むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

むむちゃんの学校公開と、ぷうちゃんのバレンタイン

d0134102_019238.jpg

むむちゃんの平日の学校公開の日は、
勤務先の学校が入試の関係で生徒が来ない日だったので、
まるまる一日お休みをした。

朝一の集会で、お友だちがダンスを披露するから見に来て、
というので、保育園に行く前のぷうちゃんをともなって、
8時15分からの集会に出かけた、けれど、時すでに遅し。
出番は終わっていた。
それでもむむちゃんは、後ろを振り向いて、私とぷうちゃんに小さく手をあげて嬉しそうだった。

ぷうちゃんを送って、一度家に帰って一仕事して、
次は三時間目と、四時間目。
三時間目は、むむちゃんクラスに行く前に、
あちこち別の学年の別のお友だちのクラスを見て回った。

四時間目は、はじめから終わりまでむむちゃんのクラス。
社会科の時間、昔と今の道具。
机を寄せてのグループワーク。
楽しそうではないけれど、つまらなそうでもない、かな、と
ちょっとホッとする。

むむちゃん的には給食も見てほしいものの一部だったようだけれど、
午後の五時間目と、六時間目も見る約束だったので、
お昼を食べに帰って、もう一度学校に。

五時間目の授業は学活で、クラスの詩を作るという課題。
創作は苦手なむむちゃん。
完全に手が止まって、頭を抱えたり、天を仰いだり。
私も学校での創作、苦手だったなぁ。
学校の枠がなくなった途端に、造り作業が好きになった。
むむちゃん、がんばれ、と応援する。

六時間目は国語の授業で図書館を使って、本に親しもうの時間。
いちばん楽しみにしていたのに、同じ時間に
係のお仕事で出席しなくちゃならない学校保健委員会が開かれ、
図書館に向かうむむちゃんを泣く泣く見送った。
あぁ、どんな風に授業で図書館を使うのか見たかった・・・。

学校保健委員会は、各種校医の先生を囲んで、お話を聞く会でした。
無駄だとは思わないけれど、むむちゃんの授業の方が興味がありました。
残念。。。

******
この日はバレンタインデー。
前日によりみちでとっても美味しそうなチョコを作ったのに、
よりみちのチョコと、家で作るのは別!!
d0134102_019239.jpg


と主張するので、
前夜にホームベーカリーの生チョコ機能を使って、
機械だのみで、一緒に作ったことにした。
撹拌して溶かしてくれるところまでなのだけれど、
そこまでしてくれたら、あとは流しいれて冷やして切ってあれこれまぶして。
朝の内に切っておいて、まぶすのはむむちゃんが放課後帰って一人でできるようにしておいたら、
きれいに作って、置いておいたラッピング用の袋に入れて仕上げていた。

そんなにたくさんあげなくていいよ、
ママとむむちゃんももらおうよ、と袋からチョコを減らして
食べていたら、ピンポーン。
むむちゃんのお友だちが、手づくりの友チョコを持ってやってきたのでした。
あぁ、これが本当の「友チョコ」かぁ。

*********
夜はぷうちゃんの保育園のお別れ会の打ち合わせがあって、
帰ってくるなり、ぷうちゃんは、
「ねぇ、チョコもらえるんでしょ、これぷうちゃんのでしょ、もらっていい?ちょうだいっ!」
とおねだり。
昨日よりみちで作ったチョコをもらったのに〜。
むむちゃんが、「じゃぁ、ぷうちゃんこれ一回見なかったことにして。」
と、あらためて恭しく差し出す。
「やったぁ〜!」とぷうちゃん。
が、生チョコのココアはぷうちゃんには大人の味でした。
カラーシュガーをまぶした生チョコだけが、ぷうちゃん好み。
d0134102_019223.jpg

d0134102_01928.jpg



翌朝、出発の用意をして外に出ると、
ぷうちゃんが、「これもらったよ〜!」
お隣の大家さんと、お2階の双子ちゃんのお母さんから。
「ぷうちゃん、もてもてだね〜」とからかうと、
もてもてじゃないよっ!と口をとがらせた。
d0134102_019278.jpg


友チョコをもらったむむちゃん。
義理チョコをたくさんもらったぷうちゃん。

あぁ、来月のホワイトデーももうひとがんばりだぜぃっ。
by shiho_kato | 2013-02-15 00:19 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)