むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

「子どもの貧困対策法」の成立目前。法律とは何か。

子どもの貧困にかかわる法律ができることを目指して、
「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークで、活動を進めてきた。

「子どもの貧困対策法」は、
今国会のさなか、春頃より各党共に
議員立法を目指して法案を練られてきて、
昨日ようやく衆議院の厚生労働委員会であげられ審議に入った。

審議入りさせ、とにかく法律が制定されることを第一に、
その内容について実効性あるものになることを第二に、
この間、急ピッチで、市民として熱望の動きがあることをしめし、
議員、政党への働きかけをし、
内容にこれだけは入れてほしいという要望を出し、等々。

昨日の厚労委員会を経て、明日決議される向きがぐっと強まっている。

悲願と言えば、悲願の法律化。
「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークの発足当初より掲げてきた
目標の大きな一つの達成となる。


なぜ、法律なんだろう・・・・。
たちどまって考えている。


法律は、何を意味するのか・・・。

法律の制定の動きに、ほんの少し仕事における立場上、
関わることができた、虐待防止法やDV法の成立過程と、
法律のできる前と後のことを、思い起こしていく。


あぁ、そうか。
法律は、社会的認知なんだ。

児童虐待は、社会にあってはならないものです!と、宣言したものが虐待防止法であり、
DVは、社会にあってはならないものです!と、宣言したものがDV法なんだ。

子どもの貧困は、この社会にあってはならないものです!と、いまようやく認められようとしている、ということなんだ。


虐待防止法のできる前、親のしつけに暴力があることはどこかやむを得ないように受け取られていた。
虐待で子どもはかわいそうだけれど、親のすることに口出しはできなかろう、という雰囲気があった。
そんな社会に、世間に漂う雰囲気を、「ダメなんです」と言い切ったのが、法律だ。

DVは、男女の愛情の在り方のひとつのように受け取られていた。
カップルの間の、夫婦のことに、周囲が口出しするのは、ちょっとね、という雰囲気があった。
言葉の暴力も、肉体的暴力も、性の強制も、「ダメなんです」と言い切ったのが、法律だ。


子どもの貧困、戦時下は、戦後は、もっと貧しくて、食べるものも着るものもなかった、
それに比べれば、100円ショップの服だって、文具だって、ファストフードだって、
手に入るんだ、学校だって行けないわけじゃないじゃないか、
あのころに比べれば、あるいはアフリカの飢餓とかに比べれば、ましじゃないか。
みたいなことは、いまだにとっても言われることだ。


同時代に、同じ社会の中での差異をもって貧困を測定する方法で定義するのが
「相対的貧困」というものだ。
日本の子どもの貧困率は、2009年以来、その「相対的貧困」を指標としている。
現在の日本の、その差異を図った「相対的貧困」の割合は子どもで6人に1人。

必死にとりつくろって、衣食住を満たすためのトリプルワーク。
修学旅行にみなと行くために、食事を電気をガスを削って、お金を作ったり、
同時代を生きるみなに置いて行かれないための死に物狂いの努力がある。
義務教育後の進学をあきらめて就職したり、
病気になっても病院にかからないようにしたり。
それら親の努力も、子ども自身の努力も、ひとつひとつが、
「生きているだけでお金がかかる」
「生きていない方がいいのかもしれない」
自己のこの社会への存在を否定する意識をおのずと作っていく。


子どもの貧困は、この社会にあってはならないものだ、
法律は、そう宣言するものだ。

あのころに比べればいいじゃないか、
貧しい国の子どもに比べればいいじゃないか、
そういう言説を、真っ向から否定して、
「相対的貧困」の割合に入る子どもたちを減らしていかなくてはならない、
と宣言するんだ。



*************

大阪の母子の餓死は、孤独死として報道されている。
誰かに助けを求められなかったのか?
助けを求めるためには、エネルギーがいる。
助けを求めたときに、助けを得られるだろうか、という葛藤ののちに、
得られるだろう、と思えたときに、SOSは発信できる。
私など助けを得られる価値がない・・・と、
自己否定の気持ちが強ければ強いほど、
SOSは発信できない。
貧困化におかれればおかれるほどに、助けてと言えなくなるんだ。


自分の親にだけは、お金がないことを相談していたという母。
そこが精いっぱいだったんだろうと思うと、悔しい。


彼女たちの死は、餓死であり、
文字通り、経済的に食べるものを得られないが故の死だ。
母子の、「子」に焦点をあてれば、子どもの貧困による死だ
そして、これは相対的貧困、どころか、絶対的貧困、だ。


子どもの貧困対策法ができたとしたら、
この母子の死は、
この社会にあってはならない子どもの貧困があったという事実。
それを無くしていかなくてはならないんだ、という公的責任に、結びついていく。
結びつかせなくてはならない。

当事者がSOSをうまく発信できないときに、どうやって見つけていくか。
見つけていく方法も、また問われる。


稀有な、特別な、特殊な母親と、子どもの、
他に類を見ない事件の一つとして、
片づけられてはならないんだ。
by shiho_kato | 2013-05-30 18:41 | 社会&地域&子どもノート | Comments(0)

梅、梅、梅、梅、梅に囲まれ梅雨入り

d0134102_7422438.jpg

d0134102_7422468.jpg

d0134102_7422456.jpg

d0134102_7422412.jpg

梅をいただいた。
保育園のお友だちから2キロ強
勤務校から2キロ強。
今年は梅に恵まれています。

梅酒も梅ジュースも、ましてや梅干しも作ったことのない私。
梅加工初体験!

保育園で梅ジュースを作ったばかりのぷうちゃんが、
梅のより分けから、ヘタとり、プツプツ穴あけまでを指導。
え、この斑点もダメなの〜。
なかなか厳しい選眼。
一日目に処理できた1.5キロ分を冷凍庫へ。
冷凍すると味の出がいいんだって。
二日目。凍らせた梅と氷砂糖を順繰りに入れていった。
汁になったらハチミツを入れるんだよ、
とのぷうちゃんの指示に、お砂糖をやや控え目に。
そして、再び、今日もヘタとり、プツプツ穴あけ、冷凍の作業。
むむちゃんの剣道の間、未来少年コナンのDVDを見つつ、二人で黙々と。
梅加工業に徹する今週。
さて凍らせた梅2キロあまり、どうしようかな?
またまた梅ジュース?
やっぱり梅酒か?
梅ジュースでつけ終えた梅はジャムにできるそうだ。
とか、梅三昧の日々のなか、梅雨入り。
by shiho_kato | 2013-05-30 07:42 | 社会&地域&子どもノート | Comments(0)

かくれパンダ

d0134102_5585578.jpg

d0134102_5585580.jpg

d0134102_5585558.jpg

d0134102_5585525.jpg

d0134102_5585546.jpg

d0134102_5585559.jpg

朝からぷうちゃんが、何やらこそこそ家の中を歩きまわっていた。

夜、ニヤニヤしながら近づいてきて、
「ママ、かくれパンダど〜こだ?」

かくれパンダ!(笑)

家中あちこちにパンダシール!
疲れ、吹き飛んだ。
by shiho_kato | 2013-05-29 05:58 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

むむちゃん、ぷうちゃん、語録覚書

*********
新聞の息子に失恋する母の記事を見ながら、
あぁあ、ぷうちゃんも中学生とか高校生になったら
「うざい」とか、「きもい」とか、言うようになるのかな、
とぶつぶつ、と私。

むむちゃんは「そんなこと言ったらむむがぶっとばす!」
ぷうちゃんは小さな声で「ぷうちゃんはそんなこと言わないもん・・・」

*********
子どもが自殺して残された親を取材し、
自身も3年前に息子が自死した姜尚中さんのインタビュー。

むむちゃんが、目をうるませながら、
「もしむむやぷうちゃんが死んだら、ママがスゴクスゴク情けなぁい悲し~ぃ顔するか
想像するだけで泣きそうになる」
ぷうちゃんは
「ママ、死ぬまで死なないでね。死ぬまで生きててね」

きみたちも、ママより早く死なないでね。

*********
むむがきれいに片づけてくれたよ~、とママ友から。
家も片づけてよ~。と言うと、
むむちゃん「人のお家を片付けるのはすっきりするけど、
自分の家は片づけてもすぐ散らかるから片付けないの~っ」

*********
お世話になったお友だちママさんが
「ぷうちゃんだけ、食べ終わった器とスプーンをキッチンまで運んできたの」

あぁ、ママが怖いからね~。と言うと、
ぷうちゃん「ママがよわいからだよ・・・」小さな声で。

*********
by shiho_kato | 2013-05-28 20:51 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

むむちゃんの運動会の一日

d0134102_005888.jpg

d0134102_005832.jpg

d0134102_005842.jpg

d0134102_005823.jpg

d0134102_005810.jpg

運動会は無事終了しました。

運動会の朝、むむちゃんは予定通り6時に朝食が食べられるように、
5時40分に起きてきて、6時半に一度お友だちに電話をかけ、
お友だちから用意ができたよ、の電話がかかってくるのを待ち、
6時45分には出かけていきました。

スタミナ切れが心配で、ゆかりのおにぎりを一個。
練習が終わって、学校に行く前に食べてね、と。

朝練は縄跳び。
音楽に合わせて縄跳びを跳びながらのダンス。
成果があったのか、できるようになったばかりの二重跳びを
何度か曲の中で見せてくれました。

そして、昨年転んで笑顔の下に悔し涙を隠した徒競走は
プログラムの最後から二つ目。
リレーの選手2人を含む男の子3人との4人の組で走り、
カーブでぐっと前に出て、
背中を見る位置からも、ゴールに1位で駆けこんだことがわかりまし
た。

もう言うこと無い。
ほんとに、えらいよ。

最後のプログラムは例年胸を熱くする6年生の組体操。
むむちゃんの心からの笑顔の後の組体操は
いつも以上に、胸にせまりました。

現在の校長先生になって以来、赤組が負け続けている、
という伝説?を覆して、むむちゃんの赤組も僅差で勝ちました。
むむちゃんとお友だち2人と4人での帰り道。
女の子たちは早朝からの練習と勝利とで
テンションがあがりすぎて笑い転げ、
女子トーク全開の道々でした。


ぷうちゃんは、運動会前から、未就学児のプレゼントレースを楽しみにし、
他の未就学児の子たちがかわいらしく障害物をくぐったりする中、
気合い120%でそれらをつっきり、ぶっちぎりの1位で満面の笑み。

運動会や、学校公開や、剣道の練習のお付き合いや、
長い時間をかけて少しずつ学校という空間に慣れて行ける二人目は、
やっぱり一人目より得だよなぁ。


くもりではじまった運動会。
気温も低めで過ごしやすかった。

保育園のお友だちだけでなく、剣道の子どもたちで知っている顔も増え、
どの学年の競技にも見つけたい応援したい顔があった。
その学年の大勢の中で見る姿は、いつも見なれている姿とは一味もふた味も違う様子。
それらも含めて楽しめました。

朝から一日外で過ごし、十分に心地よく疲れ、
運動会の一日を終えたのでした。
by shiho_kato | 2013-05-28 00:00 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

大阪天満の母子の餓死と、「誰も知らない」と、是枝監督のカンヌ審査員賞受賞と。

「誰も知らない」を観た。

ニュースで、大阪天満の母子の死亡は、餓死によるものだというニュース。

是枝監督がカンヌで、審査員賞を受賞したというニュース。

*******

およそ10年前に是枝監督の名を知らしめた
「誰も知らない」

実話を下敷きにしながら、
おとなに見捨てられた一室の中で、懸命に生き延びようとする子どもたちの姿を描いた。
主演の長男役を演じた子役の柳楽君はカンヌで最優秀男優賞を受賞し、
彼もまた、監督と共に時の人となった。


映画は、映画だけなのか?

話題性高く、観た人も、
観ていなくても内容を知っている人が
多い作品になった。


あれから10年あまり。
名古屋でも、大阪でも、こうして
子どもが餓えて死に続けている。

「誰も知らない」の中で、いちばん下の妹のユキが餓死したように。


不況の中でも、ものはこんなに溢れているのに。
一歩外へ踏み出せば、食べるものは溢れているのに。


それを手に入れらずに、飢えて死ぬ子がいるんだ。
たまたま、餓死している子たちは、
ひとり親の、シングルマザーの子どもたち。

育てられなかった母親のせいなのですか。


今回大阪で母子が共に死んだのは、2月だそうだ。

生活保護という手段へのパッシングが強まった時期。

パッシングがあろうがなかろうが、
生活保護受給者数は増えていて、
本来必要であるにも関わらず、こらえている人は
見えないところで増え続けてもいる。


************

映画が伝えたことは、
子どもたちはけなげで美しい、それだけですか。
子どもを置いて逃げた母親がひどい、それだけですか。

飢えて死なせてはいけない。
たくさんのシグナルをどうつかまえていたら、
ユキを死なせずに済んだのか。


映画や本や漫画やそれら文化の中には、
社会を見通す目を養う力があると信じているのに、
そんな力は育たないんだ、と、つきつけられているようで。


**************


働くことに、健康に、経済的に、少なからぬ不安を抱えている
シングルマザーとしての私自身。


むむちゃんやぷうちゃんが、飢えて死なないために、
彼ら自身が人を頼り、人に助けを求める力をつけること。
彼らの周りに、私を越えて、その命を支えんとする人の層を厚くすることだけだ。
元夫であったり、親族であったり、お隣の大家さんもしかり、
保育園や小学校のママ友、パパ友、先生方、友人、知人、どれもこれも。



**************

小さな表現としてまとまらない混乱と、
のどの奥につかえる塊を抱えて、
ひざに頭を埋めたまま丸くなってしまいたくなる。
負けたくなるマイナスの誘惑をふりきらなくちゃ。

今、仲間たちが懸命に動いている「子どもの貧困対策法」が
いい形で、国会で成立しますように、と祈る。

そして、私は、とにかくも今日一日分の暮らしを、明日は明日一日分の暮らしを、丁寧に生きよう。

朝、いつもの時間に起きて、食事の支度をし学校に送り出し、保育園に送り、
職場に行って、目の前の仕事をひとつずつしていき、
夕方、保育園にお迎えに走り、子どもたちと一緒に夕飯を食べ、お風呂に入り、おしゃべりをし、
大好きよと言い合ってお休みなさいを言い合って眠りに落ちるんだ。

そのひとつひとつをしながら不安をぬぐって。
マイナスからゼロへ、ゼロからプラスへ、気持ちが浮上していけるように。
呪文のように、自分に言い聞かせる。


不穏や不安は連鎖する。
がんばって生きている人たちが、どうか沈み込みませんように。
by shiho_kato | 2013-05-27 23:27 | 社会&地域&子どもノート | Comments(0)

むむちゃんの運動会前夜

d0134102_22594670.jpg

明日はむむちゃんの運動会。

夕方お友だちから電話がかかってきて明日の相談。

6時に起きて朝ごはんを食べて、
6時半に待ち合わせをして、
まだうまく出来上がっていない縄跳びの練習をすることにしたそう。

「朝ごはん、早く食べられないかも、、、」とか、
「夜のうちに持っていくもの用意しておく」とか、
苦手なことを伝えながら時間の交渉をしていたので、
早すぎるでしょ、疲れちゃうよ、等々のぶつぶつは口の中で飲み込んだ。

まだ、ぷうちゃんが夕飯を食べ終わる前に、
もうお風呂入るね、と、さっさと寝る支度へ。
明日の用意も終えて、
朝水筒に入れるもののリクエストもうけたまわって、
おやすみなさい、と、お布団に入った。

でも、なかなか眠れない様子で、本を読んでいる。
のぞいて「ねむれない?」と、声をかけると、
「なんか緊張する。本読んだら落ち着くかなと思って」
それはいい方法だね。
「ママ、明日も転んだらやだな」
あぁ、去年めいっぱい気合を入れ過ぎて、スタートで転んだの、
やっぱり気になっているんだね。

緊張したら、いっぱい空気を吐くといいんだよ。
ふぅ〜〜〜〜って。
「うん。ちはやもそうするもんね」

ママお洗濯と明日のお弁当の用意終わらせちゃうね。
「うん、おやすみ」

しばらくしてのぞいたら、丸くなって目をつぶっていたので
電気を消した。

明日のお弁当のリクエストは、
から揚げと、卵焼きと、きゅうりスティックのハム巻きにミニトマトをさしたのと、
おにぎりはゆかりとしゃけと枝豆。
デザートはさくらんぼ。
いつもとおんなじリクエスト。

明日の持ち物で、むむちゃんが日よけ帽子に選んだ麦わら帽子はリボンがない。
私の中学生の時からの麦わら帽子だから25年物。

何かないかな、と適当なリボンを探して、麦わら帽子に縫いつけた。
ついでにぷうちゃんのズボンの破れたところも縫ってしまおう。


去年の運動会を思い出す。
練習ではずっと2位だったから、本番では絶対1位になりたいと気合を入れ過ぎて、
並ぶ時から胸がはぁはぁ上下していた。
あらららら、と思っていたら、スタートしたと同時にむむちゃんの姿が消えて、
転んでいた。
そのあと懸命に走って走って、あと数十メートル距離があれば最後尾は免れたかもしれないけれど、いわゆるビリの4位。
4位の列に並んでいたむむちゃんはふにゃりとずっと笑った顔のままをしていた。

応援席に戻ってきて、エヘヘと笑ったので、がんばったね、と声をかけたら、
くしゃりと笑顔がくずれて、体操服に顔をひっこめて、涙をぬぐった。


今年は、気持ちよく走れますようにと、
何日も前から思っていたりしたけれど、
お弁当のリクエストを聞くとか、
靴を洗っておいてあげよう、とか、
そんなことくらいしか思いつかなかった。
靴を洗おうとしたら
右足のつま先と、左足の内側が破れかかっているのを見つけた。
むむちゃんはそれでいいと言ったけれど、まだ1週間あるから、と
あわてて、新しい靴を買いに行った。

ピンク系だったらなんでもいい、と、むむちゃん。
迷って「瞬足」を買ってしまう。
1週間で足になじんだようで、良かった。


なんて、ちっぽけな、親心。
こんなことくらいしか、親ってできないんだなぁ。

明日の朝は、連絡帳には無い小さいおにぎりも持たせよう。
6時半からの練習の後、学校に行く前に食べられるように。

私は運動会が大嫌いで、雨が降ることをひたすら願う子どもだったから、
真っ直ぐ楽しみにして、
真っ直ぐ成功させよう、というむむちゃんが
ひたすらまぶしい。

そう、だからいっそうまた祈るような思いで応援したくなる。
そう、だけど、たとえむむちゃんがそうでも、
私は私の子どもの時の呪うように過ごした運動会前夜を
忘れないようにしよう。
明日の運動会、そんな子がひとりかふたりくらい、居るかもしれないから。


子どもたちが寝静まった夜、あれこれ思い巡らせる夜。
子どもたちと過ごす時間は、多々ちりぢりに、物を思わせる。
by shiho_kato | 2013-05-24 22:59 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

山形、山寺、山登り

はじめての山形県上陸。

朝は早朝ウォーキングで、軽く1時間半山歩きをしました。
毎日地元のボランティアの人たちが案内役をつとめている
ウォーキング企画は、参加者なしでも、
ボランティアさんたちの朝の運動なのだそう。

朝の山道を歩き、体の中の空気が入れ替わる。
d0134102_2222773.jpg


ところどころで、
お腹から息を吐く練習で「やっほー」と叫んだり、
大木に抱きつき、手を木にそって上にのばすことで肩まわりのストレッチとか
坂道で体を曲げて手をついておじぎの形で
ふくらはぎを伸ばしたり。(その名も「おじぎ坂」)
道端の垣に足をあげて太ももを伸ばしたり。

案内のおじさんたちが元気なはずです。

道々、野草、薬草の説明をたくさん。
この山はその名も通称「医王山」なのですって。
あれこれ葉っぱをとっては、煮たり、揚げたりして
おひたしや天ぷらで食べ、焼酎につけ薬酒として飲んでいるそうです。
d0134102_220998.jpg

d0134102_221817.jpg


ますます、おじさんたちが元気なはずです。

早朝からいい運動になったのでした。


お勉強のために訪れた山形だったけど、
山寺の50年ぶりの御開帳の会期残すとこ数日。
いや、これは50年に一度をとるでしょう~。

d0134102_2224366.jpg

山寺は名の通り、山に切り立つ寺。
あの芭蕉の「閑かさや岩にしみいる蝉の声」のお寺。
参道入り口からひたすら階段の山道を行く。
d0134102_226571.jpg


よくぞ、こんなところにお寺を立てたなぁ。
奥ノ院にたどり着くまでにあちこちあちこちあちこち
詣でる寺々があり、磨崖仏あり。
d0134102_2265035.jpg
d0134102_2272396.jpg


それらをひとつひとつ上るごとに、里が眼下に遠ざかって広がってゆく。

懐かしい感じ。
四方を山に囲まれた中に点々と家々があり、
底のあたりに川が流れ集落があり。

北海道の育ったところの風景に似ている。
長野にも同じような風景を見たな。

この懐かしさが「原風景」に対するものであるならば、
この四方を山の、お椀の底の集落が私の原風景なのだな、と思う。

奥の院に到着。
あっつい日差しの中、風はひんやりと気持ちがいい。
d0134102_2282025.jpg


そして、ここでひいたおみくじは。
「大吉」
そのとき限りの、ではない、長期にわたる人生に対する
言葉が書かれていて、もう一生モノの御守りだわ。
d0134102_2285637.jpg


30歳の時と、50歳の時に転機が訪れる?
50歳かぁ、遠いなぁ。
でも、そう書かれると、それまではのんびり生きようと思えたりもする。


下りは、足元に気をつけながら。
そして大好きな山里を見下ろしながら。
d0134102_22104494.jpg


下り終えて食べた玉こんにゃくが美味しかった。
おみやげに持って帰りたいくらいに。
あ、いやおみやげは佐藤錦か。


早朝の準備体操のおかげで、
1万5千歩近い山ののぼりくだりも、足にとんと影響なく。

ちなみに、50年に一度の御開帳は長蛇の列に恐れをなして、
あっさりパスしてしまったのでした。


あぁ、山形。
山、山、山の山形県でした。
by shiho_kato | 2013-05-24 22:35 | 旅ノート | Comments(0)

3年目のマーマレードづくり。子どもたちがつくるマーマレード。

d0134102_9255686.jpg

d0134102_9255658.jpg

三日がかりで作ったマーマレード。

一日目は実を取出し、皮を刻み、水にひたして苦味抜きの作業。
二日目は煮込みはじめ、
三日目に煮込み終わり、冷ましてビンへ。

マーマーレード歴3年目のぷうちゃんがはりきって、つくる。
ビールもとい牛乳を片手に用意して、料理する時のキッチンドリンカーさながら。
いさましくも、ネコの手、ネコの手ととなえながら、
夏ミカンの皮4枚重ねで切っていく。
ピール並みにざくざく大きく。

おねえちゃんは実を取り出しながら、
「見た目は美味しそうなのに、苦いんだよね〜」と。
つまみたい誘惑と、苦い思いの葛藤。

マーマレードの名称が思い出せずに、
「マーメイド?、マーガリン?、あ、マドレーヌだ!」と、
ずっと「マドレーヌ」と言いながら、つくり続けていました。

面白いので「マドレーヌ」のまま訂正せず、完成にいたったのでした。

おとな的には美味しいのですが、
子どもたちは味見すらしない無情のマーマレード。

それでも、また来年も作るというのでしょうね。
それで、いいや。
大量にできてしまったマーマレード。
ほろ苦好きな、おとなの味を知ってる人たちをさがそ〜。
by shiho_kato | 2013-05-24 09:25 | 読書ノート | Comments(0)

あべさん 3年育休を、12年×1/4育児短時間勤務に。

提案です。

3年まとめて育休の制度はいらないので、
おんなじだけの時間のお休みを、育児の仕方に合わせて均せるようにしてください。

12年間1/4育児時間分を勤務を短縮。
1日8時間勤務の人は1日6時間勤務で、12年間。

どうぞ、よろしく。
by shiho_kato | 2013-05-22 21:34 | 読書ノート | Comments(0)