むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ぷうちゃん、7歳のお誕生日

ぷうちゃんの誕生日。

夏休みが終わり、新学期始まる緊張感に紛れて、
8月31日の夜になり、にわかに思い出して、おおわらわ。
今年も同じ轍を踏んでしまった・・・。

直前になって、ケーキどんなのがいい?お料理何がいい?プレゼントは何がいい?
おそるおそる尋ねる。
チョコレートのケーキがいい、食べるのはなんでもいい。
チョコスポンジは焼けるけれど、チョコクリームをつくる技量はないので、
夕飯を用意してから、お買い求めに数件走るけれど、なし。
どんな代用が可か目まぐるしく考える。

プレゼントは、「ちょっと考える。」熟考一日半の後、
「思いつかない・・・。」
ものじゃなくてもいいんだよ、と声をかけると、再び熟考。

「あのさ、おでかけしてさ、帰ってきてさ、お料理食べてさ、ケーキ食べるのでもいいの?」
ん?どういうことかな?
「お出かけしたい。」
どこに行きたい?「水族館!」
よし、デートのプレゼントね、OK!OK!
お誕生のその日は難しいけど、そうでなくてもいい?
「うん」

ほっ。短時間で入手困難なプレゼントじゃなくてよかった。
いずれにしてもすぐには果たせそうにないので、
今夏、はまったDVDをいくつか用意した。
ET、ゴースト・バスターズ、グレムリン、、、。
妖怪ウォッチの発展系のランナップは、私の懐かしさ故に80年代のものばかり。
安心して観られて、ぷうちゃんは二度も、三度も、ゲラゲラ笑いながら観た。

お誕生日前日に用意しかけていたプレゼントはあけられてしまった。
d0134102_1348988.jpg


お誕生日当日は、ポテトサラダにハンバーグの定番と、ぷうちゃんが唯一リクエストしたお豆ごはん。
サラダもハンバーグも焦げた上に、お豆を入れ忘れてご飯を出してしまってやり直したり。
それでもハンバーグを焼いている間まとわりついて、楽しみにし、
お豆を鞘から出している脇で、それお豆ご飯のお豆だね、と目をキラキラさせ。
挙句、前日に焼いたスポンジの端をがぶりとかじり、「食べちゃった!」といたずらに笑う。
d0134102_13483085.jpg


とっても楽しみにしていたんだね、誕生日。
こちらの失敗など、なんのその。

クリームがダメなむむちゃんのことも考えて、チョコシロップでホットケーキ風の
お誕生日ケーキになってしまったけれど、それもたいそう喜ばれ。
d0134102_13522984.jpg


7歳、あっという間。

7歳のぷうちゃんは、母の失態をフォローできる気の使い方や優しさを持っている。
7歳のぷうちゃんは、大きくならないで寂しいよ、という母に、デートのプレゼントをチョイスする優しさを持っている。
d0134102_13533695.jpg


出来すぎ君だよ。
もっと子どものままでいいのに。
とってもとっても助けられて、感謝ばかりの、7歳のお誕生日。
生まれてきてくれてありがとう。
こんなにステキに育ってくれて、ほんとうにありがとう。
by shiho_kato | 2014-09-04 22:32 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)