むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

スペシャルオリンピックス・エール・ラン

ぷうちゃんとスペシャルオリンピックス日本が主催する「第6回エールラン」親子の部に参加した。

スペシャルオリンピックは知的障害の人たちのオリンピック。
有森裕子がスペシャルオリンピックス日本の代表を務める。

トヨタや、ユニクロや、はたまた吉本興業までがスポンサーになっていて、とっても豪華なゲスト陣だった。
d0134102_18310057.jpg
岡崎朋美とか、フィギアの小塚とか、柔道の平岡とか。
芸人さんの方は、マラソンでお馴染みの田村亮しかわからないけれど。

ぷうちゃんは、お台場は何度か一緒に走っているけれど、今回は初めての場所。
前の場所が良かった~・・・と、場所見知り。

新たなものが苦手なのは性分だなぁ、と最近よくよくわかってきた。

向けられたカメラから隠れながら、口を尖らせているのは、「不愉快」のポーズではなく、「緊張してドキドキしている」のポーズだとわかってからは、私のハラハラは半減。
スペシャルオリンピックのためのチャリティだから、ダウン症や自閉症などの子どもたちも多く居て、一緒に走る。
ぷうちゃんのドキドキはそこへは向かわない。ただただ衆目の多いことや会場の雰囲気への居心地の悪さばかり。
それでいい。参加するメンバーのひとりと、ひとりと、ひとり。同じく対等に、緊張したりワクワクしたり喜んだりする同志。

みなで体操をしたりして、つつがなくスタート準備が整ったので、予定していた5分前にスタートすることになった模様。
子どもたちを5分待たせるのはタイヘン。そこのところをわかっていてくれてありがとう。

普段は電気自動車を走らせるコースらしく、サーキットコースのようなくるくる回るコースで飽きることなく1.3km。
d0134102_17401312.jpg
はじめや途中ではハイタッチを避けていたぷうちゃんも、ゴールしてからのハイタッチはできた。
d0134102_17404434.jpg
すぐ隣に親子ランを走り終えた岡崎朋美が子どもを連れていたりして、嬉しい気持ちになる。
ぷうちゃんがもちっと愛想がよければ、一緒に写真撮ってもらうところなんだけどな。

参加賞たっぷり。タオルやボールペンやノートや組立双眼鏡の他に、ケンタッキーの1000円券。
エントリー費の、キャッシュバック率50%近い。
お昼ご飯はケンタッキーだね!と約束する。

今日のお楽しみはここから。

お台場海浜公園でポケモンをゲットして、レインボーブリッジを歩く予定。

お台場海浜公園までの広場で、NGOフェスタが開催されていた。
以前はこのフェスタは日比谷公園で行われていて、プログラムのひとつにチャリティマラソンがあった。
父たちがそのチャリティマラソンを走るというので、皇居で応援した記憶がある。

お台場はポケモン出現率が高いようで、ポケGOの大人たちが林立。
なんだか光景として異様。
ぷうちゃんは小さな声で「こわいよ」とつぶやきながら急ぎ足で通り抜けた。

4種類くらい新しいポケモンをゲットして、海岸でカニ取りに夢中。
カニゲットの方が、健康的。胸を撫で下ろす。
d0134102_17414514.jpg
ひとしきり海で遊んだ後はレインボーブリッジウォーク。
橋を渡ると1.5kmあるそうだ。
保育園の時に歩いた思い出をあれこれ引っ張り出しながら、景色を眺めながら、新種のポケモンを6種類くらいつかまえてご満悦。
d0134102_17421781.jpg
渡り終えてからいちばん近いケンタッキーまでさらに1.5km。
疲れたとかなんとか何も言わなかったけど、
席についたら「あー、やっと座れた。走るのよりも、そのあと歩くほうがタイヘンだったね」と。
なんだかんだ6~7km歩いた様子。

しっかり1,000円分使い切って、満足満足。
d0134102_17424513.jpg

運動が不足して鬱屈気味のぷうちゃんを、どうやって引っ張り出そうか。
あれこれと企てを考えている10月の初め。


by shiho_kato | 2016-10-01 16:33 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(1)
Commented by kato_jiro at 2016-10-14 17:02
マラソン大会がんばってっね。
応援しているから

ひなより