むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

二度目の保育士実技試験

朝からの雨。

保育士実技試験、二度目。

昨年の受験後知ったのだけれど、実技試験の合格率は9割だそうが。
落ちるのが1割程度ということは、二度受験する人の割合は、
もしかしたら、それよりもさらに低いかもしれない。

実技試験は、昨年と同じ会場、昨年とほぼ同じタイムスケジュールで実施された。

昨年のようなアクシデントのない静かな朝。
準備万端のつもりが、消しゴムを忘れたことに気づき、
リカバリー(途中で買う)できる余裕のある時間。

会場となった校内や周辺の状況にも詳しくなって、
ちゃんとおやつと、お昼ご飯を朝のうちに購入して
会場入りした。


創作は、お絵かき。
使えるものは色鉛筆だけ、も、ばっちり。


言語は、昨年と同じ課題。3分で3歳の子ども20人にお話。
絵本は、台本を作り直して、持ち時間3分におさまるように練習した。


準備万端の、二年目。

にも、関わらず、終わったお後の爽快感なし。

お絵かきは、描きこむ内容、設定、条件が昨年よりやや複雑化した。
最後の0秒まで、描きつづけてなお、塗り残しあり。

言語は、昨年の時間オーバーに気をつけすぎて、時間が余ってしまった。
3分は席を立てないので、辛抱強く笑顔を貼りつけて待った。

会場を出たら、呼吸が苦しく、心臓はばくばくしていた。
キャンパス内の移動で、濡れた足元が急激に冷えてきた。

試験って、いやなものだったんだ。
去年、いかに脳天気に受けていたか、あらためて思い至ったのでした。


ちなみに今年は、「読むなら3歳から」の明記のある絵本を選んだ。
ぷうちゃんに、候補の『ぐりとぐら』『たろうのともだち』『てぶくろ』『ちょっとだけ』を読んで、
その中から決めてもらった。
『ちょっとだけ』
ぷうちゃん的に趣旨を理解し、絵本の絵を見ながら、
3歳の保育園のお友だちたちの名前をあげて、「牛乳こぼしてる~、ってぜったいゆうよ」とか言いつつ、
毎晩練習につきあってくれた。

むむちゃんは、試験の前日にママ試験がんばってね、と声をかけ、
試験の翌日には朝イチで、試験どうだった?と聞いてくれた。


走るのは簡単でいいな~。走り切りさえすれば、◎なんだもの。
愚にもつかない、比較をしてみたりしながら、試験会場からの帰り道を歩いたのでした。


自宅に帰るとおばあちゃんからの宅急便。
開ける時間がなくて、そのまま。
だけど、開けずともわかるりんごの香りがいっぱいに漂っている。
ほっとする。
d0134102_1837138.jpg


そうだ、りんごがあるじゃないか。
そうだ、子どもたちは元気にすくすく育っているじゃないか。
何も困らない。三度受けたら、もっときっと行き届くはず。


そう、そして何より子どものことをもっと知りたくて
勉強するきっかけに利用した保育士試験。


3歳児は繰り返しが好きと言うこと。
3歳児が言葉だけで思い浮かべられる具体的なものもの。
今回ちょっと失敗だったな、と思うのは、みんなで盛り上がれる場面、
20人と言う人数が一緒に盛り上がれる場面のない、お話だったこと。
3歳児くらいだと、みんなで声をあわせたりできるお話がいいのだろう。
そういうことは学べた。

前の人も、後ろの人も、『大きなかぶ』をチョイスしていた。
でもなぁ、ちょっとつまらない。聞く方はつまらなくないのかな。
私が読みたい本。出会ってほしい本。ってやっぱりあるんだもの。

試験を理解するのではなくて、私の中での子ども理解を深めるための時間。

そこをうっかり間違えて、来年必勝の書『大きなかぶ』を読んでいたら、大きな後退だぜ、私。
by shiho_kato | 2013-10-20 23:42 | 私ノート | Comments(0)