むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ぷうちゃんの神隠し

スイミングクラブから、ぷうちゃんが居ないと電話があった。

帰りのバスに乗るはずなのに、居ない。ロッカールームもロビーも、バスの周辺も、探してみたけれど居ない。
とりあえず、定刻を過ぎているのでそのバスは出発するとのこと。

あぁ、そうだ、しまった。
行きのバスのことはしつこくしつこく話したのに、帰りのバスのことは言わなかったじゃないか私。。。

三日前、はじめてひとりでスイミングスクールのバスを使ってスイミングに行くのに、出る間際になってバスに乗るにはお金がかかる、いくらかかるのだろうと迷って、途方に暮れて、スイミングスクールのバスの発着所に行くのが遅れて行くことができなかった。
せめて、初日くらい、時間を合わせて送ってあげられるようにできなかったものか・・・。
と、自分をとっても責めたわけなのだけれど。

お金はもう払ってあるからかからないよ。大丈夫だよ。
そう安心させることばかり。
一緒に居ないで動く時には、きっちりきっちりシミュレーションして困りそうなところ迷いそうなところをできるだけつぶして送り出すことが必要なのに。

そこのツメをしっかりできなかったから、帰りの手段でぷうちゃんが困ることになったんじゃないか。


ぷうちゃんは、自転車のお友達と一緒に歩いているのだろう。
瞬時にそう思い浮かべて、ぐずぐずと自分を責めていたけれど、

二度目の電話がかかり、バスが出発後にさらに周辺とロッカールームとを探し直したけれど居ない、との連絡。

もし、「本当に居ない」のだとしたら。

プールの底に沈んでいる?(あれだけスタッフが居てそれはない)
良からぬ人に連れて行かれた(警戒心の強いぷうちゃんがそれはない)
ひとりで歩いて帰ろうとして迷子になっているのでは(それはあるかもしれな)
具体的にどうとは想像しがたくとも良からぬことが起こっているのではないかと気が気で無く。

むむちゃんも自宅でスイミングクラブからの連絡を受け、心配していた。
連絡を取り合いながら、どうか無事に帰宅して、と祈った。

むむちゃんから「ひとりで帰ってきたよ」の報に脱力。

本当に良かった。無事で良かった。
あれやこれやの怖いことが、想像だけで済んで良かった。
膝から力が抜けるようだった。

帰り着いて出てきたぷうちゃんに、「帰りの方法わからなくって困ったでしょ、どうしようって不安になったでしょ、ママがちゃんと言ってなかったからごめんね。」と謝った。

ぷうちゃんは、「ひとりで」帰ってきた。その前の週に自転車で送り迎えをした道順通りに帰ってきたそうだ。どこかで迎えに来るママと会えるかな、と思いながら、行き違いになったらいけないな、と思いながら。

自転車では、車通りの激しい大きな道ではなく、通学路のような道を選んで走っていたから、よく途中で道に迷わなかったな。感心しながら、迷子と紙一重だったことに、背筋を汗がつたった。

「心配だったよね、怖かったよね、ママなかなか来ないなーって思ったよね。よくがんばって帰ってきたね。ほんとにエラかったね。むむもママもいっぱい心配して、無事に帰ってきてくれて、本当に安心して、すっごく嬉しかったよ。あぁ良かった、本当に良かった。」
言葉を尽くして、ぎゅうぎゅう抱きしめた。

ぷうちゃんはちょっと照れて、「そんなに心配されるとうれしいなぁ」と笑った。
そう、それでいい。こんなときに、平気なフリなんかさせてはいけない。


ぷうちゃんの注意力と、観察力に救われたけれど、これは「ひやり・ハット」だ。
私自身の注意力が落ちていることへの警戒信号だ。
もっと、丁寧に暮らさなければ。


時間に追われている気分に負けてはダメ。慌ただしいような気分に負けてはダメ。
流されるんじゃなくって、そういうときほど立ち止れる強さを持つんだワタシ。

by shiho_kato | 2017-04-06 21:02 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)