むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

第49回神奈川県かるた大会

3度目となる神奈川県かるた大会。

一昨年はむむちゃんの初の個人戦、昨年は私も出場し、むむちゃんはこの大会で優勝してE級にあがった。
今年はF級に単独の参加。

とは言うものの、今回大会初参加の保護者なしでG級に参戦するYちゃんとMちゃんを連れて3人で出発。
相模大野の駅で神奈川かるた会のみなと合流した。

G級230名、F級99名と、今回は過去2回の倍近い大所帯の大会。
1試合目と2試合目に一回戦、3試合目と4試合目に二回戦、5試合目に三回戦、6試合目に準決勝、7試合目が決勝となる。

私は一回戦目不戦勝となり、4試合目に行われる二回戦に出場。
朝は7時前に家を出たけれど、初戦は2時。
今日は引率で来て、引率で来たにも関わらず試合に出させてもらえたラッキー、くらいな気持ちで待つ時間を応援に専念した。
d0134102_18400165.jpeg
体の小さいMちゃんはひょうひょうとした取りで一回戦も二回戦も最後までねばって勝った、
お行儀のいいYちゃんは知らぬ相手の方が思い切りやれるようで練習では見せたことのない大胆な取りで一回戦も二回戦も圧勝した。

d0134102_18402417.jpeg
私の相手は高校生の男の子。
珍しく立ち上がりよく、はじめから札に指が吸い付く。
目ではなくて、体で取りに行けている感じがして気持ちよかった。
速さ勝負になるとかなわないけれど、札との相性というのか、読みとの相性というのか、
すっと体が勝手に動く取りが何度かあった。
まごめかるた会を会にしてからは、完全に読みと仕切りに専念していて、取る練習量が減っているので、勝負にならないかもしれないと思っていたけれど、札を必死に追いかける感じとは違う取り方が体に備わってきているようで嬉しかった。
後半の粘りでシーソーゲームに持ち込んで同数まで並んだところで、派手にお手つきをし、続いて一枚取られる連取で差がついてしまった。それでも最後まで敵陣から札をとりに行くことができて、結果は7枚差の負けだったけれど、今日はよく動けたなと思いながら終えることができた。

かるたの試合の良し悪しは相手によって大きく変わる。物言いが多く自分の取りをやたらと主張するプレイヤーは対戦していて、たとえ自分が勝ったとしても気分がよろしくない。
隣のゲームは、毎回というほど、もめあっていて、これは精神的に消耗戦だなーと思った。
観戦していて、中には舌打ちをしたり、相手のお手つきに派手にガッツポーズをしたりする人も居るけれど、かるたにそういう下品な振る舞いはふさわしくない。
うちの会の人たちにはたとえ初心者でも、かるたに携わる上でこんなふるまいはしないように教えたい。

私の相手は、礼儀正しく、互いに札を拾いあったり並べるのを手伝ったり、飛んできた札を素早く渡したり、物言いもほとんどなく、気持ちよく戦わせてもらった。


Yちゃんは準決勝まで勝ち上がり3位。
Mちゃんは決勝まで進み準優勝。
d0134102_18405939.jpeg

d0134102_18425864.jpeg

表彰式を終えたら夜は8時を回っていた。

d0134102_18440236.jpeg
いつにもまして遅い。
途中、親御さんに勝ち進んでいるために帰りが遅くなる連絡を入れた。
彼女たちも携帯を持っているけれど、試合と試合の間隔が短く、そんな連絡を入れている間も無かった。

夕飯にも遅い時間、帰りには買い食いもし、
すべておわって、朝待ち合わせた場所まで送り届けたら10時。実に15時間。
長い一日だった。


彼女たちの戦いに、一緒になって一枚一枚ごとのハラハラし、ドキドキし、指がくい込むほど集中して見入って、今の反省と、次の戦略と、勝った時の興奮と、負けた時の悔しさと、そういうものを分け合えるのは一緒にプレイする仲間だからということがわかった。
わが子のむむちゃんの応援だったから毎回の長時間の戦いを厭わずにおれたわけではなかったんだ。

それが私の役得と思いながら、重い体をひきずりながらの遅い時間の帰宅を慰める。







※神奈川県かるた大会詳細備忘録

1.日  時 2016年7月17日(日曜日)9時~(受付締切 午前9時30分 開会式午前9時40分からの予定)
2.場  所 相模女子大学 マーガレットホール(相模大野駅下車徒歩10分)
3.参加資格 神奈川県民・県内在学・在勤者・県かるた協会加盟団体に所属する者
4.競技形式 個人戦(クラス別トーナメント方式)
5.クラス F級 競技かるた初級者、神奈川県協主催大会等でG級入賞経験のある者
     G級 競技かるた初心者(百首を覚えている者)
     ※D級、E級の開催はありません。
     ※参加申込が240名を超えた場合は、10名以上申込のある団体より人数の調整を依頼する場合があります。
6.表  彰 各クラスの優勝者・準優勝者・3位(2名)の4名
7.参加費 F・G級 1000円

by shiho_kato | 2016-07-17 22:55 | マラソン、かるたノート | Comments(1)
Commented by 木夏海 at 2016-08-18 15:52 x
初めまして。木夏海と言います。(アメーバブログの方で調べると私の名が出ます)
私もこの大会に出てたので、思わずコメントしてしまいました。(2回戦敗退だったんですけど)
高校から競技カルタをはじめたものですが…。この大会、楽しかった反面、個人戦で出る初めての大会ですごい大泣きしてしまったのですが…。もし、同じステージに立てたとしたら、正々堂々と勝負したいです(笑)
私の対戦相手が舌打ちやらガッツポーズやら多かったのでそこはどうかなーと同じこと思ってました。

(ある私立高校の競技カルタ部に入っています。もしかしたら、私の友人が試合をしたかもしれません。)