むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ぷうちゃんと「からあげ遠足」&むむちゃんと「よりみちのいえ」の水曜日。


d0134102_16145824.jpg

d0134102_16145858.jpg

d0134102_16145852.jpg

d0134102_16145892.jpg

テスト期間の真ん中は、土曜代休の水曜日。
生徒の居ない平日は、めったにないので、お休みをとることにした。

平日にすべきことは山のようにあるのだけれど、
今日の目的はひとつ。あ、いやふたつ。
ぷうちゃんの、毎週水曜の遠足に同行することと、
むむちゃんの、毎週水曜のよりみちのいえに参加すること。

ぷうちゃんの担当は、65歳現役保育士の「からあげ」(男)。
いちおう、前日に、行き先を尋ねた。
山登りとかだと、リタイアしたくなっても逃げ場が無いので。
その日は、中くらいクラスのかき組さんも一緒に、駒沢公園。
かきさんも一緒なら大丈夫かな、駒沢公園ならリタイアしても帰宅手段があるし。

あたたかい日差しだったけど、6枚着てリュックには最小限の荷物。
出発前に、手袋は脱いで、一枚上着も脱いで、フリースになった。
子どもたちは、半そで一枚OR半そでの上に長袖一枚。裸足。ひざ丈のズボン
いや、子どもたちだけでなく、からあげも。からあげは終始半そで一枚のままだった。
4歳から6歳の子ども11人に、からあげ、ななちゃん、そして私。

歩き始めて、富士山が見えた。本当に良いお天気。
路地を抜けつつ、大田区、目黒区、世田谷区の高級な素敵なお家の並ぶ道をゆく。
公園でおトイレタイム。三人乗りの馬に、6人?7人?8人????
あちこち紅葉していたり、クリスマスの飾りが見えたり、
選挙のポスターに爆笑したり、何がツボかわからないまま、ゲラゲラと。

3分の1を歩いたころに、フリースも暑くなって、腰に巻いた。
フリースの下でも、ヒートテック2枚にセーターにまごTという、4枚重ねの出で立ち。

手をつなごうとする子どもたちは、不思議とそろいもそろって第二子たち。
こうちゃんも、とっくんはもちろん、なおも、こちらから手を差し伸べない限り、
つかまってはこない。キミたちもおにいちゃん、おねえちゃんなんだ。

ななちゃんが、しきりに「ぷうちゃん、うれしそ〜」と、満面の笑みで言う。
そう言えば、むむちゃんの時には、平日のお散歩や焼き芋や遠足や、大ぐりタイムや、
いろいろいろいろと、保育に参加することが結構あったけど、
ぷうちゃんは、皆無だったなぁ。

今日は定年前の「からあげ遠足」への参加が主目的だったけど、
ぷうちゃんと過ごす保育園タイムにもなってよかった〜。
ななちゃんが、「うれしそ〜」を連呼するので、
はじめはちょっぴり遠慮気味に、衛星していたぷうちゃんも片手を独占しはじめる。
手が4本あれば、みんなの要望に応えられるのに〜。
でも、のんびり後ろ組を歩いてられなくて、前の方へ、た〜っと駆けて行ったり。

「まだぁ〜」の声が聞こえ始めたころ、からあげの「おぉ、着いた!」
時計をみたら、2時間ぴったり。
「お腹すいた〜!」の大合唱。
お日様ぽかぽかのところにシートを広げて、それぞれお弁当を出して、ぱくついた。

細身のつっきーが食べ終わりいちばんのり。
食べ終わった順に、自転車に乗ることができる。
ぷうちゃんのお弁当はちょっと多いらしいことを発見。
次からはもちょっと減らしてあげよう、遊びたくても遊べずにうずうずしている。

おおぐりさんたちは、あまり自転車に興味を示さず、
ゆーやと、とっくんは、木の陰に身を潜ませて、
「ここは子どもの王国だから、知ってても来ないで!」と。
つっきー、ひっかぁは、補助付き自転車でハンドルをとられたり坂道で後ろにさがっちゃったりする
なおやりこやはるを助けてまわる。

くりの男子たちは「おらおら〜!」と、補助付き自転車で、蹴散らしているつもりで、暴走。
こてんはときどき、演歌のような歌を歌いつつ、ときどき暴走仲間に加わり。
とーこは前かがみのマウンテンバイク乗り!

そして、からあげは、カメラ片手にあちこち走り回って、先回り。
ななちゃんには、このベストポジションで写真を撮るよう指示。

いやいや、ほんとに、元気。
私は?
かさかさいう葉っぱを踏み歩いて喜び、空を見上げて喜び、日差しの暖かさに喜び、
あぁあ、お弁当、もっとたくさん詰めてくれば良かったなぁ、ちっと足りないやと、思いつつ。

さて、1時だ、帰るぞ〜。
帰り道は遊歩道をかくれんぼしながら、帰る。
鬼が数え始めると、先へ先へと走って行って隠れる。
これを7、8回繰り返すうちに、すでに、3分の1。

そこで、電車組と、歩き(走り?)組とに分かれた。
ぷうちゃんは歩き組かな、と思ったので、歩く!というと、
婉曲に、電車組にどうぞ〜と、勧奨され、もれなくぷうちゃんと、ほか数名ついてくる。
歩き組は4人プラスからあげ。
どっちが早く着くかな〜、と言いながら、電車を2本乗り継いで帰り着いたら、
歩き組は、すでにお風呂もすませて、すまし顔。
あ〜、負けた〜!!!

歩数計を見ると、電車組の私でも約22,000歩。16キロと表示されている。
ひゃぁ〜、4歳のなお、りこも、それだけ歩いたのか〜。

元気に育つはずだわ。
そして、健康に年をとるはずだわ。
しみじみ。

ぷうちゃんは、満足そうに、ねむい、じゃね、ママばいば〜い!と。

そのあとは、よりみちのいえへ。
むむちゃん含め、女の子4人。
今日はみやぴの読み聞かせ。
のはずだったけど、「読みたい」「読みたい」「読みた〜い」と女子たち。
おとなが聴く側にまわり、お姉さんたちの読み聞かせタイム。
ギャラリーより、読む側の方が多い。

それに飽きると、「なんか、黒板っていいね〜」とか言いつつ、
漢字の書き取り、カタカナの書き取りタイムへ突入。
ね、一年生で習う漢字言ってよ〜!、
三年生で習う漢字言ってよ〜!、
それ知らない!、それ二年生だってば〜!
と、子どもたちが、おとなを目いっぱいこき使える、よりみちタイム。

自由気ままに過ごしてる姿を、自由気ままに眺めて過ごす、よりみち時間でした。

4歳から6歳と、1年生から3年生の、子どもたち。
保育園と、小学校。ちょっぴりの差なのに、けっこう違うなぁ。

そして、毎日見ているわが子なのに、
こうしてみる子どもたちは、またちょっと違う。
それが、けっこう、面白い。

こんな平日、過ごせてよかった〜。

そして、私の平日は、中学生と高校生の居る空間だ。
なかなか、きっと、人生の中でも面白い時間を過ごしているに違いない。
by shiho_kato | 2012-12-06 16:14 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)