むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

むむちゃん中学生になる

むむちゃんの入学式だった。
d0134102_15160091.jpeg
卒業式も雨。入学式も雨。どちらも冷たい雨に降られるあいにくのお天気。

例年2クラスだったこの学校で、今年の新入生は3クラスになった。
仲のよいお友だちと一緒になれる確率が2分の1から3分の1へ。

学校に到着し名簿をもらうと、むむちゃんが一緒になりたかったお友だちのうち3人も同じクラス。
もしかしたらむむちゃん以上に、私のほうがホッとしている。


中学校は入学式の雰囲気からして小学校とはえらい違い。
小学校には、さぁさぁ、いらっしゃい、の手とり足とり感があった。
中学校は、体温が低い。進めるからついてきてね、の感。
d0134102_15173326.jpeg
保育園から小学校にあがるときにも、お世話が減る感じがして心許なく思ったことを思い出した。
きっといまのこの心許なさは不慣れなせいで、すぐにこのくらいの温度感が適当と思えるに違いない。
d0134102_11264776.jpg

昨夏足を踏み入れてから、ぐぐっと馴染みになった学校。
先生や、生徒や、来賓の方々の中に知った顔を見つけてホッとする。


写真撮影のあとの役員決めでは、友母がPTA役員の仕切りをしていたり、
同じ小学校からのお母さんたちが次々と手をあげていて頼もしく感じられた。

クラスに別れての担任の先生と保護者の10分にも満たない顔合わせの時間。
先生がポツリポツリと、「卒業式も、入学式も雨でしたね。ですが、雨は中国では縁起がいいそうです」と。

あぁ、この先生はきっといい先生に違いない。
あてにならないファーストインプレッションだけれど、今日はそう思おう。


自宅に帰って調べてみると、「雨龍」は神様のお使いだそう。
雨は神の使いの恵みとか。
旅立ちの日は雨乞いをして雨を待ち望んだとか。


どうぞ、これからの3年、楽しく伸びやかな日々が待っていますように。
by shiho_kato | 2016-04-07 19:58 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)