むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ぷうちゃんの「大恐竜展」と就学前健診

午後から就学前健診のぷうちゃん。

午前中はかねてから約束していた通り、
朝イチで上野の科学博物館へ向かった。
「ゴビ砂漠の驚異 大恐竜展」を観に。
d0134102_5594033.jpg


ゴビ砂漠の化石は堆積物が重く載ったりせず砂漠の環境のおかげで
つぶれて壊れたりすることがなく、保存状態良いままに発掘されているそう。
とは、先にこの企画展を観た相方司書さんからの受け売り。
d0134102_601450.jpg


9時少しすぎには入場。
ずんずんと中に入り、見たいものを見つけにとっとこ歩いていく
ぷうちゃんの後を追いかけた。
大きな化石も多く、生まれたての赤ちゃん恐竜が15体が巣の中で
化石化したものもあったり、
d0134102_632985.jpg


食い合う形のまま化石化したものもあったり、
なかなかにユニークな化石がたくさん。

d0134102_61130.jpg


ぷうちゃんが求めていたのはティラノサウルス。
骨格標本の化石ではなく、標本のように複製された恐竜だったよう。
あっという間に一周。
会場を出たら、再入場は不可。
もう一度入口に戻ってみた。
d0134102_613922.jpg



入口では、マスカラパチパチのおねえさんが一生懸命タッチパネルの貸出の説明。
ぷうちゃんは、胸がドキドキし過ぎて手をのばそうとしない。
これがある方が、骨に肉付けできそうかなと思ったけれど、
ぷうちゃんは顔をあげず、要らな~い、とお断り。
d0134102_623378.jpg


要らないのか~、と二巡目に歩き出したら、
小さな声で、「あれはお家に持って帰れないんだよね?」と。
持って帰れるなら借りたかった、と。
しっかり者だなぁ。
d0134102_641312.jpg


二回りして、気に入ったのは、断然タルボサウルス(ティラノサウルスの同類)。
でも(純正)ティラノが居なかったのは納得できませんでした。
ゴビ砂漠はアメリカじゃないからね~。
d0134102_64461.jpg


お腹が空いて、早々にお弁当タム。
常設展の日本館のフリーラウンジでお弁当を開いた。
d0134102_651634.jpg


お弁当のあとはソフトクリーム。
そして、360シアターで恐竜のプログラムと聞いて、並ぶことに。
d0134102_654730.jpg


このシアターは大迫力。ネーミングどおり、360℃シアターなのです。
おかげで、大満足で午前中を終えたのでした。
d0134102_661171.jpg



午後は就学前検診。
長い列の後ろのほうに並びながら、ぷうちゃんが
「何するの?」数度目の同じ質問。
d0134102_664060.jpg


お口の中をみたり、耳の中をみたり、鼻の中をみたり、
お腹をもしもししたり、 目をスプーンでおさえて、
上とか下とか空いているほうを指さしたりするんだよ。
「悪いところがあったら小学校行け無いの?」
大丈夫だよ、行けるよ。
悪いとこがないかどうか調べるだけだよ。 
「なんだ、それじゃ意味ないじゃん。」

そうだね、意味ないね。
ぷうちゃんはほっとしたようにジャングルジムへ駆けていった。
by shiho_kato | 2013-11-28 22:13 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)