むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「1位」過去の私にプレゼント@凱旋ラン-むつざわロードレース

実家の町で行われるロードレースに高橋尚子が来るという。

今年初めてではなく、去年も!
早く教えてよ~。
今年こそは行きます、走ります。

と、夏前に決めて、珍しくコースの試走なんかまでしちゃって、
心待ちにした里帰りレース。

子どもたち、いとこちゃんたちも出ることになっていたけれど、
ぷうちゃんは、いつものごとく直前になってママと一緒に走れないなら、むむと一緒に走れないなら出ない・・・。
いとこちゃんのおねえちゃんのほうは、大事をとって応援にまわることに。


参加者900人くらいの小さなアットホームな手作り感たっぷりの大会でした。
d0134102_16473835.jpg
むむちゃんの走った小学生高学年グループは
めちゃくちゃスタートが早くて、むむちゃんはQちゃんとともに、
マイペースで後ろの方からスタート。
ここで呑まれないのが、むむちゃんらしい。
d0134102_16463222.jpg
「高橋尚子が、みんなめっちゃはやいね~」って言ってたよ。と。
d0134102_16480204.jpg
一貫して自分のペースを保ち、苦しいところもラストも、
いいフォームを維持し続けて笑顔でゴールしました。
d0134102_16465655.jpg

あぁ、苦しかった~。。。って、ぜんぜん息もあがっていない。
でも、手は抜いてない走りっぷりでした。


今回、超ド田舎のこの大会に、監督がエントリーしたと聞いて驚いた。
ほかの大会に抽選で受かっていたはずなのに。
高橋尚子、まじかで撮りまくっていました。
そして、狙うは入賞。願わくは優勝。
たしかに、この小さな大会だったら、アリです。

去年の人たちのタイムを見ると、ちょっとがんばれば入賞くらいに食い込めるかな?
の感じ。せっかくの凱旋ランだから、花を添えられればいいけれど。

それでも走れるだけで幸せだから楽しんで走ろう。
と、スタート。

一緒にスタートした監督はあっという間にトップ集団とともに去っていき
ずっと遠方の先のほうの曲がり角を曲がったあたりに、
ちらっと派手なTシャツ、あれがそうかな、とのんびり見送った。

あとは自分の感じを確かめながら。
試走したときの、長い急なのぼりは、あまり大したのぼりではなく、
長くもなく、拍子抜け。
そのあと、呼吸を整えるのが苦しかったくだりは、
日陰でのぼりの熱が落ち着くのが気持ちよく。
びゅーんとくだっていって、あとはガマンガマン。
ラスト1キロか、ゴールの運動公園の屋根が見えるまではガマン。

試走がよほど良かったのか、ガマンしどころが良かったのか、
坂道に強くなったのか、上り坂と、くだったあとのガマンロードで、
スピードが上がっていく感じにのせて、ちょいちょいと抜いていった。

あと一キロくらいかな、のところで、
「おねえちゃん、9人目だよ~!」
お、9人目だったら、もう何人か追いつけたら入賞できるかな、、、。

それでもとりあえずガマン。

ラスト1キロ表示からは、足をグイグイ前に伸ばしていく走り方にかえて、
息が苦しくなっても最後まで持ちますように~、と願いながら。

運動公園までの直線に入るところまで監督が戻ってきて、並走。
「いい走り、そのまま、そのまま」

もう、女子居ないよ、まわり。
迎えてくれるぷうちゃんたちの前を元気いっぱいに走りきろう。
足をさらに前へ前へと大きく伸ばした。

ゴールに曲がる手前でQちゃんとハイタッチ。
「いい笑顔~!」
と声をかけられる。
うん、だって、とっても楽しかったもの。

チップをはずして、記録証をもらって、飲み物をもらって、
タイムと順位を確かめると
「1位」の字。

いちい~っっっ!!!!

もうびっくり。

いちばんはじめに見つけた知ってる人、監督~っ!
「見て、これ一位って~っ!!!」と、確かめる。
続いて、ぷうちゃんとむむちゃんのところへダッシュ。
「見て~、一位だった~っ!!!」

運動会の徒競走ではビリばかりだったのに、こんなことってあるんだね、と見上げると、
母が苦笑い。
そう、むむちゃんの年齢のときの私は、むむちゃんのようにかっこよく走れる私ではまったくなかった。

「願わくは、二位以下がいるといいね」と、父。シニカルだなぁ。

d0134102_16471232.jpg
タイムも良好、PB大幅更新。
結果をともなったレースはうれしい。


一位であること以上に、二つうれしいことがある。
ひとつは、監督への恩返し。
こんなとこまで来てくれてありがとうの御礼ができたこと。

もうひとつは、過去の私にプレゼントをしてあげられたこと。
体は弱くてお祭りに行けば熱を出し、疲れれば寝込み、
中学生の時からすでに頭痛もちで、肩こりに苦しみ。
運動神経は無いに等しく、運動会というものが学校生活の中でいちばん大嫌いだった。

その私が、走ることが好きになり、驚くような長い距離も元気に走れちゃったりして、
こんなタイムでも走れるようになっちゃったりして。
ね、過去の私、未来ってほんと、わかんないよ。
生きてみないと、わかんない。

ね、過去の私に、ちょっぴり似ているPちゃん。
もしかしたらね、あなたにもこんな未来があるかもしれない。

別にね、元気になるのがいいことだって、そういうのじゃなくってね、
いまのいろんなことを諦めなくちゃならないのとは
全然ちがう自分で過ごしている未来を生きているかもしれない。

私が一位なんて、奇跡だもの、Pちゃん。
奇跡は起きるよ。
だから、調子悪くても、大事に大事にしながら、長く生きてみようね。


表彰式、Qちゃんにサインをもらいたくてずっと持ち歩いていた本にはサインをもらえず、
そのかわり、サイン入の色紙を優勝の記念にもらった。
d0134102_19140826.jpg
握手してもらいながら、「この本を読んで、楽しく走り続けることができるようになりました。」
突き抜けた笑顔で、ありがとう~!と、喜んでくれた。
d0134102_16475536.jpg
凱旋ラン。
ようこそ、過去の私。今なら、あなたを大好きになれそう。


そういえば、もひとつ。
父への誕生日プレゼント?
喜ばれるかビミョーだけど。

by shiho_kato | 2014-11-30 20:45 | マラソン、かるたノート | Comments(4)

一年おきの展覧会、見ごたえのある作品たち

小学校の展覧会。
学芸会と一年おきに行われている。

昨年の学芸会で、むむちゃんの学年は創作劇を発表した。

今年は展覧会、むむちゃん、ぷうちゃんの作品がそれぞれ3~4つずつ展示されている。
主に美術と家庭科で作った作品。
d0134102_12375360.jpg

d0134102_12382669.jpg

前回の展覧会は、子どもたちの作品群にとっても感激した。
先生がいいんだろうなぁ、、、としみじみ思ったのを思い出しながら、
今年は前回と異なる先生。
どんな展覧会になっているのだろう、と楽しみにしつつ。


今回も、とってもステキな空間が出来上がっていました。

ぷうちゃんは、3つ。
・蛍光塗料をつかった水族館づくり
・ビンを用いたようかいづくり
・絵の具をつかって顔を書くお絵かき

水族館のお魚にぷうちゃんの名前を探したけれど、たくさんありすぎて見つからず。
作ったのは「ひとで」だったそうだ。それは見つかりません・・・。
d0134102_1234674.jpg

ビンを使ったようかいには「ひゃきさん」と名前がついていた。
どうして「ひゃきさん?」とたずねると、「なんか思いついたから」と。
d0134102_1239247.jpg

d0134102_12343123.jpg

絵の具をつかった作品は、写真をみながらえんぴつで描いて絵の具で塗って。
大きな紙に大きく描いてのびのび。
d0134102_12451616.jpg

d0134102_12344895.jpg


むむちゃんも、3つ。
・夢のお部屋を木工と紙粘土を使って。
・ウォールポケットに刺繍。家庭科の作品として。
・黒をベースにした切って貼って塗っての美術。

お部屋に二人。ほんとうは見えないところにもうひとり居るそう。
大きくなったら一緒に暮らしたいお友だち二人と生活している様子。
むむちゃんがキッチンでトマトスープをつくり、
ご飯ができるよ~、と、お友だちのひとりが
もうひとりのお友だちをとなりのお部屋に呼びにいっている様子とのこと。
むむちゃんにとっての夢が、三人で暮らすことなんだなぁ、とあらためて。
d0134102_12351981.jpg

d0134102_12353584.jpg


時間を惜しんでちょこちょことしていた縫い物はこれだったんだ。
高いところにあったけれど、しっかり見つけられました。
d0134102_12364631.jpg

d0134102_12365841.jpg


黒ベースの作品は前回の展覧会の時にも見て、黒の面白さを実感したのだけれど、
今回もやはり。
d0134102_12372673.jpg


むむちゃんの学年の作品もさながら、他の学年の作品でも黒基調の制作があり、
それはとても映える。目を引きました。

再来年が楽しみ。
再来年、むむちゃんはもう卒業してしまっているのか。
小学生、あっという間だなぁ。
少しばかり寂しい気持ち。
by shiho_kato | 2014-11-29 19:32 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

湊かなえ『Nのために』

・・・のために。

人はウソをつく。
自分のためにも、人のためにも。

他者に対して、
自らに対して。

・・・の
ために。
か。
d0134102_1981233.jpg


湊かなえの作品は、思いがけない毒を最後の最後に吐かれて
読み終える間際にどっと疲れる。

この作品は例外のよう。
誰もが悪人のようで、誰ひとり悪人ではない。

ひとりひとりに、動機と役割が余すところなく与えられている。
この人の構成力ってば。。。

テレビドラマにもきっちりと反映されているだろうか。

by shiho_kato | 2014-11-27 20:55 | 読書ノート | Comments(0)

むむちゃん、かるた大会で優勝!

本日はかるたの大会!
むむちゃんは昇級をかけて、私は個人戦デビュー。
d0134102_18271141.jpg

d0134102_18273694.jpg


むむちゃん、G級で優勝しました。
四連戦、勝ち抜きました!
d0134102_18412528.jpg


力を着々とたくわえて。
正々堂々の昇級を自ら勝ち取り。
d0134102_18423934.jpg


決勝戦も顔いろも変えず。
一緒のかるた会の仲間四人並んでの決勝戦。
うち三人はそろって優勝~!
d0134102_18511244.jpg


d0134102_18504110.jpg


先生がこんなのはじめてだわ!と。
ほんとに嬉しい決勝戦でした!
d0134102_18405341.jpg

d0134102_18411931.jpg



私のデビュー戦は…。
初戦を一枚差で敗退。

緊張してないつもりだったのに、お手付きするは、自陣の札はとられるは、はじめから大差がつく惨敗ムード。
後半から大巻き返しは、おとなの勝負強さをようやく発揮?
そんな一枚差だから、満足。
残った札が、百人一首で遊ぶ会の子たちそれぞれの好きな札がそろって手元に。
応援されてる!
最後の一枚、みんなの大好きな札を持っての運命戦。
残念ながら相手の札が読まれたけど、ここまで粘れたのは、その札のおかげ。

かるた、続けるぞ~!
の、気合い入りました。

d0134102_18515189.jpg


むむちゃん、ほんとにほんとにおめでとう!
by shiho_kato | 2014-11-24 18:26 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

小さな悦び、ひそやかな企み

同僚の職員さんが、
図書館に生徒が少なくなった時間をみはからってやってきた。

英検受かったの、の報告をこそっとしに。
わぁ、おめでとうございます!
指先で拍手。


夏からの図書館ヘビーユーザー。

夏休みに、他の図書館ユーザーの同僚さんが連れてきてくれた。
英語のテキスト、たくさん置いてあるよ、と。

それ以降、コツコツと継続してリーダーの多読に毎週数冊ずつ借りに足を運んでくださっていた。


今更英語が使えるようになって、どうしようという訳でもないんだけど。
と、照れくさそう。

でも、長いのが読めるようになりたいわ。
嬉しそうに、洋書コーナーを見て、また数冊選んで帰った。


英語のリーダーがある程度まとまって置かれていそうな図書館、
私の立ち寄る公立図書館では1、2館しか思い浮かばないな。


学校の図書館ならではの、特性ある資料のひとつと言える?


10代の生徒諸君に混じって、
おとなが本を読み、本を借り、学び、新たな喜びを発見する。


生徒も、教員も、
そして職員にも使ってもらえる図書館。
すくすくと育ちますように。
by shiho_kato | 2014-11-22 19:38 | 学習ノート | Comments(0)

彼女の背中

毎朝、私と同じ時間の同じ電車に乗り、
毎晩、私と同じ時間の同じ電車で帰ってくる、
と思われる人がいる。

いつも、朝は乗り換え駅で彼女の背中を見る。
いつも、夜、降りた駅、自転車で抜き去り気味に彼女の背中を見る。

今朝、彼女はいつもとちがうコートを着ていた。

コートの違いに気づいたとき
着るものの種類や顔や髪型ではなく、
彼女の背中で、彼女と判別していたことに気がついた。


朝食は食べてくるのだろうか。
(我が家のように毎日同じような)
朝のしたくはスムーズなのだろうか。
(我が家のようにバタバタではなく)

帰ってからすぐ夕食のしたくをするのだろうか。
(我が家のように、子どもたちの顔をちらとしか見ず)
夕食後は一日のおわりにふさわしく穏やかな時間なのだろうか。
(我が家のように、息をつめてやり抜けて果てるように布団に横たわるのではなく)


今日は、駅に着いたら別のところへ向かう。
彼女は、いつものようにいつもの道を帰るだろうか。

そんなふうに、思いを馳せるひとが居ることを、
知ることもなく。

by shiho_kato | 2014-11-21 08:25 | 私ノート | Comments(1)

気づかぬままにいたいこと。

ちょっと、心、お疲れ中。

隙だらけ。


体も頭も疲れているからナマケモノで居よう、と決めて、
「さ、寝ようか」の時間まで、立ち上がらないで過ごす夜。

寝るための支度に立ち上がると・・・。

お夕飯の洗い物の山があり、
これから洗う洗濯物の山があり、
明日の朝のパンがなく、
明日のお弁当のご飯がなく。

えいや~っ(涙目)と気合を入れ直して
洗い物を片付け、
パンをセットし、
ご飯をセットし、
洗濯機の予約をセットし。

あ~、もうっっと投げ出したくなる気持ちと出会いそうになるのを
ゆっくり迂回して、こらえて、ひとつひとつを済ませていく。

洗い物をしながら、
パンの無いことに気づいて良かった、とため息。

つづけて、頭の中で確認。
牛乳とヨーグルトと卵とチーズはある。
ハムがない。
ハム無いな、ウィンナーではダメかな。

帰り際のお買い物、気を抜いちゃうとこれだもん。
あれこれ回らなくなる。
ダメダメだなぁ。

翌朝の、
牛乳を、ヨーグルトを、パンを、
パンを作るための小麦粉を、
お弁当に入れるための卵を、
子どもたちより先に食べ終えた夕飯の時間のうち買ってくる。
気づかずお風呂に入ってしまったら、
翌朝、子どもたちが寝ているうちに買ってくる。

まかなうのは、いつも自身の力。
大人ひとりで、子どもたちとの日々の生活を営み続けるというのは、
そういうことなんだ。


弱っている心の隙にするりとよみがえってくる、記憶の中の会話。
翌朝の牛乳を買いに出た夕飯後のお買い物、ばったり出くわした友人と。
「よめさんから、ラインで米買ってこいって。重いよ、マジで」
そうだね、重いね。がんばれ~。

この世界の随分と近いところに、
「ごめん、牛乳買ってきて、パン買ってきて、米買ってきて」と、
いまひとりのおとなに託せる家庭がある。
このまま寝ては翌朝が悲惨、と涙目で洗い物と格闘せずに済む家庭もある。


「大人ふたりならもっと楽」の、多くは幻想。
幻想であることを知ったからこそ、虚しい大人ふたりではなく、
リアルにひとりであることを選び、
ひとりの苦労を背負う方が、ずっとマシ、と決めて、今に至っているのに。


眠って全部忘れよう。
走って全部忘れよう。
忘れぬまでも、よくがんばってるよ私、エライよ私。
たくさん、自分を褒めてあげよう。

by shiho_kato | 2014-11-20 21:50 | 私ノート | Comments(0)

むむちゃんのお誕生日 石積み雪ころクッキー

むむちゃんのお誕生日。

おめでとうと、ありがとうと。
どちらかというと、ありがとうの方がいっぱい。
d0134102_12562571.jpg

むむちゃんのおかげで、ぷうちゃんは安定していて、
むむちゃんのおかげで、私の日々の生活も成り立っている。
何より感謝したいのは、そこに、むむちゃんの気負いを感じないこと。

ちょっぴりずつ難しい年頃になってきたかな、、、
そう思わないこともないけれど、それもほんの少しずつ。

むむちゃんがこれと決めたピアノ、書道、かるたを淡々とやり続けられるおかげで、
私もかるたとピアノとを細々ながら続けていける。
できれば書道も、再開への希望を持ち続けられる。


月曜日は会議の日。
いつもよりも遅い帰りになる日、途中で抜けることを覚悟しながら、
奇跡のようにいつもより1時間近くはやく終わった。
職場へも、おウチへも、気兼ねなく家路を急ぐことができた。
d0134102_12571041.jpg

むむちゃんのリクエストは雪ころクッキー。

10月からのお菓子作りの日々の総仕上げの雪ころクッキー。
バースデーケーキ風に積み上げるのに、今年はチョコガナッシュを利用してみた。
クリスマスツリーのように積むことができたら、
粉砂糖が雪のようでキレイ。
と、願ったけれど、ガナッシュの固まるのを待ちながら積むことができなかったので、
ウェールズの山の石積みみたい。
これも、あり。

ビーフシチューに、かぼちゃのサラダのお夕飯。

ぷうちゃんは、プレゼントもカードも用意していないことに
直前になってオロオロし、
カードは私の作ったカードの一面にあわててメッセージを書いた。

「いつもありがとう」
私と同じメッセージ。

プレゼントには、お気に入りの絵本をかき集めてあげることにする、と。
私の宝箱の中から、ペンとメモ帳をチョイスして袋に入れた。


むむちゃんリクエストの私からのプレゼントは、
地球儀。
世界の国の場所を知りたい、と。
タッチペン付きでしゃべる地球儀。
d0134102_12573981.jpg

開けた箱にぷうちゃんが入り、自分がプレゼントのように飛び出して遊んだ。
d0134102_12582717.jpg

しゃべる地球儀は想像していたよりも、情報量が豊富で、簡単に使える。

むむちゃんは、早速ぷうちゃんにもらったメモ帳に、もらったペンで、
モンゴルの首都、人口、挨拶の言葉、
ロシアの首都、人口、挨拶の言葉、
・・・
と、次々に書き出しはじめた。


片付けも追いやったまま、にぎやかに遊ぶふたりを眺めて、ぼんやり。

この秋も祭りつづきのお菓子作りつづきの日々、忙しかったなぁ。
この秋も生き延びたなぁ。
脱力感にどっぷり。

この11年間を生き延びてきたなぁ。
むむちゃんのおかげで。


なんだか一年を終えたような気分の夜。
むむちゃんの11歳の目標は、「かるたでたくさん勝つこと」

1週間後にも大会がひとつ。
私もここでようやく個人戦デビュー。
むむちゃん、がんばれ。
私も、楽しむよ、緊張感を。

でも、今宵はこのまま力の抜けていく感じに身をまかせていよう。

by shiho_kato | 2014-11-17 21:30 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

走って走って、走って1,000キロ達成

この週末もハーフマラソンの大会。
川崎国際マラソン。

会場までは近いはず!と踏んでいたけれど、
自転車で40分くらいかかっちゃいました。

川崎フロンターレのスタジアム。

たしかに、ここを走れるのはちょっと嬉しい。
先週の駒沢公園のスタジアムも嬉しかったなぁ。
陸上選手じゃないのに、ちょっとそれっぽいヒトになれた気分。

先週に比べるとその何倍もの人人人。
大画面をフルに活用してもゆるキャラ紹介などなどのお祭り模様も楽しい。
お友だちも一緒なので、準備体操がわりのダンスを一緒に踊ったりして、
走る前のアップもしない私には、走る前にしっかり体動かしました!の感じ。

走り出して間もなくいつもの川岸の上流に出ました。
アスファルトよりも、土のほうが、足にやさしいらしいけれど、走りにくい。
アスファルトは跳ね返りがいいけれど、川岸の舗装されていない道は、
自分のチカラで足を運ぶ感じがする。

走り出してすぐ、ダンスをしていた時間にトイレ行っとけば良かったなぁ。
ちょっとだけ後悔。
でも川岸はたくさん入れるところがあるのを知っているので、心配なし。

2週連続のレースの2週目だから、今日はあんまりがんばれない自覚もあり、よりみちOK。
前半飛ばさない練習、後半に余力がしっかり残る走り方をしよう。
フルマラソンでは、きっとそう心がけてなお、エネルギーが枯渇するだろうから。

珍しくよそ見少なく、走っている人たちの観察をするうちに、
いつも走っているあたりに到着し、間もなく折り返し。
折り返すまで、ガマンガマンだったので、
折り返してからは、わーい!の気分。ここからどこまでがんばれるかな~。
結果
5キロ 29分53秒
10キロ 26分7秒
15キロ 25分58秒
20キロ 24分54秒
きっちり、きれいな数字を並べることができた。
d0134102_16425126.jpg
ガマン出来たぶん、がんばれるときにふんばれる力を蓄えることができるのかな。

人生に似ている。
でも、体力のほうが計算ができる分、ちょっぴり楽かな。

人生には変数が多い。
変数だらけの人生を超えてきた分の経験を、マラソンには活かしていけそうな気がする。
ちょっと自信ありだ。

最後の1.0795キロは監督が歩道を並走してくれた。
最後は気力を残すのみだったけれど、ひっぱられてタイムが落ちず、5分7秒。
これも人生に似るかな。

スタジアムに無事帰還。
ラストの直線は思いっきり笑顔で飛び込んでいったけれど、
画面いっぱいのゴールシーンは恥ずかしくて直視できなかった。
ネット記録 1時間51秒59秒
d0134102_1332115.jpg

8キロに出ていたお友だちたちと合流。
楽しかったね~、楽しくないよ~、速かったね~、遅いよ~、等々、
言い合えるのは楽しい。
みな、自分の力で走りきったあとの昂揚感みたいなものを共有しつつ。

距離と結果をラン・ダイアリーに記録したら、
今年の走行距離が1,000キロを超えた。
目標にしていた1,000キロ越え、達成。

がんばったなぁ。
月100キロ、暑い季節は半減することを考慮して、年間1,000キロの目標。

夏を制する者は・・・はどのスポーツにも共通?
今年は夏のあいだも早朝ランで走りつづけられたから?

今年の残り1ヶ月半、
このあとも、5キロやハーフや駅伝や、、、大会だけでもまだまだ機会があるし、
朝のランニングもぼちぼちできるし、1,200キロに目標を書き換えた。



他に何もしなくていい、走るだけの時間。
それを1,200キロ分、年間確保できると、私は今よりもっと身軽になれる。

それはけっこう、ステキな妄想だ。
d0134102_16442013.jpg


by shiho_kato | 2014-11-16 20:04 | マラソン、かるたノート | Comments(0)

くさっぱらまつり

30分しかのぞけなかったけれど、
みな、楽しそうだった。
d0134102_197107.jpg



準備も、おまつりそのものも、打ち上げまで、まるごと楽しめる仲間たち。
信じていれば大丈夫。
d0134102_1992625.jpg


何もできない自分をせめる必要なんてないんだわ。
d0134102_1981627.jpg


知っている顔にもたくさん会えた。
30分だったけれど、出掛けて良かったです。
by shiho_kato | 2014-11-15 19:06 | 社会&地域&子どもノート | Comments(0)