むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

夏の成果、実る秋 ~「図書館雑誌」2014年11月号に掲載されました!

夏の全国学校図書館大会@甲府での発表の内容をコンパクトにまとめて、
「図書館雑誌」の原稿公募に応募した。

司書教諭の先生と、相方司書さんとの共著にして。
応募後まもなく、最新号で掲載される旨の連絡あり。

今日、それが届いた。
d0134102_1274548.jpg


抱きしめたくなるくらい、うれしい。
図書館の世界の媒体に、活字の記事を書き記せたことに。
d0134102_129486.jpg



**************

司書の前に就いた仕事チャイルドラインでも、Daysや、朝日新聞や、岩波ブックレットや、
子どもの文化や、子ども白書や、文科省の機関紙や、その他週刊誌等々にも
原稿を載せていただいてきた。機会には恵まれていたと思っている。

でも、署名入り原稿の数倍は、代筆、ゴーストライティングの原稿として私の手元を離れていった。

趣旨さえ伝われば、私の名前ごとき、どうでもいいではないか、と思っていた。
書く事も、チャイルドラインの魅力を伝えることも、どちらも大好きな仕事だったから。

それでも、書いたものから手を離し、名前を消す瞬間に、
心のすみで魂をふっと吹き消してきた気がする。

今回は、
新たな試みにチャレンジしてきた仲間と一緒に作り上げられた原稿。
新たにはじめた学校図書館の世界での原稿。
正々堂々と名を名乗っての原稿。
その全部がうれしい。

3年間の任期付きプロジェクトでの雇用。
3年のうちに、ポン。成果をひとつ。


by shiho_kato | 2014-11-12 13:30 | 学習ノート | Comments(1)
Commented at 2014-11-14 05:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。