むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

どの党、だれに、投票するか

イギリスが国民投票によりEU離脱を決めた。

EU離脱、残留について、この国民投票のことがあたがために?日本でも多く報道されるようになり、
私自身はその「多く報道」されるようになったがために、知ったという程度で、
これこれこういう理由でこちらにするほうがいいと思う。
と、理路整然と述べられるほどに、状況を学んでいない。

でも、なんとなく、
「ボーダーをなくそうぜ」で、通貨を同じくしていくところとか、ごちゃまぜを受け入れられるのは感じがいいなぁ、と思っていたので、
離脱かよ、純血主義というのか、国粋主義というのか、保守的というか、排他的というか、閉鎖的というか、そんな印象のことばが次々と染み出すようで怖い。


かさねて、トランプ。
あんな暴言を吐くようなひとが、大きくて力ばかり強いアメリカのTOPに座ったら、世界はめちゃくちゃだ。
でも、選ばれ、対立候補と二分するほどに支持されている。
アメリカ人ってバカじゃないの、と、強く言い捨てたくなる。
見るからに、聞くからに、知るからに、おそまつな人格のあれを支持できるなんて。。。
最後は選ばれることはないだろう、と、タカを括りたいところだけど、EU離脱が決まっちゃうような現代。
私の感覚で、昭和初期の思想性が漂って感じられる。
昭和のはじめだったら、何が起こっても、そう、たとえば大きな戦争が起こっても不思議はない。
「いま」はもしかして思う以上にそんな危機的な時代なのかもしれない。


あぁ、この流れ、日本も戦争する国にならんとしてる?
人の命より、国のなんとかの方が、大事と思われる時代にならんとしてる?(それとも、もうなってる?)


そのタイミングで参院選がある。
18歳から投票できるはじめての選挙だ。


イギリスの国民投票も、アメリカの直接選挙による大統領選も、
投じたひとり一票の集合体が結果を生む。

とくに、接戦だったイギリスの国民投票は天候により投票できなかった、とかとかいうことが、
すっごく大きく響く結果だった、かのように映る。

参院選には、離脱か残留かの二者択一、トランプかヒラリーかの二者択一、そういったわかりやすいスリリングな面白さがない。
候補者をながめて、一押し!!ではなく、これダメ、あれダメ、それダメ、のダメダメダメの消去法の中で、残った人に投じる「しかないか」な感じ。

盛り上がらない。

だけれど、それしか制度的に方法がないのであれば、
これは絶対にダメ、この人は絶対にダメ、この主張は絶対にダメ、ほんとダメ、絶対にイヤ、ほんとイヤ、
と、思う者へのNOだけでも、意思表示できる機会と思わなくては。

✖(バツ)投票ができればいいんだけどな。


東京選挙区は、立候補者が多い。
バツをつけていって、残りそうな数名の中の、誰?までいったら、せめて多少はバツ勢力に対抗できる受かりそうな人を選びたいものだけれど、そういう選び出すセンスがない。


に十年も選挙権を行使してきても、この程度の選び方、投票の仕方しかできないのだから、
今回、はじめて選挙権を行使する18歳(あるいは投票を放棄してきたが今回は投票しようと思うその他の年齢のひと)は、どんなふうに投票先を決めるのだろう。


自分のいい加減な選び方は棚上げして、他人のことだとヤキモキする気質。
こんなツールをで遊びながら、しぼっていくのもありかと思う。

投票マッチング

えらぼーと 2016参院選

みんなの政治 相性診断

d0134102_17563604.jpeg



このところ、そこいらに漂い、私たちを支配しようとする粘着質な、保守、国粋、愛国心!?、そんなふるくっさいカビ臭いキナ臭いオドロオドロしい空気を発するポマード臭い居丈高な人たちから逃れて、大きく深呼吸できる「いま」を感じたいなぁ。。。
by shiho_kato | 2016-06-28 19:46 | 学習ノート | Comments(0)