むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

太平洋に寄せる波

海へ。

太平洋だ。
なんてたってここは九十九里浜ですもの。
d0134102_16114189.jpg
3年後のオリンピックの会場に決まったけれど、泊まるところは少ないし、駅からの足の便も悪い。
お店も少ない。コンビニも数えるほどだ。
どうするんだろう。
これから何やらそれらしく開発されるのかしら。


勇んで出かけた海は台風の影響で、遊泳禁止の赤い旗。
ライフセーバーの方々が、「遊泳禁止、入るのも膝までです」と、
監視の目を光らせてくれている。

寄せてくる波が高くて強い。
飲み込まれたら・・・想像するだに怖くて、眺めるだけ。

膝までで、良かった。

膝までだよ、と言いながら、波打ち際で波と追いかけっこする子どもたちを後ろから眺める。

足にさわりもしない波が、一気に膝まで飲み込んでいく。
d0134102_16123822.jpg
怖い。。。。

もし、転んだら。
もし、波にとらえられてしまったら。

駆けつけて、つかまえて、引き戻すことができるだろうか。

そのシミュレーションばっかりをしながら、
荷物を直ぐに放り投げて駆け出せるように、持ち替える。


子どもたちは楽しそう。

私が怖がりで臆病な想像をしすぎなんだ、と言い聞かせる。
怖さと戦うのは私。
だから止めて、とは言わない。


自然は、偉大で、恐ろしくて、だから畏れ多いものだっていうことを、私は私なりに、子どもたちは子どもたちなりに理解していく時間。


ただ波に打たれている時間を、「あぁ、楽しかったねっ!!!」と連呼する。

良かった。

たとえハラハラする時間であっても
夏の思い出ひとっつ追加。


by shiho_kato | 2017-07-28 17:11 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)