むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

卒園から一年、たちました

保育園の卒園式。

今年は一年生から、卒園生に贈る言葉を言うために参加。
ひさしぶりの、同期勢ぞろい。

d0134102_17222543.jpg
昨年を思い出す。

清々しい気持ちの卒園だったなぁ。

子どもたちふたりそろって「まごめOB」になることができる。
中途退園の危機におびやかされることは、もう二度と無い。
そればかりだった。

子どもたちが小学生になって、
入学直後の落ち着かないタイムスケジュールや給食や、
プリントの多さや、書類の多さにうろたえながら、
ぷうちゃんの登校渋りにオロオロしながらも、
一年を経て、生活は落ち着いた。

ぐっと手がかからなくなり、
保育園の多々ある行事や会議から遠ざかり、
あらためて、幼子を抱えながらそれらをこなしていくことの大変さをしみじみ思い、
よくやったな、もうあんなにがんばれない。


目の前にいる現役の親たち。
ほんとうに、みんなよくやっているな、がんばっているな、の気持ちになる。

赤ちゃんだったのに、大きくなったな、
大きくなったけど、まだこんなに小さくて、それでも
来週にはランドセルを背負って学校に行くんだな。


たくましい。
子どもたち、たくましくて眩しい。

卒園おめでとう。


大丈夫、子どもたちは何があってもどこにいても、
伸びることのできる芽をしっかりと育まれて
いま、ここにいるのだから。


大丈夫、おとなたち。
ここまでしっかり育ててきたのだから。


喜びと、晴れがましさと、不安と、心許なさと、どれにも呼応して、
なんだか昨年よりも、涙腺が緩い。
by shiho_kato | 2015-03-28 19:59 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)