むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

むむちゃんの発熱

むむちゃんが木曜の夜、発熱した。

いつもより少し早く寝入ってからの呼吸があらい。
触ってみると熱い。
夜中に幾度か声をかけてみるけれど、コンコンと眠り続けた。

朝、声をかけて熱をはかると39.5。
自力で歩き、着替えて、食事をいつも通りにとれる。
なんと元気な病人か。

インフルエンザを疑うも、他の症状がまったく無い。
鼻水も咳も関節痛も食欲不振も頭痛も腹痛もいっさい。
そして、その熱で学校に行くと言う。

「こどもまつり」当日、受験等で人手は足りず、
前日の準備でももめごとがあって、準備が済んでいないのに休むわけにいかない。と。

この高熱でも行くと主張するむむちゃんに気圧されながら、
周りにけしてうつらないように直接の接触をさけて、しっかりマスクをつけ続けること。
ダメだと思ったら、すみやかに申し出ること。
ふたつを約束して、見送った。
(親として、けっして良い判断ではない。
月曜のインフルエンザの検査の結果、陰性だったことに安堵しながら、
これが陽性だったら・・・。次に同じことがあったら何がなんでも休ませようと思う)


呼び出しの連絡を覚悟し、電話を気にしながら一日を過ごした。
一向に何もないので、学校にこちらから電話しようかどうか、迷いながら過ごした。

放課後の時間を迎えて電話すると、むむちゃん。
「ふつーに給食食べて、ふつーに帰ってきたよ」と。
今日の書道はお休みして、とにかく横になって寝ているように伝えた。
帰宅して熱をはかると、38.7。

「ほら、下がってるじゃん」
いや、これは下がっているとは言わないだろう。

日曜に予定しているかるたの大会はキャンセル待ちの定員越えをしていて、
早めに欠場を伝えれば、待っている人に出られるチャンスがまわる。
先生に連絡をするかどうか・・・。

むむちゃんの
子どもまつりの役割を果たさんという気合に負け、
大会にも「熱を下げて、絶対に出る!」に気圧されて、様子を見ることにした。

土曜の午後のかるたはさすがにお休みした。
夜、再び38度を越えた。


何がなんでも出たいむむちゃんと、相談して、翌朝の熱でどうするか決めることにした。
36度台まで下がったら、大会に行ってよし。
37度台だったら、ママは大会に行き、むむちゃんは行かない。
38度台以上だったら、ママも大会には行かない。


そして、朝。
37.4℃。

小さく息を吐きながら「ママは行くね。むむちゃんありがとう」
むむちゃんは小さくうなづきながら、布団にもう一度潜り込んだ。


4連戦を3勝1敗で終え報告すると、
夕方になってむむちゃんは38.8℃まであがった、と。

むむちゃん曰はく、ママにパワーをあげたからむむの熱が上がったんだよ、と。


翌日病院に行きインフルエンザの検査をするも、陰性。
熱が下がればそのまま学校に行ってよし。


翌朝はふたたび37.3℃。
今日はお休みしようね、明日から行こうね、と声をかけると
もうむむちゃんは抵抗しなかった。


そしてその日のお昼に学級閉鎖の連絡。
今週はまるまるお休みになった。


夕方久しぶりの36度台。
すがすがしい表情でピアノの前にむかった。


熱に負けない強靭な精神力と、
発熱との、辛抱いく静かな闘いっぷり(周囲に迷惑をかけない、泣き言を言わない)に、
今回もあっぱれでした。
by shiho_kato | 2016-02-09 20:36 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)