むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ぷうちゃんのSOSは届いたか!?

水曜はむむちゃんの剣道の日。

むむちゃんを送る時間、
最近のぷうちゃんは「イナズマ・イレブン」を観るために、
お家でお留守番をする。

昨日も同じように、「じゃ、ぷうちゃん送ってくるね」
と、出かけた。

送った後、
前日ぷうちゃんが歯痛をお越し歯医者に駆け込み、
その時にもらった処方箋をもって薬局に薬をもらいに寄った。

ついでに、まだあいていた八百屋さんで、固くない果物を買って。

家に帰ると、ぷうちゃんがボロボロ泣いて出てきた。

ぷうちゃん、どうしたの?歯が痛いの???
びっくりして尋ねると、
ママに置いてかれたと思ったぁ~~~。
と。
おひざに抱っこしてギュッとして、ごめんね、ちゃんと行くよ行ってくるよ、
お薬ももらってくるよって言わなくてごめんね、と、あやまって、
落ちついた。

そして、帰宅までの間、ぷうちゃんは、
私の携帯に二度、私の母(のりこばぁば)、父の自宅、父方のおばあちゃんに、
電話をかけたそうだ。

見ると着歴2件。
それぞれのところに電話をかけると、
わぁわぁ泣いてかけてきたわよ、と。

私と、父は、電話に出なかった。
おばあちゃん二人は電話に出てくれたのは、ぷうちゃんにとって、
どんなに救いだったことか。

事情を話して、落ち着いた旨、伝えると、
みなそれぞれに、えらかったね、すごいね、よくお電話できたね、
と、ぷうちゃんをほめる声。

ほんとうに。
主に保育園や学校の連絡、むむちゃんのお友だち関係の連絡先が
たくさん登録されている中から、いわゆる身内を選んで、
かけているあたり、ぷうちゃんの「認識」を知った。
保育園にも、保育園のお友だちのママにもかけなかったんだ。

そして、困ったときに、電話をかけてなんとかしよう、と考えたところが、
ほんっとうに、エライ。


この日、稲妻・イレブンは、特別番組のため放映していなかったそうだ。
それで、我に返ったのだろう。


むむちゃんのお迎えは一緒に行った。
ケロッとして、むむちゃんに泣いたこと、電話したことを自慢し、
むむちゃんにも、即ぷうちゃんすごいっ!よくわかったね!と、
そのまんま誉められて、上機嫌。


ぷうちゃんはSOSを出す先を知っている。
とても、安心した。とても、とても、安心した。
もう、大丈夫だ。私に何があっても、大丈夫。
(もちろん、何もない方がよいのです!)
by shiho_kato | 2013-09-26 18:35 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)