むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ロードレース参戦の記

勤務先の多摩川でのロードレース。
高校生と一緒に8キロ走りました。
前夜はワルノリしすぎかも…と、ちょっぴりくよくよした。

図書館好きな生徒たちの中には、当然運動が苦手な生徒もいるだろう。

少し前の体育の授業で参加してみんなと走った時に、
抜かされるのは、どんどん抜いて、いいよいいよ、の気持ちだった。
並んでしまったり、このままだと追いついてしまうときにどうしていいものか、
目まぐるしく心の中に葛藤発生。
走るスピードを上手に調整できるほどの技量はなく、
見え見えのペースダウンは感じ悪かろうし、
ふっと力を抜ける言葉をかけたりする器もないし。
私に抜かれるのはさぞかし気分悪かろう・・・。

とかとかで前夜は頭がいっぱいで寝たような寝てないようなまま朝を迎えた。

天気のいい朝、青空に励まされて、
そう、図書館を、司書の存在を生徒たちにアピールする機会にしよう!
図書館に縁遠そうな子たちに、ちょっぴりでも足を運ぶきっかけを
ひとつ提供できたらいいや、と、開き直って、少し気分が軽くなった。
d0134102_23375196.jpg


会場の多摩川に着いたら、先生方に走るんですね、とか走るんですか?!
とか、話しかけられて、楽しくなってきた。

上着を脱いでスタートのエリアに入っていったら、
生徒たちにわやわや声をかけられたり、遠巻きに「え、何歳?」とか
言い合ってる声が聞こえてきたりして、
何だか緊張が解けてきて、嬉しくなっていった。

即席で作ったゼッケンに助けられました。

d0134102_23384767.jpg

後ろ
d0134102_23381731.jpg


一緒に走ってる生徒に応援されつつ、敬遠されつつ、
負けたらマズイと逃げられつつ、ドン引きもされつつ、
楽しくて顔がにやけてしまうのをそのままに、とにかく一生懸命走ろ~。
と、いつもの自分のペースでとっとこ走って完走。


ゴールに近づいて、見に来ている保護者の方の数に驚きつつ、
にわかにお母さんたちから声援をおくられ、嬉しかった。
ゴールした後も、
司書さん走ってたのよ、ピンクのTシャツで、
え、見逃した、
とか、聞こえてきて、話題に少しでもなれば司書の存在を印象に残せるので、
本日のミッションはどうやら達成。

小さく安堵の息をついていたら、声をかけられた。

女性の先生も少ないし、年齢的にも私たちと近いようなのに
高校生に混じって走り切れるなんてすごい、
私たちだったらあの橋のあたりまで行けずに倒れちゃうわよね、
と話してたんです、とお母さん。

たしかに、ミッション達成、と、胸をなでおろした。

そのお母さんが話しかけてくださったのは、
母校の出身学部の通信の対談に
現職筑駒司書が登場していて、それはもしかしてあなたですか?
と、訊ねるためでした。
年末の同期会で、通信見た?うちの息子の学校の司書さんなのよ!
と、自慢できて嬉しかったんです、とのこと。

私の挫折と紆余曲折の実例をもって、
女性の生き方のについて後輩や先生とおしゃべりする対談。
果たして自慢にできるモデルかどうかは、いささか、、、。

どこで何がどう届いてゆくものか、わからないものだなぁ。

今日など、「どう」はさておき、
ロードレースで司書走る、と明確に伝わる、わかりやすい機会だったんだ、
と、一層気が軽くなった。

帰りの私鉄で一緒になった生徒集団に
「あ、走る司書さん!」と声をかけてもらった。

あぁ、声をかけられるだけで嬉しすぎる。
もうそれだけで、走って良かった。
by shiho_kato | 2014-01-29 22:21 | 私ノート | Comments(0)

むむちゃん、剣道をやめる

年末から迷っていたお姉ちゃんが、
意を決して剣道をやめました。

百人一首かるたにはまり、神奈川まで通うようになってから、
剣道とは気持ちの入り方が違うな、と、見ていたのです。

剣道は試合に出たくない。
かるたは試合に出たい。

練習でも、
剣道では押されてなかなか前に出ていけない。
かるたでは、相手が年上でも、大人でも、
ボロ負けしていても、最後まで食いついていく。


いつ、やめるって言い出すかな。

年末、かるた会のクリスマス会と、剣道のクリスマス会が重なった時に、
むむちゃんはかるた会を選んだ。

年初めの剣道の初稽古はスキーで行けなかった。

その次の剣道の練習の水曜日の朝、
今日は保育園の打ち合わせで送ってあげられないかもしれないから、
お休みする?と聞くと、ひとりで行けるから大丈夫だよ、と言って学校に向かった。

が、夕方、泣きながら電話がかかってきて、「頭がいたい~(涙)」

あったかくして横になって休んでてね、すぐ帰るから。

************

あぁ、そろそろいいかな。
私の方から、切り出したのでした。

もしも剣道を続けるのが大変だったら、やめるのもありだよ。


・・・・うん・・・・。
どうしようかな。
かるたがんばりたいしな。
でもな、あと少しで一本とれるようになりそうだしな。。。

急ぐことないけど、少し考えてみてね。


出した結論は、剣道はやめる。
かるたをもっとがんばる。


やめることを前提にしながら稽古を続けるのはつらいので、
翌週の土曜日の夜、剣道の稽古の終わる時間にあわせて、
「やめます」を言いにいくことにした。

ふたりで、緊張するね、緊張するよ、と言い合いながら。

ママ、お話してくれるんだよね?
ママもお話はするけど、むむちゃんからも、先生に言わなくちゃいけないよ。
やめますっていうことと、ありがとうございました、っていうこと。

むむちゃんは、辞める理由をもしも質問されたら
「かるたをがんばりたいから」と説明するつもりでいた。

みなの稽古が終わるのを待って、体育館から出てきた先生の前で、
何度も隣の私を見上げた。
先生がゆっくり身をかがめてくれた。

「やめます」と一言、絞り出すように小さな声で言ったあとは、
困ったように俯いたまま。

先生は、
そうか。忙しくなった?
と、促してくれたけれど、言葉が出ない。

競技かるたをはじめたこと、東神奈川まで通っていることを私から話す。


そうか、かるたもパシッととるんだよな。
剣道でパーンと打ち込むのに似てるな。
練習してきたことが生かせるかな。
かるたも声出すんだろう?もっと声が出るようになるといいな。
がんばって。

先生は私の話を聞きながら、むむちゃんに向けて話し続けてくれました。

むむちゃんは、先生のかけてくれる言葉をうつむいたまま聞き続けていた。

ありがとうございました。
深々と頭を下げると、むむちゃんもならって頭を下げた。


お母さん方に私が話して、挨拶している間、むむちゃんは周囲を気にしていました。

剣道に誘ってくれたお友だちに、
やめることを直接言う勇気が出ないまま、当日を迎えてしまったから。

おとなの輪が途切れた時、
「残念だけど、かるたがんばりなよ。」
と、お友だちが笑って声をかけてくれた。

ようやくむむちゃんの表情がほぐれた。


あらかじめお友だちのお母さんにお話しておいて、
土曜日にうかがいますので、と伝えておいて良かった。
意を汲んでくださって前日の夜にお話してくださったそう。

***********

私は、やめるのが苦手だ。
(たぶん)やめると切り出すことができず、結果長く続いたことが多い。

やめたい気持ちのまま、うまく伝えられずに曖昧に疎遠になっていったり、
バタバタと姿を消したりしてごまかしてしまった経験もある。
それらはとっても、後味がとても悪い。

…………
言えて良かったね。
むむちゃんも、ママも、がんばったね。
かるたがんばろうね。
○○ちゃん、怒ってなくて良かった。
先生よりお母さんたちの方が残念って言ってたね。
あったかくなったら、むむも走ろう。運動不足になったら、かるたで勝てないから。

饒舌になったむむちゃんと、てを繋いで帰った。



やめるときは、「やめます」と、伝えることですっきりする方法を、
一緒に経験できて良かった。

この先、何かをやめようとした時に、一緒に居てあげられる機会は
きっと、どんどん少なくなるばかりだもの。

***********

そして、親にできるのは後のフォローだけ。

翌日は剣道の大会運営で会場校になっていた。
予定通りの係の仕事をさせていただいた。
せめてもの恩返し。
半日あまり気持ちよく仕事をさせてくださった親のみなさんに感謝。

終わると張りつめていた糸が切れたよう。
放心したままに週末が終わっていきました。

…………

この一年半あまり、毎週水曜日にはむむちゃんはひとりで夕飯を食べ、
慌てて帰ってきた私とぷうちゃんもいそいで夕飯を食べ、
体育館まで送った。

送ったあと急いで家に帰って、お夕飯の続きを食べ、
急いで片付けて、ぷうちゃんをお風呂に入れて、
お迎えの用意をさせて、再び自転車でむむちゃんを迎えに行った。

いつもなら寝るはずの時間に家に帰りついて、そこからお風呂に入り宿題をする。

まだ8歳だったんだ、その生活をはじめた時は。
一年半もよくがんばったよ、むむちゃん。

夜の慌ただしい時間を一緒にやり抜けたぷうちゃんもえらい。

水曜は、朝からぷうちゃんの遠足のお弁当と、
むむちゃんのひとりで食べられるお夕飯を用意し、
ぷうちゃんと私がささっと食べられる夕飯の下ごしらえをして出かける生活を続けてきた
私もよくがんばった。


もうむむちゃんにひとりで夕飯を食べることを望まなくていい。
そのことにただただホッとする。

もうぷうちゃんを急き立ててご飯を食べお風呂に入り、寝る時間にお迎えに外に出なくていい。
そのことにただただホッとする。


みんなよくがんばった。
毎週のこの経験そのものが、私たちを逞しくしたね。


そして、できれば、むむちゃんにはこれからの小学生の間は、
そこまでがんばらなくていい子どもの時間を、過ごして欲しいな、と、願ってしまったりするのです。



ちっちゃい135ml.のビールで十分に酔いが回る日曜の夜。
by shiho_kato | 2014-01-26 22:51 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

25年ぶりの体育の授業

ひょんな流れで中2の体育の授業を受けることになり、
その流れのまま生徒と一緒にトラック6周を走ることになり。

d0134102_11203075.jpg

ゆっくりグループで走らせてもらったけど、
トップの子に周回遅れ~、ヒィ~!
だけど、むちゃくちゃ楽しかった。


中学時代の忌まわしい体育の記憶にサヨウナラ~。
by shiho_kato | 2014-01-21 14:20 | 私ノート | Comments(0)

スイーツマラソン@お台場

スイーツマラソン、お日様はしっかり照っているものの、
寒い寒い風の吹き抜ける、お台場でした。

マラソンの度に、ポカをしている私。
スマホを忘れて、後から合流。
ぷうちゃんと二人でぐるぐる会場内を何周もして、
ぷうちゃんも不安顔。

もうこうなったら迷子放送しかないか、と本部に近づいていったところに、
見知った顔たちが~。
もう、みんなのもとにたどり着けただけで、今日は大満足!

42.195キロを二キロずつ21周をおとな7人と子どもたち走るので、待ってる時間の方がはるかに長い。

仲良しの仲間たちとおしゃべりしながら、甘酒で体をあたためたりしながら、寒風butお日様のもと、たっぷり四時間過ごした。

ぷうちゃんは2回走った。
d0134102_20565459.jpg


走り出して一キロもたずにお腹いたいと訴える。
d0134102_20574655.jpg


半べそでがんばるうちに、給スイーツ所。
目がきらきらするくらい、長い給スイーツ所には様々なスイーツがたっくさん。
幾種類ももらっていく(食べるのが原則ながら)人たちのなか、
ぷうちゃんは要らないを繰り返し、麦チョコにだけ手を伸ばした。
d0134102_20573530.jpg


終わってから、もう一回走りたいと。
d0134102_20582611.jpg


みなが走る回数を考えて、
私は本日は着こんだまま、伴走で終わってしまったけど、
今日は違う楽しみでOK!
d0134102_2058555.jpg


甘酒を飲んで、きっと名店のティラミスに違いない、とか、そういうものを食べ、光合成をし、
おしゃべりで元気をもらい。

寒いながら楽しいスイーツマラソンだった。


2月は2度目のハーフだなぁ。
今度もどうか完走できますように。
d0134102_20595269.jpg

by shiho_kato | 2014-01-19 20:30 | 社会&地域&子どもノート | Comments(0)

友を訪ねる。友に逢う。

お正月があけてすぐに
久しぶりの友人から電話がかかってきた。

逢いたいわ。

無沙汰ばかりの私。お世話になりっぱなしなのに。

翌日からの週末は予定がいっぱい。
飛んでいきたい気持ちを抑えて、抑えて、翌週末。

逢いに行った。

お土産は要らないわよ、の言葉通り、手ぶらでふらりと。
1時間の予定を2時間近く滞在して、近況の報告から、
後半では、私のこれからについて発破をかけられる。

発破をかけてくれる友は、数少ない。

それに引き上げられて、ここまできた。
それに追いかけられて、えいやっと越えてきた。

また、来ます。
必ず、来ます。

次に来るときにはお土産を。
かけてくれたエールに応えた成果を携えて。
早く早く早くまた訪ねたいから、早くひとつふたつ、形にしなくちゃ。


空は青。
冷たい風が吹きすさぶ。
体の中から熱を発してる。
その勢いで自転車を漕いでいたら、またひとり年下の友人に会った。
年末に送ってもらった私のインタビュー記事のお便り化したもの、
お礼をしそびれていた。
d0134102_19575012.jpg


自転車の席上から、「届きました、ほんとにほんとにありがと~」
風にのせて届いたかしら。
届いたものとして、大きく大きく手を振った。

さらに飛ばして走っていると、年上の友人に会った。
尋ねたいことがあった。
風にのせて、互いに飛ばしていたので、片手を上げて大きく振るばかり。

生きなくちゃ。
今年も、しっかり生きなくちゃ。

涙をぐっとこらえて、次に挑むものを胸に浮かべた。
by shiho_kato | 2014-01-19 12:33 | ありがとノート | Comments(0)

10数年ぶりの歌舞伎座with母&母友

前夜、突如母から電話があり、10数年ぶりに歌舞伎座にお出かけ。
母と、母の同窓生のお友だちと一緒。

前回は大学院のゼミの関係で二階のおっこちそうな席から見下ろす形。
今回は2等席で。
d0134102_11275090.jpg

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/2014/01/post_70.html

前夜、あわてて演目を確認。予習。
だって、内容を知っていないと、わからないままに進んでしまうのですもの。
(要するに、寝てしまう・・・)
d0134102_13474153.jpg


松本幸四郎に、染五郎、橋之助に・・・・
とにかく豪華なメンバーでした。

幸四郎と染五郎の声の通らなさに驚いた!
この人たちはTVや映画の映像役者の方が向いているのではないか・・・。
(とか、歌舞伎ファンに怒られるかな)
そして、女形の高音のセリフって聞き取りにくい~。
(これも、歌舞伎ファンにはタブーなのかな)

客席にはたくさんの着物姿。
若い人でも着物を着ている人が多くて、ちょっぴりうらやましい。

幕間に、幕の内弁当を食べる!王道なり。
d0134102_13484144.jpg


美味しかった~。
d0134102_1349394.jpg


新年そうそうに、ちょっと贅沢気分をおこぼれで味あわせていただきました。
母&母とものみなさま、ありがとうございました!
d0134102_13495086.jpg

by shiho_kato | 2014-01-18 11:22 | マラソン、かるたノート | Comments(0)

月が同じように照らす夜

19年前の今日と同じような月が空に。

19年を生きる間に、日本のあちらこちらで大きな災害があった。

生き延びたのは奇跡。

むむちゃんとぷうちゃんが、
傍らに居る今日を重ねて行けることは奇跡だ。

奇跡を見守る月に照らされ、
阪神淡路大震災の前夜。
d0134102_1085340.jpg

by shiho_kato | 2014-01-16 21:44 | 自然ノート | Comments(0)

堂場瞬一『チーム』を読んだ。走り出そう。

今年の箱根駅伝から学連選抜がなくなったそうだ。

学連選抜チームの箱根駅伝のドラマを描いた
堂場瞬一の『チーム』
d0134102_15525030.jpg


三浦しをんの『風が強く吹いている』と
同じくらい、いいじゃないか。

走る痛みも、走る面白さも、
走るだけなのに走るだけじゃないところも、
まるで、著者自身が走ったかのように、
リアルに描かれている。

1月1日に気が急いて走って、やや勇み足に疲れ果てて、
副鼻腔炎の波を受けて、
走れない日々が続いていたけれど、
走ろう、走らなくちゃ、走りたい、の、気持ちにさせてくれる一冊。

心が決まっていれば、朝定時には目が覚めて、
そのままぼんやりと走りだすところまで体が運ばれていく。

スッキリ!
無駄なあれこれがおのずと消え落ちていく感じ。
落としちゃいけないものも落ちているかもしれないけれど、
いいや、このスッキリ感で、毎日毎日リセットしていくから、
どんより澱がたまって重たくならずに、日々をつむげる。


箱根の選手でも、プロでもないから、
膝の小さな痛みも、腰の痛みも、肩の痛みも、
走りなれていきながら、体のよい位置を覚えていくための時間を、
悠長に待つことができる。

それでいいのです。

この週末にまたみんなと走れる。
2月にはまた、ハーフを走れる。

長い距離を、ゆっくりゆっくり長く走れるのが嬉しい。
これは特性なのだろうな、と思う。

短い距離を一気に走る方がずっと楽しい人がいるのも想像がつくもの。

重たいものをふりはらって、軽やかに心身を調整しよう。
by shiho_kato | 2014-01-16 18:44 | 読書ノート | Comments(0)

むむちゃん、ぷうちゃんの人生初スキー

お友だち家族と総勢16名、車2台に乗せてもらい、
1泊2日のスキー旅行に出かけました。

私は10数年ぶり。
子どもたちは初めてのスキー場。

朝6時の出発もテンション高過ぎる子どもたち。
できるだけ睡眠時間を稼がなくっちゃと、その脇で目を閉じて。

長い長い道中、
タイヤにチェーンをつけるポイントで雪に降り立ち大興奮。
d0134102_2233589.jpg


スキー場にはお昼に着いて、さらにたくさんの雪の中に降り立ち大興奮。

群馬県の丸沼高原スキー場というところ。
パウダースノーでさらさらの雪。
雪玉も作れないくらいに。
雪国の雪ってこんなだったっけ?

ゲレンデ経験者半分以下の今回の旅行。
子どもたちもスキーにチャレンジしたい子多く、滑れるように教えることが
一日目の大命題。

自分がどうか、が、まずは心配だったけれど、なんとかなりそうだったので、
子どもたちの勘の良さに任せるように、滑ることを怖がらないように、
どんどん脇で滑り落ちるのを止めつつ、一緒に滑った。
d0134102_2234389.jpg

d0134102_2235963.jpg


むむちゃんも、ぷうちゃんも
2,3回で、自力で滑り降りられるようになる。
d0134102_22354911.jpg

d0134102_22361989.jpg


他の子も、朝早しの疲れが抜ければ、滑れるようになるのが早い。


ぷうちゃんの方がバランスはいいものの
むむちゃんの方が堅実にボーゲン。

止まり方を足の体重移動等々、言葉で伝えてなんとなく試せるむむちゃんと、
言葉ではうまくヒットしないけど、独自に雪の壁に上手に突っ込んで止まる方法を見出したぷうちゃん。

ちょっと滑れるようになると、直ぐにリフトに乗りたがるむむちゃんと、
いくら滑れるようになっても乗りたがらないぷうちゃんと。

それぞれの個性や発達プロセスが表れて、面白かった。

寒さに負けて、心がくじけてきたぷうちゃんと暖かいところでひと休みしている間に
d0134102_22364849.jpg


むむちゃんはリフトに二回乗り、模範的なボーゲンで転ぶこともなく降りてきた。
d0134102_223746100.jpg


なんだかんだ、ぷうちゃんはその姿を追っていた。

それにしても久しぶりのスキー場は
スノボの人が多い。
半分以上、 7:3くらいでスノーボーダーでした。

夕方まで滑りきって、宿へ。渋滞もあり、三時間の移動。
着いたら夕飯ギリギリの時間でした。

急いでお夕飯をいただき、温泉に入ると手足の先が溶けていくよう。

子どもたちとかるたで遊んで、11時半過ぎに就寝。
車の中で寝たものの、朝6時出発から12時近くまで、よくがんばりました。

翌朝は7時朝食の、8時出発。
d0134102_22382062.jpg

d0134102_2238422.jpg


昨日の好天に比べて曇天。
気温も低く風もあり。
スキー場に着いて10時。
お昼まで一気にすべりまくって、お昼ごはんは車の中で!作戦。

今日はスキー初心者お母さんと、四歳児に、スキーを教えた。
お母さんは何もことさらに教えなくとも自力で滑れるようになりました。
四歳は、膝の間に抱えて一緒に滑りながら、
滑っていく楽しさ体験を優先。
教える私に、言葉と体を一致させられる自信がないので、
斜面を滑る感じを、抱え方を少しずつ変えながら何回もやってみる作戦。

自力滑降は無理だったけれど、
スキーできるもん、スキーやったもん、の気持ちは十分に。

むむちゃんは今日ははじめからガンガンリフトに乗り、
模範的ボーゲンでまっすぐ降りてくるを、繰り返した。

ぷうちゃんは私のにわか先生をしてる脇で、熟知仕切ったビギナーコースを
滑ってはのぼり、滑ってはのぼるプロセスを淡々と繰り返した。

ぷうちゃんの悲劇は、むむちゃんに叱咤激励され、渋々リフトに乗ってしまったこと。

リフトの高さにびびり、
リフトの寒さに凍え、
リフトからうまく降りられず転倒して号泣。
d0134102_232478.jpg


完全に折れた心と凍えた体をあたためるべく、
ストックを片手にまとめ、足の間に立たせてぎゅう~っと抱き締めながらすべり降りていった。

降りきる頃には会話ができる程度に復活。寒い、休みたい、の要望に

応え、本日は終了。

そのあとむむちゃんと二人で、2回リフトに乗り、
d0134102_2304137.jpg

滑り降りてきて、むむちゃんの初のスキー体験も無事に終了したのでした。
by shiho_kato | 2014-01-13 21:44 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

鏡開きにかるたに、かるたクイーン戦

パンがないから、お餅でいいかな?
むむちゃんと二人のブランチ。

あんこ好きな二人でお汁粉にした。
お餅トロリで、アツアツが美味しい~。
d0134102_15532121.jpg


と、味わっていたら、新聞に「鏡開き」の文字。
本日、鏡開きなり。

鏡開きって、何?
鏡餅を食べて、無病息災を願うこと。

無病息災、即、願います。
副鼻腔炎、ようやく良くなってきたところで。


今日はかるたのクイーン戦@近江神宮。
ニコニコ動画の生放送に釘付けのむむちゃん。

14歳から10年間クイーン位を守り続けるってすごいよね。
クイーン戦途中で、かるた会参加のため、出発。
スマホで途中途中を見守りつつ。

バス、電車乗り継いでの移動も、まずまず慣れてきたかるた会。
むむちゃんの今年の目標はかるたの公式戦に出ること。

個人公式戦ではないけれど、2月末の三人ひと組の団体戦に出られることが決まり、
クイーン戦観戦の興奮からさらにテンション急上昇。

仲良しのS姉さんと、
このかるた会で仲良くなって地元でもかるたをして遊ぶ友だちになったWちゃんと、
三人でチームを組んで。

置いていかれないように私もがんばろ~。
子どもたち相手の読み手を続けてきた甲斐が少しだけあって、
覚えた札が増えたような気がする。。。
と、自分を励ましつつ。
by shiho_kato | 2014-01-11 20:20 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)