる、
と、主張して、ひとつするごとに、「じょうずね」と、
声をかけてもらって、ご満悦。

むむちゃんのつくったのは、
りんごとキャベツを挟んで焼き、焼きあがったものに、
青のりとおたふくソースをつけて食べる。
おいしいおいしい、とパクパク。
良かった良かった。

何もつけないペラットしたのを一枚焼いて、
と、むむちゃんがねだる。
「ぷうちゃんにおみやげ、いいでしょ」

うん。

短い時間の、良く噛もうね、ということを学びながらの
お勉強、お料理タイム。
一緒に学ぶ、って、実はあんまり機会がなかったと、気づきました。
これから、こういう機会は増えていき、減っていく。
増えていく山を、たっぷりと一緒にのぼれたらいいと思う。
by shiho_kato | 2012-01-15 16:57 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)