むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 09月 01日 ( 1 )

9月1日

8月31日は、むむちゃんの部活もお友だちとのお出かけもなく、ぷうちゃん、むむちゃん、ふたりで一日過ごした。

夜、翌日9月1日から始まるニ学期の用意をする。

今週は月曜から、二学期の準備モードに私の気持ちが向いていたので、
二人の持ち物や宿題も早め早めにチェックして、用意していた。

31日は、最終確認のみ。
落ち着いて過ごせる31日で良かった。

むむちゃんも、ぷうちゃんも、
ここに来て、学校に行くのが楽しみだという。

友だちに会える~~!!(む)
友だちと思いっきり遊べる~~~!!(ぷ)

特に今週は、ぷうちゃんはスイミングとテニス以外はひとりでお留守番の週で、
ひとりの一日は長く、不安と退屈とで、辟易していた模様。

3人の中で、9月1日を厭うているのは私だけでした。

・・・・・・
9月1日、子どもの自殺が増える。

図書館においで

動物園もいいよ

フリースクールがあるよ。

それらのメッセージがあふれる新学期前。
チャイルドラインで働いていた頃に発信した新学期ハザードは焼け石に水のような一滴だったけれど、
いまは、当たり前のように社会が知るところとなり、あぁ、理解は進んできたなぁ、と思う。


私は、個人的には、世の中がせーのではじまる9月1日に、ものすごくエネルギーの要る「逃げる」よりも、静かにそっと闘わずにやり過ごしたいと思う。
ちょっと熱が、、、とか、ちょっと頭が、、、とか。
私にとっては、家の中が、安全で安心な場所だったから。

図書館に、とか、動物園、とか、フリースクール、とか、じゃなくって、
今日は休めばいいじゃない、で、済むのがいちばんだった。

「フリースクールがあるよ」って勧められて、息苦しく思ったのを覚えている。
どこにも行きたくない気持ちも、大事にしてね、って思う。

でも、家庭が安全で安心な場じゃない子どももいるものね。

名もない場所が、居場所になればいい。
図書館も動物園も象徴でしかない。
おばあちゃんち、お隣のおうち、◆▽×さんち、選択肢が増えることと、学校や家庭たそういった場所のあちこちをそのときどき気ままに選びながら過ごす子どもの割合が増えることで、ずいぶんと風通しは良くなるのは間違いない。

8月30日の朝日新聞の声欄に掲載された投稿に、おもわずほくそ笑んだ。
d0134102_18225338.jpg

そう。これこれ。
楽しく過ごす時間でいいじゃないか。
もしも、むむちゃんぷうちゃんが学校に行かなくなったら、一緒にやりたいことがたくさんある。見たり、聞いたりしたいことがたくさんある。一緒にお出かけしたい場所がたくさんある。一緒に学びたいことがたくさんある。
生計を立てるために仕事を辞めるわけにいかなくて、叶えられないのが惜しいくらい。


今日は季節外れの涼しい風が吹いている。
気持ちよく、一日を過ごせますように。
明日はまた、週末だから、ね。

by shiho_kato | 2017-09-01 19:41 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)