むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

オムライスの金曜日

毎週金曜日はオムライスの日だ。

むむちゃんとぷうちゃんが決めた。

たいてい力尽きている金曜日に献立を考えなくてよい、
単純な調理で良い「オムライスの日」はたいへん助かります。


今日は、夜7時から合唱練習。
勤務先から帰宅し、オムライスを作って、合唱練習に向かう流れ。

合唱の練習、行ってもいいかな?

朝、ぷうちゃんとむむちゃんに尋ねた。

「ご飯作ってってくれる?」

もちろん。

「だったらいいよ」


うっかりしていた力尽きる金曜日。
夕方にはずっしり体が重く、合唱行くか行かぬか・・・。

迷いながら帰宅すると、台所にぷうちゃんが立っていた。

むむちゃんが
「ぷうちゃん、オムライスつくる用意しているよ」

わ、そうなの、ありがとう~!

ボールと卵とフライパン。

ぷうちゃんにありがとうね~、と声をかけると、
顔をゆがめた。

どうしたの?

少しずつゆがむ顔に、涙。
「たまご、ひとつ、割っちゃった~」


あぁ、ぷうちゃん。。。


ぎゅう~っと抱き寄せて、

たまごくらい、一個や二個割っても大丈夫。
いっぱいあるんだもの。
ママなんか、買ってきて入れる時にもう割っちゃってるよ。

涙をぬぐいながら、指差す。

「あれでふいたから」

しぼった布巾が物干しにかかっている。

ちゃんと割れたのキレイにしてくれたのありがとうね。
ぷうちゃんが用意してくれたから、オムライスはやく作れちゃうよ。

ぷうちゃんが、こそばゆそうに笑った。
むむちゃんは、ソファに寄りかかりながらその一連のやりとりを眺めていた。
ぷうちゃん、かわいい、の声を発しそう顔で。



合唱練習に、行きます。
行きますとも。


サラダもお味噌汁も朝のうちに用意してあったので、
食べる時間まであった。


久しぶりの友たちと一緒に声を出した。
すっとする。

疲れが半分になった。



ぷうちゃんが何を考えているのか予測不能だ。
口数の少ないぷうちゃん。


だから、こそ、こうしたひとつひとつを忘れないようにしよう。



子どもたちは、応援してくれている。

私の生きることを。


ありがとうね。


歌って軽くなったからだ、自転車をぐいぐいこいで、
子どもたちのもとへ帰る。
by shiho_kato | 2015-05-08 19:35 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)