むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

拝啓 歯科医どの (怒りの啖呵)

先週からぷうちゃんは再び歯医者さんに通い始めている。

奥歯の一本が神経にもうすぐ届きそうなくらいになっているそうだ。
そりゃ痛かろう。

今日は二度目の通院。

前回、次は二週間後と言われ仰天。うちは二週間ごとに予約をとるんです、って。
だって神経に届くくらいになっていて、
痛むはずですので、痛み止めを4回分出しておきます。
と言われて、予約は二週間後、と。
計算合わないじゃん。

とは思ったものの、二週間後の予約にして、途中で痛むので
予約を早めてくださいの変更の電話をしよう。

そして、今日。
ぷうちゃんは、すたすたとひとりで診察室に入っていく。

このひとりで診察室に入る・・・で、一年前に、
心の中で闘ったのを思い出す。
この歯医者でいいのか?

ぷうちゃんが、一回目は泣いて泣いてどうしても入れなかった。
どうしよう、どうしよう、あれこれ悩んでいたら、
ぷうちゃんが、もう一回がんばってみる、と。

そうして、恐る恐る一人で入っていったぷうちゃんの勇気に
もろくも涙した。

とか、しみじみ回想していると、
診察室の中から「痛いっ」「痛い」「痛い」と、
何度もぷうちゃんの声が聞こえる。
先生の声も。
「痛いことしてないよ」「痛くないよ」

痛くないのに、「痛い」っていう年頃は
もうとっくの昔に過ぎてる。
ひとりで診察室に入ったときから、そこは乗り越えたんだ。

むかむかむか。
がんばれぷうちゃん。

先生が先に出てきた。歯科衛生士さんともめている。
前回のぷうちゃんの処方箋の記録が無い、あるいは削除されている、誰のせいか、
どういう経緯か、互いに問いただして答えて。

待たされること20分。
その間にぷうちゃんが出てきた。
背中を向けてこらえていた涙を流した。

次の患者さんが来て、衛生士さんの方が、賢明な対応。
見限って、患者さんを中に招き入れる。
執拗な先生は一人取り残され、受付嬢にぶつぶつ言いながら、
呼ばれた。


「あのね、痛む歯で噛まないように言ってくださいね。
それから痛むのは当たり前なんで我慢させてください。」

はぁ~???

ぷちっ!
ぶちぶちぶちぶちっ!!!!

何言っちゃてんの?
痛む歯であえて噛むはずがないだろうが。
子どもだってね、痛む歯じゃ噛まないように気をつけんのよ。
痛むのは我慢しろ?
我慢してるでしょうが。我慢できない痛みの時に、痛み止め飲んでんでしょうが。

二週間先まで我慢しろ?ふざけんな、だったら二週間分薬だせよ。
我慢でどうにかせよってんなら、歯医者いらねーだろーが。

だいたいあなたの対応は、私やむむちゃんに対するのと、
ぷうちゃんに対する時と、違うのよ。
泣く子どもは嫌いなの知ってるわよ。

痛いことしてない?
おとなの患者にもそう言うわけ?
痛いはずがない?
おとなの患者にもそう言ってみろよ!


******
などと、言えるはずも無く。

「待たされた理由を教えてくださいますか?」

あ、こちら側のPCの事情で。

「でしたら、その説明が先じゃありませんか?
そちらのご都合で、20分以上待たされているんです。
それが、呼ばれていちばんに、
痛む歯で噛まないように、や、痛むのは我慢させろ、と。
話の順が違いませんか?
子どもも痛む歯では噛みたくないと気をつけてます。
それは自分が痛い思いをしたくないからです。
それでも痛むから薬を飲んでいるわけです。」

と、まくしたてるほどのスピードではないけれど、
言い切った。

先生は憮然とした表情で、
「それは、どうも、すみません」

それはって、なんだよ、おい!!!

差し出された処方箋を受け取って、
きびすを返し、ぷうちゃん帰るよっ!

***********
ぷうちゃん相手に、
もう、二度とここにくるのはやめよ~。
この先生、変だよ。
ぷうちゃん、よくがんばったね。
もっといい先生のところ、探そうね。

帰宅してからは、2人で競うように
むむちゃんに言いつけ大作戦。
むむちゃんも乗ってくれる。

何それひどいっ!ぷうちゃんかわいそう!
調子に乗ってぷうちゃんは
「いちばんいやだったのはね、「もう(痛いのなんか)わかってるよ」って言われたこと。
そしたら涙が出たの」
と。

はぁ~、なんじゃそれ????!!!!!
怒りに再度火が付く。

もりもり食べて、がしがし走ることに。
バカ、バカ、バカ、バカ、バカ、バカ、と掛け声をかけながら夜のマラソン。
マラソンしながら、以前から目をつけていた、
お花がたくさん並べてあって、中にぬいぐるみがたくさん置いてある
新しい歯医者さんをのぞきに行った。
大きなスティッチと目が合う。

ぷうちゃん、ここはどうかな?
入らんとばかりのぞきこむぷうちゃん。
「うん、大丈夫そう」

ぷうちゃんは、その後じいじに電話して
「そんな歯医者さんもう行かなくていいよ」と言われて、
ご満悦。

怒りや悲しみや悔しさは、ちょっと楽しいネタになってきた。

私もこうして発散。
明日には忘れてやる~。



えぇい、子どもなめんな~っ、つの、拝啓歯科医どの!!!!




・・・・
by shiho_kato | 2013-10-01 22:15 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(2)
Commented by さとさと at 2013-10-02 13:02 x
ええ! ひどいよ!!
ぷうちゃんぷうちゃん、よくがんばった!
涙出てしまう。
次はいいお医者さんでありますように!
Commented by shiho_kato at 2013-10-02 19:14
さとさとさん

すっかり悪口大会。
どんな悪態をつこうか、あれこれ考えて笑いころげています!たくましい私たちp(^-^)q