むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

二度目の、映画「ちはやふる」

むむちゃんの入学祝いと、ぷうちゃんの進級祝いで、
映画「ちはやふる」を観に行った。

d0134102_12125895.jpg



私は二度目。
むむちゃんはもしかしたらこのあとお友だちと観に行く約束が叶えばもう一度観るかもしれないけれど、「下の句」が公開してしまう前に。

d0134102_1212728.jpg

一度目にはゆっくりと映ったものがすっと過ぎてしまったり、
一度目には見過ごしていたものがあったことに気づいたり。

何度でも観たい、あらためて思った。
やっぱりもっと歌の意味に心を傾けよう。

スクリーンを見つめるむむちゃんの眼差しが何度見てもまっすぐ過ぎてドキッとする。

前回見て涙してしまったところでうるっときていたら、
となりでぷうちゃんも目をゴシゴシとこすっていた。
泣きのツボがおんなじ。ふたりでハンカチを順番にとりあった。
「つくえくんのなかまはずれの気持ちすんごいよくわかる。」とぷうちゃん。
泣くほどのことか全然わからない、とむむちゃん。

案外、ぷうちゃんは、私の過度なビビリで神経質で劣等感とせめぎあっちゃうところが似ていることに気づいた。これということに対しては根拠なく自信があるところも。
d0134102_1214279.jpg


「コミックとは違うけどそれはそれで映画として面白かった、でも札の取りは雑だった。」
とは、むむちゃんの感想。見る目が違う、さすが。

満足してホクホクして、桜振る帰り道。
by shiho_kato | 2016-04-08 19:45 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)