むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 09月 11日 ( 1 )

ほしおさなえ『活版印刷三日月堂 2 海からの手紙』と、あまんきみこ『車のいろは空のいろ』と、朗読と。

川越の活版印刷屋さんのお話。
今回のメインは、朗読だった。

あまんきみこの『車のいろは空のいろ』って、短編をたくさんおさめたシリーズものだったんだということを、恥ずかしながらはじめて知った。

教科書にある「白い帽子」(帽子の下のちょうちょが夏みかんに変わるお話)は、その一篇だったんだ。

全編読みたくなって、さっそく図書館から借りてきた。
d0134102_20170926.jpg
目で読むだけではなくって、声に出して読みたいなぁ。

私は本を読みながら声を音を聞いている。
書かれている日本語が美しいと、なめらかに流れる読み声が聞こえてくる。
そういう文章に出会えると幸せだ。


朗読は、いつかちゃんと習ってみたいことのひとつ。
やりたいことは、できるだけ先送りしたくないのだけれど、今はいっぱいいっぱいだからなー。

ぷうちゃんに、最後に寝る前に本を読む習慣は二年くらい前におしまいになった。
今更だけど、寝る前に少しずつ読んでみようか。今でも、聞いてくれるかな。


by shiho_kato | 2017-09-11 09:57 | 読書ノート | Comments(0)