むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

保育園、最後の運動会と、ぷうちゃんむむちゃんの勇姿。わが母の勇姿。

ぷうちゃんの保育園在園最後の運動会でした。
カッコいいぷうちゃん。
いつでも小学生になれる体なんだ、とあらためて思う一日でした。
d0134102_19394188.jpg



明け方雨もあがり、曇り空から時折お日さまがのぞいて、
思っていたより、ずっと好天。

楽しみで楽しみで、走り回らずにいられないぷうちゃんと、
走り回らないけれど、楽しみにし続けてきたむむちゃん。

d0134102_19282537.jpg


***************
昨日の診察で、「「明日の運動会は?」、と訊かれたら「ダメです」と、
答えますね。」
と、先生。

ねじったり、曲げたりはやめてくださいね、と念を押されました。
水平移動、平行移動。
前日の夜、ぷうちゃんにこっそりとお尋ね。
「ママ、明日走った方がいいかな?」
「え~、ママ、やめた方がいいよ、だって、ほら、腰が・・・。」
「ぷうちゃんは、走って欲しいかどっちでもいいか、だったらどっち?」
「そりゃ、走って欲しいけどさ・・・。」

うん、決めた、安静に過ごそう。
今晩も、明日も。そして最後のリレーの時に痛みがなかったら、
走ろう。走るよ。走るさ。
ぷうちゃんの最後の運動会だもん。

**********
私のおそらく、5,6歳くらいの時の運動会だと思われる写真が残っている。
親子リレーで、私がバトンを持って、母に向かって走っている。
母は、腰を落として、今すぐ駆けだせる目をして、
陸上選手みたいな恰好で、構えて待っている写真だ。

お母さん、かっこいい~!
(そりゃそうだ、まだ20代後半に入ったばかりで、陸上部だった母。)

むむちゃんぷうちゃんと保育園の運動会に出るたびに、
その母の姿が脳裏に浮かぶんだ。

お母さん、かっこいい~!

うーむ、むむちゃん、ぷうちゃんにそう記憶してもらえるようにはなれないなぁ。
せめて、できないなりに一生懸命、なんでもチャレンジするくらいの姿は見せたいな、
と、思いながら、ぷうちゃんが生まれてからずっと、この9月10月は、
体調不良に悩まされて、運動どころではなかった。
昨年に至っては、お弁当も作れず、元夫が運動会のお弁当づくりをしたという有様。

今年こそ、と思っていたんだけど、なぁ。

************
とにもかくにも、主役は子どもたち。

ぷうちゃんは、とにかく速かった。
自分の番じゃないときも、校庭を走り回っていた。
d0134102_19291626.jpg


むむちゃんも、とにかく速かった。
むむちゃんの足は空を駆けている。
小学校の運動会の短い距離では物足りない。
一周走りたい気持ちいっぱい、笑顔いっぱいに駆け抜けて行った。
学校が分かれてしまった仲良しの友だちもたくさん!
d0134102_19351184.jpg


障害物競争
d0134102_19563035.jpg

d0134102_19294325.jpg

d0134102_1930662.jpg


玉入れ
d0134102_19312620.jpg

d0134102_19315461.jpg

d0134102_19494548.jpg


リレー
d0134102_1932229.jpg

d0134102_1948577.jpg


綱引き
d0134102_19355559.jpg



どの競技も、勝てば喜び、負ければ悔しそうにしつつも、
笑いが止まらない様子だった。


腰を固定し、冷却しながら、応援応援応援。

d0134102_195245100.jpg

d0134102_19531928.jpg


運動会の最後のプログラムは、子どもリレーにおとなリレー。
子どもリレーが終わったところで、同点という美味しい展開。
保育園の運動会なのに、勝敗は大人が決っする、なんともわが保育園らしい。

おとなリレー、辞退せずに出ました。
短距離走なんて久しぶり。
でも、記憶の底にある徒競走万年ビリの私の足じゃないみたいだった。
決して速くはなかったのだろうけれど、
前の人との距離が詰まってく~、という感じは初めてかもしれない。


育った家は、父も母も陸上部で足が速かった、
弟も走ればいつも一位で運動会は花形のアンカー。
私だけが、駆けっこのとびっっっきり遅い子どもだった。

その長年の、大きな劣等感を今日、払拭したよ~。
40年近く経たんとするところで、覆せるものがあるんだ!
また、子どもたちに伝えられることが増えた。

帰ってきて、腰を再度固定。アイシングでジンジンするほど冷やしていて、なおこわい明朝。
それでも、悔いゼロ。
ぷうちゃんに、むむちゃんの、全力で楽しんだ様子が見られて満足。
私自身にとっても満足。

一緒に楽しんだ、いや、一緒に全力で戦った仲間たちに大感謝。
by shiho_kato | 2013-10-06 20:00 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)