むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

村山早紀『百貨の魔法』

本屋大賞の候補作になった『桜風堂ものがたり』の姉妹作。
d0134102_20575807.jpg
月原一整が勤めていた書店が入っていた百貨店を舞台にした物語。
デパートではなく、百貨店。

百貨店の中に入るお店それぞれに、それぞれの物語を有していることを教えてくれる。


こころみに、白猫を用いないでこの物語をトレースして書き直してみたら、きっとすごうくいい小説になるような気がした。

村山早紀の小説はほわんとあたたかい。
木枯らしの吹く、染み入る寒さに負けそうになるこの季節に読むのに、ぴったりだ。



by shiho_kato | 2017-11-15 13:01 | 読書ノート | Comments(0)