むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

青空の下、子どもたちと駆けたり跳ねたり転がったりしつつ考える、この国、この社会。


ぷうちゃん、むむちゃんにいざなわれて、砧公園へ。

なわとび、野球、サッカー、バドミントン、自転車、フリスビー。
どれもこれも少しずつ遊んで、遊びまくって。

休日は、父宅で過ごす子どもたちの
休日の過ごし方を知らない母である私。

外でこんなふうに遊ぶんだなぁ、
こんなことができるようになったんだなぁ、
どれもこれも新鮮な発見ばかり。

ぷうちゃんは、サッカーより野球が好き、らしい。
球技は割と器用にこなす。
d0134102_23332888.jpg


d0134102_23332842.jpg


むむちゃんは、体を動かすのは得意だし好きだけれど、
野球も、バドミントンも、けして器用にこなす方ではない。
縄跳びなんかは、ぴょんぴょん上手に跳ぶ。
d0134102_23332896.jpg


そして、むむちゃんは、ぷうちゃんが器用であることを肯定しているあたりも、
ふだん見られない姿だったりする。

親なら知ってて当たり前?
では、ないことがそもそも前提にある、私たちの親子関係。
だから、めったにない機会は、
子どもたちは見て見てモードだし、
私は見せて見せてモード。
d0134102_23332868.jpg

d0134102_23332883.jpg

貴重な貴重な時間なので、
なおざりにぼんやり景色と共に過ぎることなく、
胸に焼きつくのです。
ぷうちゃんの自転車に伴走しつつ、
私もジョギング気分で公園の中を走って、
ポジティブに考えよ〜!と、思ったわけです。
d0134102_2333288.jpg



お昼を食べて、場所を移し、
貝塚公園で「かくれんぼ」
ぷうちゃんは隠れるのも、探すのもうまい。
むむちゃんは案外、不器用。
これもまた、発見。
はやく見つけてよ〜、の気持ちをこらえて、ぷうちゃんが耐えられる、とか。
むむちゃんはちょこまかちょこまか、策を練って動きすぎて見つかっちゃうとか。
そして、私はかくれんぼが得意、とか。

d0134102_23332874.jpg

d0134102_23332846.jpg

d0134102_23332851.jpg

d0134102_23332885.jpg

d0134102_23332867.jpg

d0134102_23332835.jpg

平日は夕方以降、定刻どおりに寝るために、
一日のことを片付けていく時間。
TVとか、DVDとか、漫画を読んだり、絵本を読んだりとか。
特にDVDを観たがるふたり。

でも、休日は、
いつまでもいつまでもお日さまの下に居たいよ〜、
帰るのやだよ〜、DVDでもつられないよ〜!
なんだか、ホッとした。

**********
学校週6日制に戻すなんて冗談じゃない。

平日の夕方に疲れていて、
休日はこれだけ遊んでも生き生きしてる。
自由に遊ぶのが大切な子どもたち。
その子どもたちの意見も聞かず。

教員は労働時間がおのずと増える。
その教員たちの意見も聞かず。

教育って、国策なんだな。
教育の現場じゃなくて、国の政策観点で
直接動かされる安易なセクションに位置付けられているんだな。
「ゆとり」とか準備時間の不足の転換は、
反省も検証も修正も調整もなされずに簡単に覆ったり。
その中に育つ子どもの育ちの責任は、国はとらないんだということを
よく学んだ。

それを学習したうえで、
むむちゃん、ぷうちゃんの学齢期の間に、週6日制になったら、、、。
私に何ができる?
「休みたかったら、休んでいいよ、遊びたかったら、遊んでいいよ」
と、言うことはできても、
それはとどのつまり、子どもたち個人に制度や社会と闘わせることでしかない。

子どもを大切にする国に、どうしたらできるのかな。
子どもたちがのびのびと日々を過ごせる国に、どうしたらできるのかな。

子どもたちと過ごす休日が教えてくれる。
この国の、この社会の、思慮の浅い恐ろしさと、
この私という一個人の、もろさ。
by shiho_kato | 2013-04-29 23:33 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

「蝶々喃々」に引きづられ、根津つつじ祭りに夕焼けだんだん。

小川糸の『蝶々喃々』を読んで、
根津、谷中に行きたくなり、
今は根津神社のつつじ祭りの真っ最中じゃないか
5月6日までじゃないか、いつ行けるだろう、
と、思い始めたら、お休みごとに、そわそわ。

もう、行かずには終われない、この休み、という気分になり、
夕刻、根津神社へ。
d0134102_23303781.jpg

d0134102_2330378.jpg


10数年ぶりになってしまったお根津さん。
つつじ祭りのお茶席のお手伝いをしたのを最後に。
お祭りの主役のつつじたちは、満開を迎えた箇所もあり、これからの箇所もあり。
お稲荷さんの朱い鳥居はこんなだったかな、等々、記憶をなぞる。

d0134102_23303719.jpg

d0134102_23303752.jpg

ちょうど良い時間、夕焼けだんだんだ!
谷中銀座も歩いてしまえ!

日曜でお休みのお店もまばらにある商店街を抜けて、
夕焼けだんだんにたどり着いた時には、
夕焼けには少し遅く。
それでも逆光の残す階段をパチリ。
黒猫が横切ったりは、カメ女じゃないので、撮れませんでしたが。
d0134102_23303662.jpg

根津にはお茶の先生や先輩のお宅があり、
ほぼ毎週、通っていた場所なのに、
小さでステキな(こじゃれたって死語じゃない?)お店がたくさん増えていて、
死んでゆく商店街もあれば、生き返っていく商店街もあるんだ、
ここは生き返ってきたんだなぁ、と、しみじみうれしい気持ちになる。

昔からのお店もそれで息を吹き返しているようで。
丁寧に一軒一軒ひやかして歩くようなのんびりお散歩ではなかったけれど、
久方の根津界隈の記憶の地図を描き直して、満足。

もう少しゆっくりと訪れる日があると良いなぁ。
軽装の着物でも着て。
『蝶々喃々』に書かれているお店の地図を片手に。

宿題、もひとつ終えた気分で夕焼けにさようなら。
by shiho_kato | 2013-04-28 23:30 | マラソン、かるたノート | Comments(0)

新緑の中、『RDG』、武者修行なり高尾山。のはずでした、が・・・。

山登りって、久しぶりだなぁ〜、大丈夫かな・・・。

と、どきどきしつつ、あれとこれと、と、準備をしていて、
不意に、
「あ、最近のぼったばっかりじゃん!
ぷうちゃんの遠足で登ったじゃ〜ん!」

一気に気合が抜け、
バナナは持っていくのはやめて、
お弁当と、飲みものと、あめちゃんと、チョコレート。
これで十分!
そして、メガネだ。

身軽になって、山に向かったわけです。
d0134102_23263598.jpg


『RDG』に影響されて、高尾山にのぼりたい!熱を高めたゆえ、
ちゃんとお詣りしなくちゃね、とオーソドックスな本堂を詣でるコース。

行楽シーズンの山登り渋滞。
ディズニーランドの待ち時間のような・・・。
足元はコンクリや、ウッドデッキの木組みのような固められ方をしていて、
まぁ、親切!
d0134102_23263580.jpg

d0134102_23263525.jpg


でもでもでもでも、ちっとも『RDG』の山伏の修行の地のかけらも感じられな〜い!
山頂でのお弁当は、お花見とか、運動会とかの場所取りさながら、
所せまし、で、これまたディズニーランドさながら、食べたら早めに場所を開けましょう。
な感じでございました。
d0134102_23263557.jpg

下りは、ひたすら山道オンリーお茶屋なども無い道をチョイス。
こちらは山気分を味わえる、木々の緑を天にかまえ、
木の根にひっかからないように気をつけて歩く、
でこぼこした道でした。
すべらないように、転ばないように、気を付けるセンサーをスイッチオンにし、
準備していた覚悟をようやく用いることができました。

人も上りの道の2割程度に減って。
かなり急な下りの場所もあったりして、渋滞の上り道は興ざめだったけれど、
この下りの道を上ってきていたら、きっと帰りはケーブルカー利用だったわ、
と思ったり。

d0134102_23263564.jpg

山を無事に降りたら、
フラダンスショーをやっておりました。
行楽シーズンの行楽地に来ているんだ〜。納得。

d0134102_23263574.jpg


うむ、山に登るなら平日でしょう、
そして山のチョイス、コースのチョイスも含め、
保育園の遠足に同行がよろしかろう、と悟ったのでございます。

とにもかくにも、高尾山制覇!!
たっぷり森林浴で、
マイナスイオンを吸い、
パワースポットでパワーを得、
山伏修行の地を踏み、
宿題ひとつ終えた気分!
by shiho_kato | 2013-04-28 23:26 | マラソン、かるたノート | Comments(0)

卓球と、マラソンと、老いたる先の楽しみと。

教員の組合の懇親のスポーツ大会で、
久々に卓球をしました。

ラケットを握ると血が騒ぐぜ〜、みたいな。

スポーツの競技の種類が卓球だってわかっていたら、
マイラケットもってきたのに。
d0134102_1644021.jpg


球を打ち始めると、気持ちがいい。
速い球、低い球はなお。

10代の6年間を費やしてきたものというのは、
体にしっかりしみついてるものだなぁ、とつくづく思う。

勘が戻ってくる前に時間は終わってしまったので、勝ち負けはさながら
(それでも2位に入賞させてもらいました)
いつまでも、打ち続けていたい気持ちになる。

そして、ちょっぴりの筋肉痛を右手に覚えつつ、
手がうずうずするのです。
打ちたい、ボールを打ちたい、うち返したぁい!!!
時々起る衝動的な卓球願望。

********
先日池上マラソンで3.5キロを楽に走れたのに気をよくして、
もちょっと長い距離を走ってみたいなぁ、と狙いを定めて、
その後も朝のランニングを続けていたりする。
疲れているときは短めに。

お休みの朝はちょっと長めに。

今朝、走りながら、
卓球のすぶりの衝動に駆られながら、
あぁ、70歳になった私は、
こうして毎朝走って、
月に1回マラソン大会に出て、
週に2回卓球をして、
平日は子ども文庫を開いて、
可能であれば、書道の師範の資格をとって、
週に1回くらい、書道教室も開いて、
みたいな、生活を送れていたら、幸せだなぁ、
と、そんなイメージがふってきたのです。

旅行三昧とかじゃ、ないらしい。
縁側でお茶とかでも、ないらしい。
市民活動三昧でも、ないらしい。

で、そのまま72歳か74歳くらいで、
元気なまんま、さようなら、をする感じ。

体は強くないけれど、
そんなエンディングを送れたら、幸せだ。
そんなおばあちゃんになることをイメージしながら、
こつこつと、日々を生きよう。

次なるマラソンのチャレンジは、10キロコース。
公式の大会では未知の距離。
(公式の大会そのものが、今年からのチャレンジなので、未知ばっかり)

いくつになっても未知があり、未知の後には道がなる。
by shiho_kato | 2013-04-27 16:44 | 私ノート | Comments(0)

桐野夏生『ハピネス』を読む

d0134102_1337599.jpg

入学前の子どもたちを育てるママたちのお話。
ママ友、とか、公園デビューとか、セレブママ、とか、
そういうの。

桐野さんがどうえぐるのか、楽しみにしながら読んだ。

似たような状況を描いた小説はたくさんあるし、
エンディングもすっきり完璧ハッピーエンドではないのだけれど、
上手だなぁ。

読み終えてすがすがしい気持ちになる。


飾りじゃないのよ、涙は〜♪
の、「涙」を、「子ども」とか、「夫」とか、「家」とか、「家族」
とかに読み換えて歌うと、ぴったりくる。

すがすがしいのは、ヒロインの有紗が自らの足で立ち、
自らの意思で、断ち切ったり、つき合ったりを決めていくように
成長というのか・・・それがいちばんすがすがしい生き方だと、
学んでいくからなのだろうな。

『マザーズ』の後味があんまりに悪かったので、
ここで引き合いに出しても仕方ないのだけれど、
作家としての器が違うのね、と、心の中で一言つぶやく。
by shiho_kato | 2013-04-26 21:37 | 読書ノート | Comments(0)

ぷうちゃんに学ぶ地球の歴史、恐竜の歴史、子どもとの今

少し前までむむちゃんが百人一首にはまっていたのと同じ勢いで
ぷうちゃんが恐竜にはまっている。

(むむちゃんの「ちはやふる」熱は一時期に比べじわじわ下がり気味)

ぷうちゃんが恐竜の絵本
黒川みつひろの「トリケラトプス」シリーズや
http://www.ehonnavi.net/author.asp?n=2202
宮西達也の「ティラノサウルス」シリーズから、
http://www.ehonnavi.net/author.asp?n=1167
恐竜の図鑑系に移っっていった。

(ちなみに、宮西達也の『おまえうまそうだな』とか
『であえてほんとうによかった』とか
『あいしてくれてありがとう』とかは、涙なしでは読めない)

そのあたりから、
本格的に恐竜オタクの卵へと突き進んでいる。
DVD付の図鑑をプレゼントしてからは、
保育園でも予習復習を欠かさず、
縞の模様やら、棘の具合やら、しっぽの様子やらにはじまる
私には苦手なカタカナばかりの恐竜名を次々と教えてくれる。


◎億年前って、どのくらい前?とか、
30メートルってどのくらいの大きさなのかとか、
本当に、今は生きていないのかとか、
どうして、あんなに大きいのに全部死んじゃったのかとか
生きていないのに、どうして色がわかるのか、大きさがわかるのか、とか、
どのくらい葉っぱを食べたのかとか、
その時、ほかの動物はどんな動物が生きていたのかとか、
「ほろぶ」ってどういう意味、とか。

いわゆる素朴な疑問と、基礎知識、特に言葉の表現や
数や大きさの概念のアンバランス
から問われる質問に、苦心している。

30メートルは、むむちゃんが運動会で走るまっすぐの距離だから、
むむちゃんの小学校の校舎くらいの大きさの恐竜だとか、
保育園の一階くらいとか、二階までかな、とか、
1メートルはぷうちゃんとおんなじくらい、とか。
(「30メートルはぷうちゃんが30人分くらい」とかいう説明では、
??????????が頭いっぱいに浮かんでいた)

おかげで、思いがけない頭の体操。

そういえば昨年恐竜博が幕張メッセとかでもあったようだけれど、
最新の情報は日々更新されているらしい。

恐竜が滅んだ理由は諸説あるが、不明、という状態から、
隕石が地球に衝突したことにより、
300メートル級の津波が押し寄せ何もかも飲み込み、
太陽光をさえぎる物質が中空に一年余り漂ったために、
地上が冷やされた、とかいうあたりの「隕石衝突説」が最も有効だそうだ。

そして、ティラノサウルスには羽毛が生えていた、
という説も新説?であるよう。
そのイラストが図鑑等によって、さまざまであるのが面白い。
赤ちゃんティラノにのみ、背中を覆うように羽毛が生えている図もあれば、
大きなティラノに、モヒカンのように羽毛が生えている図もある。

あ、そうそういわゆる骨格を持つ恐竜のような生き物が発生した時代を
「中生代」というそうだ。
「古生代」は骨格のないふにゃふにゃの生き物の時代。
「新生代」は、その隕石衝突後の今にも一続きにつながる時代。

こんなこと、学校で習わなかったなぁ。

そして、これらの知識を増やすのに、ぷうちゃんの子ども図鑑系に
不足するものに関しては、
VIVA男子校図書館、という感じ。昨年の恐竜博の頃のニュートンムックに、
もっとも新しい情報あり。
d0134102_1333393.jpg



保育園のまわりのお友だちには、
特に男の子たちには、鉄オタがいたり、虫オタがいたりして、
その親たち、ことに母たちは、この期にはじめて、
それらの知識を増やすことになるのだろう。


うむ、なかなか面白い。
そして、今だけだろうな〜。
小学校の高学年くらいになって息子君がはまっても、
それを補うようには一緒に学んだりしないだろうな。
だって、30メートルがどんな大きさか、聞かれることはないだろうから。
それにアンキロサウルスがどんなに強いか、
スーパーサウルスやアルゼンチノサウルスがどんなに大きいか、
嬉々として、母に報告などしてこないだろうから。

貴重な子どもとの「いま時間」。
by shiho_kato | 2013-04-26 21:03 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

自然との共生、花粉との共生、アレルギーとの共生

先週水曜日に採血をして行ったアレルギー検査の結果が、
今週水曜日に出た。

13項目中、6項目が該当し、
かつ、100を基準値とすると270という値を示している
先生曰く、重症ですね、とのこと。

白樺、杉、ハンノキ、ブナ
ついでにハウスダストとダニも。

ほぼ通年ですね。とのこと。
むむむ。。。
d0134102_13393216.jpg



いったいいつから・・・?
おそらく、すてに3,4年にわたる付き合いにはなっている。
もしかするともっと長いかも・・・。

特に5月、特に11月にボックスティッシュが手放せない。
でも、目がしばしばしたりすることも、頭がぼーっとすることもなく、
鼻水をかめばいいのです。
眠れないのは結構ダメージになるので、眠れないくらいの鼻水で
病院に足を運んだのは去年の春と秋に一回ずつ。

とにかく、何に原因があるのかわからぬままに、
長らくお付き合いを続けてきたわけです。

今回、飲み薬と点鼻薬(噴霧薬?)を処方してもらったので、
ボックスティッシュとは相変わらずお友だちだけれど、
減り方は遅くなりました。


植物も、森も、山も、大好きなので、
箱ティッシュ片手にお付き合いできればいいや。

毎日お掃除している気力も時間もないので、
ハウスダストともほどほどのお付き合いできればいいや。

これもまた、自然との付き合い方なのだろう。
これもまた、生活のやりくりの範囲なのだろう。
その範囲におさまるくらいのアレルギーであるのなら、
自分をいたわる理由をひとつ増やして、
私のブレーキの壊れた車にブレーキをつけてもらったようなものだろう。

というわけで、なんだかとっても長生きしそうな予感がしてきました。
あぁ、それがいちばん恐ろしい。
by shiho_kato | 2013-04-24 13:39 | 私ノート | Comments(0)

空気の粒子、色の粒子、匂いの粒子。

d0134102_10114670.jpg

昨日は近くの効率図書館まで
ちょいとお使い。

高気圧の晴れた青空のもと、
色鮮やかな小川につつじにあやめにフリージアにすみれ、パンジー。
色鮮やかな遊歩道を歩いた。

今日は低気圧の雨の予報。
家のドアを開けると、ジャスミンの香りが甘く濃く匂う。

高気圧の細かな粒子は色を
低気圧の大きな粒子は香りを
とじこめて大気に運ぶ。


*****
とかいう説は私が勝手に五感で感じて立てたもの。
科学的に正しいのかどうかは、さておき。
by shiho_kato | 2013-04-24 10:11 | 読書ノート | Comments(0)

毛利甚八『家裁の人』1〜15巻 読破

d0134102_13564272.jpg

公民の先生が授業で使用したコミックを寄贈してくれました。
早速配架して、毎日毎日毎日、コツコツ読んで読破。

子どもの成長、人の成長を、植物の中に見出して
芽吹くのを待ったり、
日の当たり方、水の加減、
他の植物との共生等々、
静かな観察から育つことをとらえていく裁判官の桑田さん。

人間が生き物であり、植物とひとつづきであり、
だから風の音、光、水、空、太陽、草、花、木を
そっと観察することが日常に織り込まれる状態で
安定は保たれると信じている私には、
この桑田さんは、同士のような存在だ。
(桑田さんほど、極めていないのですが・・・)

こんなキャラクター設定ができる懐の深いコミックに出会うと、
「家裁」という場を信じてみようかな、という気になる。
裁判官も、調査官も人であり、考えに考え抜いて、
これからをどう生き直せるか、に思いを寄せて、
人を裁く場に身をおいているのであれば、
「家裁」という場を信じてみようかな、という気になる。

実際は、もっと希望のない、もっと節操のない、もっと温かみにない場で
あることが多勢であることも、知っているけれど。

それにしても、これを題材にしながら、
どのような授業を展開されたのだろうか。
その授業を受けてみたいな。
受けてみたかったな。
受けた生徒たちは、裁判官という仕事を、弁護士という仕事を、
どのようにとらえて、社会に出て行くのだろう。


花を植えてみた。
枯らさずに夏まで咲き続けてくれますように。
by shiho_kato | 2013-04-23 13:56 | 読書ノート | Comments(0)

小川糸『蝶々喃々』唯川恵『てのひらの砂漠』大沼紀子『ばら色タイムカプセル』

女性の作家3冊一気読み。

小川糸を読んで、
根津、谷中、千駄木に行きたくなる。
ストーリーの展開は相変わらず強引で首をかしげたくなるのだけど、
この人はディテールの描写に魅力がある。
小説より、随筆の方がひとを引き付ける作品になるのかも、と、思いながら読んだ。

あぁ、根津神社のつつじ祭りに行ってこようかな、と思う。
*********
d0134102_1331531.jpg

唯川恵は、ほとんど読んだことのない作家。
今回は女性のシェルターとかのことが出てくるというので、読んでみた。
角田光代の『八日目の蝉』に書かれるシェルターらしきものが、
新興宗教(≒洗脳、資金吸い上げ)団体であったのに対して、
こちらはも少し、それらしく書かれている。

どうして、どちらの小説でも、
シェルターから、社会復帰のためのステップハウスに進み、
その先で「女性だけの農園」になっていくのだろう。

梨木香歩の若い未婚の母のお話し『雪と珊瑚』でも、
農園と無農薬野菜のカフェのお話。

農場にそういう付加価値を載せて女性と結ぶことに
トレンドがあるのだろうか・・・。

*********
d0134102_1331584.jpg

そして、大沼紀子。
一気に読んだ三人の中ではいちばん若手。
『真夜中のパン屋さん』シリーズの作者。

パン屋さんも少女が主人公だけれど、
この作品も13歳の家出少女が房総の高齢者の施設で働くお話。
大沼作品は、母と娘の葛藤がメインテーマになる傾向あり。
べたっとしてないのが好き。
葛藤を蹴っ飛ばして、スカートで壁を乗り越える勢いで、
えいやっと前に進む勢いみたいなものがある。
そして、何やら、結局はあたたかい。


3作読んで、今は少年少女系や社会小説系かなぁ、
べたっとした大人の恋愛とかはいいや、
という気分らしい、ということに気付いた一気読み三作でした。
by shiho_kato | 2013-04-21 13:31 | 読書ノート | Comments(0)