むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ぷうちゃんと、むつざわロードレース

実家の地元で行われるマラソン大会。
今年は、弟と妹と姪っ子たちが出るというので、ぷうちゃんと二年ぶりの参加を決めた。
d0134102_16060114.jpg
前日の夕方から実家に帰って過ごした。
当日、弟は仕事で、妹は練習できず、姪っ子たちは朝からの雨で、参加を見合わせた。

父の運転で会場へ向かった。
家を出るときはすんなりだったぷうちゃんは、車を降りる段に到って「じぃじと帰る」。

二年前も、会場に着いてから出ないと言い出し、結局走らずに終わった。
今年もおんなじようなタイミングでの「出ない」。


いつも凧揚げをし、かくれんぼをし、だるまさんが転んだをし、遊ぶばかりの場所が、大会の雰囲気に一変していることで気圧されたに違いない。
d0134102_16065798.jpg
二年前から、時間を一歩前へ進めたい一心で、あれこれ説得を試みる。
イヤだというものを、無理しなくてもいいではないか、という気持ちと、
あともう一歩を踏めないことをやすやすと「良し」としてなるものか、という気持ちと。

ぷうちゃんの中にも葛藤があったようだ。
嫌なものは嫌なんだ、という気持ちと。
私がかけた「負けっぱなしになっちゃうよ」の言葉に、抵抗していた手を止めた。

気圧されて気持ちが負けちゃうことを、ぷうちゃんは悔しく思っていることがわかったから、今日はそこまででいいや。
悔しさは、しこりにもなるけれど、バネにもなる。

扉の向こうに踏み出すためには、幾度も扉の前に立ちくりかえし足踏みするものだ。
あるいは、扉の向こうのあまりにも待ちわびた世界に、扉をくぐり抜けたことさえ気づかないほど夢中で飛び込むか。
(むむちゃんとかるたは、後者のしあわせな出会いだった)

歩いて扉の前まで行った。その事実を積み重ねて、馴染んだ頃に、すっと押し開けることができるはずと信じて、機会を提供し続けよう。



今回の私の5kmは、ぷうちゃんがんばれの5kmだった。
d0134102_16074479.jpg
前回は1位をいただいたけれど、今回は3位。
それでも、前回出場したときよりも1分半縮めての21分37秒。
d0134102_16083014.jpg

d0134102_16085279.jpg
2年で私は少しだけ強くなった。
だから、多少のことがあっても以前よりは逞しくぷうちゃんを支えることができるはずだ。

心配することなんかない。




by shiho_kato | 2016-11-27 17:36 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)