むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

第36回 館山若潮マラソン

館山若潮マラソンに参加した。


東京のとなりの千葉なのに、新潟よりも遠かった。

雨か雪との予報におののいていたら、ちょうどよい曇天。

菜の花にはおひさまがよく似合うけれど、
走るには曇り空が快適です。

後半の坂が厳しいとの前評判。
父、母も、その坂に泣いたと。


用心に用心を重ねて、前半を走った。
菜の花が両側に植えられているフラワーラインは
晴れていたらさぞかしキレイで華やかだろう。

後半の坂を用心していたら、前半もそれなりにアップダウンが多い
なかなかの難コースだった。


きちんとコースを頭に入れていられたことは無いので
今回も、ぼんやりとコース図を思い浮かべられる程度。
海沿いの道から山側に入ったら、坂道が待つ。というポイントだけはしっかり。

海から離れ山側に入る。坂はどこだ!どこだ、どこだ。
探り探り、恐る恐る進むければなかなか現れず。

じりじりしたころに、500m先急坂ありの看板。

これか、よし。
小さく軽く刻みながらのぼっていった。

脅しも大きければ、覚悟も大きかったからか、
思いのほかあっさりとのぼりきることができた。

もう用心不要。慎重不要。駆け抜けるだけ。

前半の重苦しい気持ちがはれて、足ものびのび。

我慢に我慢を重ねて、慎重に慎重に走ってきたから、
しっかりタメが残っていた。

37kmからの5kmはキロ5分を切り、ラスト1kmは今日いちばんの速さ。
最後を気持ちよく走り抜けられると、気持ちよく終われる。

館山、楽しかったよー、ありがとーの気持ちでゴールした。
d0134102_1552577.jpg



***************

途中の応援で、
「元気をくれてありがとー!」の声をもらった。

今日は、はじめからずーっと年末にPちゃんがマラソン大会に出て、
楽しかった、また出たいと言っていたことを思い出しながら走っていた。

子どものころに体が弱く、お祭りに行くだけで熱を出していた私とでさえ
比べものにならないくらい体の弱いPちゃん。

父はそれでも、Pちゃんも大きくなったら私のように元気になれるよ、とPちゃんを励ましている。

「すっごい遅くてすっごいビリだったけどね、楽しかったよ」
そうだよ、Pちゃん、今できることを、ひとつずつ。
私も、今できることをひとつずつ。
誰も私自身ですら想像したことがなかった、フルマラソンを走る日がくるなど。
それでもね、こんな日が来る。

そしてね、元気になれただけじゃなくって、
「元気をくれてありがとう」って言ってもらえる日まできちゃったよ。

Pちゃん、あなたの未来に、いつかきっとそんな日が訪れますように。
願いを掛けながら、私は走り続けるよ。
by shiho_kato | 2016-01-31 19:41 | マラソン、かるたノート | Comments(0)

「まごめかるた会」準備中

今日は百人一首で遊ぶ会の日。

二年ぶりくらいにふたけた11人の参加となった。

2013年の9月からはじめて、
にぎやかなときもあれば、さびしいときもあり、
なんだかんだ2年半続いてきた。
また少しにぎやかな時期を迎えそうな予感。

この間、
級を持つ子は持つなりに、昇級していき、
そういうこととは関係なく遊びに来る子も、
かるたの空気に身をなじませていく。

今日ははじめての子がふたり来た。

うちひとりはほかの本格的に競技かるたを行っている会に入っている。

私たちのはそれに比べれば、なんちゃってのお遊びのかるたの会。
だけれど、一戦目の前の静寂。
強いられたのではなくて、自然とそうなる静寂。
「はじめます」の声に、そろう挨拶。

本格的にやっているその子が浮くことは無かった。

いったいつ、かるたの「型」を身につけた子どもたちとして、足並みがそろうようになったのだろう。

はじめてに戸惑うもうひとりの彼女に、
ひとつひとつを小さな声でゆっくり教えながら、
ほかの子どもたちは、こういうことをすべてマスターしてきたことに気づく。

お遊びだったり本気だったりが混在する雑然とした時間を
それぞれにそれなりに楽しく、それなりにそれっぽく過ごせるように
バランスをとるのに心のなかでアタフタしていたことを思い出す。

そういう中であっても、かるたの雰囲気を身に馴染ませ、
いっちょ前にかるたプレーヤーっぽく振る舞えるようになっていくものなんだ。


続けるというのは、そういうことなんだ。
手応えをもって思う。


なけなしの覚悟で続けていくために
3月には少年育成団体のひとつになる予定。
d0134102_17300071.jpeg

by shiho_kato | 2016-01-30 19:17 | マラソン、かるたノート | Comments(0)

辻邦生『春の戴冠』

辻邦生の『春の戴冠

ボッティチェリ展に行った帰りに図書館で予約。
文庫が無かったので単行本で。

分厚い一冊が届きました。5cm越え?
しかも中は二段組。
d0134102_22164376.jpeg
しばし臆する。
開いてみて、カタカタ名の列挙。
あーこれは、読んだことないはずだ。
海外作品のハードルの第一に「カタカナの名前が覚えられない」がある。
それがたとえ好きな作家の作品であっても。


それでも、寒さと雨予報・雪予報に降り込められた先週末。
えいやっと読み始めると、
物語に吸い込まれるように先へ先へと読み促される。


平日は通勤読書に一日だけ持って出たものの、
この厚さと重みは立って読むのは困難でした。


フィレンツェのボッティチェリの親友でプラトン哲学とギリシャ文学・語学を学ぶ「私」を語り手に配す。
展覧会で知ったフィレンツェにおけるメディチ家の人々や
そのもとで活躍したり衰退したりした人たちやボッティチェリのことが、
知識じゃなくて生々しい友人の人生として私の中に満ちてくる。
ようやく半分。
この先、どんなふうに時代が流れ、彼らは生きてゆくのだろう。

読んでも読んでも読み終わらぬことを喜べる一冊だ。
この週末の読書タイムが楽しみ。


・・・・・・・・・・・

久々に厚みのある重みのある(物理的にも内容的にも?)本を手に取りながら、
読者と作家の信頼関係について思い致している。

これを書いたのが辻邦生でなかったならば、
私は読むことはなかったのではないか。

厚さと重みに加え、私の苦手なカタカナの名前たち(それで世界史を選択から外した)の羅列に、
はじめの一章は前へ後ろへ頁を繰り直し、幾度も人物を確認した。

そこを乗り越えられるかどうか、微妙なラインだ。

すいすいすいと読んでいくことが好きだから、
つっかつっかえ読む読書は放棄しがち。

先に進むことができた原動力は、
すでに持っていた、私から彼の書く作品群への信頼。

そこに、美術史家であり母校の教授でもあった愛嬌ある辻佐保子さんへの信頼がプラス。
パートナーである辻邦生のこの作品に、
辻佐保子さんが資料を提供したりしていたに違いないと想像するだけで
読む楽しさは倍増だ。


作品だけを単独で楽しめる場合ももちろん無いわけではないのだけれど、
それを生み出す作家ともども合わせ見ることが多い。



その点で、
先日芥川賞直木賞が発表されたけれど、
最近の受賞作家さんたちにはもちょっと信頼に足る人であってほしいな、と思うことがままある。
その人となりを見て、この人の作品を読むのは止めておこうと思うことも多い。
(実際、努力して読んでみて徒労に終わることが多く続いたため)
そんな口うるささを自分の中に発見し、それでもいいやと開き直れるほどに年をとって良かったと思う。

by shiho_kato | 2016-01-29 09:00 | 読書ノート | Comments(2)

ロードレース

今年も生徒さんたちと一緒に走らせてもらった。
d0134102_22134596.jpeg
毎年、とても楽しみで、
なのにいつも直前になると、ビビる。

あおることにならないかしら。
ふざけやがって、ってことにならないかしら。
等々、ぐずぐず、うじうじ。
負の想像力スイッチオン。
困ったものだ。



今年はカメラを持って走ることにした。
走りながらだとぶれちゃうかしら、ボケちゃうかしら、
でも、走りながらの風景は、走った人にしか撮れないからな~。

自分に役割を与えて、落ち着きを取り戻し、
さらに調子にのって、エルモをかぶることに。
d0134102_22142558.jpeg

つらくて、くるしい8kmと思っている生徒がいるならば、
どうか、ちょっとした異分子で気が紛れますように。


珍しく河川敷特有の風もなく、暖かな日差しのなかスタート。
後ろの方から、少しずつ前に出ながら、振り向いてカメラを向ける。
笑顔でこたえてくれる。
気のいい生徒たちだなぁ。

集団の中を縫うように行く間はそれを繰り返した。

集団がばらけてしばらく行くと、
間もなく先頭の集団が折り返して戻ってきた。

そこからは、すれ違う生徒たちが続々と。
カメラを構え手を振り声をかけながら走った。


張り切って走っているみなには
ナイスラ~ン!

マイペースで淡々と刻んでいるみなには
マイペース~。



シャッターを切り、声をかけ、手を振り、
あっという間の8kmだった。

42位の生徒の次にゴール。
思っていたよりも、ずっと前を走っていた。

39分38秒。
レースペースよりは少し遅いけれど、
あまりいつもと変わらぬペースで走ったようだ。
足も呼吸もまだまだ余裕がある。


写真を取りながらこのペースでいけるなら、
来年は、中学生と一緒にスタートして、中学生を撮ってから、
高校生を追いかけて、両方のみんなをうつさせてもらうのもいいかもしれない。

ロードレースを様子を流すモニターの前で足を止めて
笑いながら楽しそうにおしゃべりをする生徒たちを見ながらそう思った。


せっかくいただけている機会、
来年こそは、負のスパイラルから、正のスパイラルへ。
by shiho_kato | 2016-01-27 18:00 | マラソン、かるたノート | Comments(0)

ボッティチェリ展@東京都美術館

東京都美術館の「ボッティチェリ展
d0134102_10562144.jpg

チケットがあたったので、開幕二日目に訪れた。
混んでいることを半ば覚悟しつつ。
たどり着いたのが3時を回っていたためか、入場の際も、
会場の中でもほぼ自分のペースで見て回ることができる程度のヒトの入りだった。

1400年代後半の画家。
「ビーナスの誕生」がいちばんの代表作。
たしかにこの絵はよく目にする。
(今回はきていないようですが)

今回の企画展は、メディチ家に納められた品を所蔵している美術館から主に持ってきているらしい。
ボッティチェリは、ニックネームで「小さな樽」の意だそうな。「小さな樽」で世界的に有名になってしまった画家。
ボッティチェリはメディチ家の依頼で作品を作ることが多く、修道士のリッピ父を師匠とし、リッピ息子はライバルであり弟子とのこと。生涯結婚することはなかったそうな。
レオナルド・ダ・ヴィンチと同じ時代の人。
本人について詳細なことがわかる情報はあまり残されていないとのこと。

そして、辻邦生がボッティチェリを描いた小説を書いているそうだ!
『春の戴冠』
これは、読まねば。

こういった情報は、きっと今回この展覧会に足を運ばなければ知ろうとすることはなかった。


はじめのフロアは、主に師匠のリッピ父の作品。
聖母子像の絵が多いのだけれど、母マリアが厳格そう。
怖そうではないけれど、あたたかさもない。

次の階のフロアは、ボッティチェリの作品。
一面の青の間に、鮮やかな色彩の絵が光を放つ。
美しい。
女性を描いたものが多い。
金髪の波打つ髪の曲線がやわらかい。
やはり聖母子像の絵が多い。母マリアが美しく、神々しい。

ボッティチェリ本人やその工房で描かれたものは
壁面装飾としての用途で創作されたモノが多いそうだ。
美しい女性を描く光を帯びた作品たちに囲まれた華やかなお部屋を思い浮かべる。
優雅で優美で贅沢な空間。
500年以上前のそこに思いを馳せることができるのは、
これらがこうして残されていたおかげ。


次の階は、弟子でありライバルであった息子リッピの作品を主とするお部屋。
息子リッピの描く聖母子像は、明るく気さくな可愛らしい女性の感じ。
リッピ父の作風よりも、息子のほうが、好みだなぁ。
眺めていきながら、パッと目を引く作品に寄っていってみると
ボッティチェリの作品だったりする。
名を残すものは、何かが違うのだろうな。
厚みがあるというのか。


大型の作品が多くはないためか、
モネ展やフェルメール展に比べて作品数が多かった気がした。
もう終わりかな、のあとに、まだ次がある、まだ次がある、という感じ。
見終えるころには、おなかいっぱい。

d0134102_10564856.jpg


小説を鑑賞し批評したりすることはできるけれど
絵の鑑賞し批評する力はない。
自分の好みにあう、あわないを眺めていくばかり。

そうではあっても、足を運ぶ甲斐はある。
今日、私のなかに、ひとつのボッティチェリのイメージが確立された。
どれだけそれにまつわる資料を読み込んでも、
このキラキラなめらかに輝く印象は得られない。


「意味を得るための・・・」となると、講演会や学習会に参加したり、本を読んだり、映画を見たりがおのずと優先になり、
「体に覚えさせるために・・・」となると、かるたをしたり、走ったりすることが優先になる。
液体や固体のように手応えのあるものたち。

優先度がさがる鑑賞ごとだけれど、
こうして出かけてみると、言葉で理を尽くせない、
何かが満ちてくる。
気体のように手応えをどう感じていいかわからないけれど、密度のつまっているものを。



出かけてきて、良かった。
by shiho_kato | 2016-01-17 20:08 | 休日の過ごし方 | Comments(0)

117の恩返し

1月17日。
もう21度目になるのか。

一日一日、石積む日々。
積んで積んで積んで、21年もの年月となる。

この身にまざまざと刻まれた1995年の長田の避難所での日々。
そこにかぶさるように、2011年の3.11の発災。

ふたつを経て、本気になって走り始めた。
何が起こっても、この足で帰るべき場所に帰りつけるように。
何が起こっても、非日常に耐える時間が長くなっても子どもたちとともに踏みこたえるタフさを持ちうるように。


事が起きる前に、こうして「備え」の時間をもらったことに感謝しながら、20kmを走った。
遠方の出張でさえなければ、多少の障害物があっても数時間後には
必ず自宅に戻ることができるくらいの脚力を手に入れることができた。


走りながら、ひとつひとつ確認する。

自宅の物置庫には、一日二日過ごせる水と食料がしまわれている。
水は入れ替えたばかり。
食料は消費期限を確認しなくては。
それらの備蓄と、避難するときに簡易に背負うものとは分けなくては。
子どもたちが大きくなってきたから、入れておくものも変えなくては。
ひとりですべて背負うパッキングではなく、
ひとりひとりが個々人の分を背負えるように小分けにしよう。

あの日の涙に学べることを、ひとつひとつこの手で実践しよう。
時を経ても、常にいつでもこの時だと思い続けるように。


それが、1995年長田の避難所でともに過ごさせてくださったみなさんへの恩返し。
by shiho_kato | 2016-01-17 18:32 | 私ノート | Comments(0)

津軽弁小説 越谷オサム『いとみち』1~3

方言が使われている読みやすい小説はあるかしら?
できれば津軽弁。

調べてみると、最近の本の中から2冊出てきた。

森沢明夫『津軽百年食堂』
越谷オサム『いとみち』

さっそく、図書館で借りて読んだ。

『津軽百年食堂』

3代にわたって100年続く津軽そばのお店の、
4代目を主人公としながら、
時代を行ったり来たりするお話。

弘前城の様子を細かに描写していて、
桜の美しい弘前城の様子がまざまざと目に浮かぶ。

この夏、弘前を訪れたら100年食堂、行ってみたい!
と思いながら読んだ。
けれど、最後の付録で紹介されている津軽の100年食堂は
ラーメン屋さん、中華屋さんばかりでいささか拍子抜け。
あら、津軽そばのお店は?


『いとみち』
d0134102_19180435.jpeg
津軽三味線を弾く現代の女子高生「いと」のお話。
こてこての津軽弁を話す。

ちなみに「いとみち」とは、三味線の弦を抑えてできた
爪の先のくぼみのことを言うそうだ。

板柳、青森、弘前、大鰐、川部、、、
覚えのある駅を行ったり来たりする日々が描かれている。
あぁ、車窓からの様子が目に浮かぶ。

おばあちゃんは津軽三味線で
津軽民謡ばかりではなくビーチ・ボーイズやヴァン・ヘレンのロックを弾く。
即興性が旨の津軽三味線。
遊び心いっぱいの
私も知っているようなポピュラー音楽を奏でる三味線を聞いてみたい。
読みながらつくづくと思う。


この津軽弁のあたたかな抑揚を、
書かれた文字から想像できるかしら。

青森のおばあちゃんの声、いとこの声、おばさんの声、おじさんの声に
のせながら、読んだ。


はやく、夏にならないかな。

by shiho_kato | 2016-01-15 19:37 | 読書ノート | Comments(0)

海外のかるた熱

テレビ欄に「かるた」の文字を発見。

テレビ東京の
「日曜ビッグ『世界!ニッポン行きたい人グランプリ』ドド~ンと3人ご招待SP」
という番組。

「競技かるたをやっていて日本に来たいフランス人の女の子」が紹介されていた。
番組の選定?で世界中の日本に来たいヒトの中から、
彼女が選ばれて、日本にやってきた。

近江神宮を訪ね、
勧学館の浦安の間(クイーン戦が行われる部屋)に入り、
大塚のかるた会館ではクイーンの手ほどきを得、
仙台のかるた大会に出場するという盛りだくさんの企画。

彼女の反応ひとつひとつが、とても日本人らしい。
日本人らしいというのは、
オーバーアクションではない、驚きと恥じらいと、慎み深さと、、、といったもの。

むむちゃんを近江神宮に連れて行き、勧学館の浦安の間に座った時の
畳をそっとなでるような感じと通じ合うところがあって、
それは、彼女自身の性格故なのだろうけれど、
かるたに、あるいは百人一首に、和歌に、
たずさわる人に共通する佇まいみたいなものが見て取れて嬉しかった。

日本以外でも、かるたは行われていて(けっして多数ではないだろうけれど)
日本でかるたを愛する人たちと同じ憧れを、近江神宮に対し、クイーン(あるいは名人)に対し抱いているのだ。


今年がまだはじまったばかりのいま、
かるたを通して見える世界が広くなった気がしてうれしい。



わが家では録画をして、繰り返し見ている。
見逃した人は、短く編集したものをユーチューブで観ることができる。

私が心打たれた、彼女の喜びの様とか、クイーンの手ほどきを受ける様子とかは
詳細がカットされてしまっているけれど。

招待編(2016年1月11日放映)
日曜ビッグ『世界!ニッポン行きたい人グランプリ』ドド~ンと3人ご招待SP
42:00~1:13:45
by shiho_kato | 2016-01-11 22:00 | マラソン、かるたノート | Comments(0)

深川七福神

1月15日まで御開帳ということで、はじめての深川七福神


「門前仲町」の駅で降りた。
d0134102_10253161.jpg

和菓子の伊勢屋を皮切りに、
たくさんの美味しそうなお店が軒を連ねている通りに入っていくと、参道だった。

深川大神宮にたどり着いた。
ここは七福神の神社ではないけれど、そのままお参りすることに。

梵字からなる壁が社殿を囲んでいる。圧巻!
成人の日の振袖・晴れ着でのお参りも多い様子。


にぎやかななか、お参りを済ませると
境内を右に抜けていく先に、七福神巡りのひとつめ「富岡八幡宮」こちらのサイン。
d0134102_10255082.jpg



一つ目
富岡八幡宮(恵比寿様)
本殿の参詣の長い列に躊躇していたら、
七福神は脇のほう。
d0134102_10352110.jpg

恵比寿様へのお参りに留めることに。

色紙か、七福の鈴をあつめて飾る笹か
いずれかを選べるけれど、ここはいつものように色紙を購入。
お参りをすると、次の弁財天への矢印のサインが掲示されている。
なんて親切。
その後も朱色の「深川七福神」ののぼりがずっと道案内をしてくれたので、
少しも迷うことなく、7つ巡ることができた。


2つ目
冬木弁天堂(弁財天)
d0134102_10281961.jpg


3つ目
心行寺(福禄寿)
d0134102_1035583.jpg


4つ目
円珠院(大黒天)

5箇所目
龍光院(毘沙門天)
d0134102_102932.jpg


6つ目
深川稲荷神社(布袋尊)

7つ目
深川神明宮(寿老人)
d0134102_10353848.jpg


二時間弱の行程、無事に終了。
深川の下町を堪能できるコースだった。

七福神めぐりでは、谷中と並んでおすすめ。
今度は逆周りにして最後に深川大神宮の賑わいを楽しむのも良さそうだ。
by shiho_kato | 2016-01-11 18:49 | 休日の過ごし方 | Comments(0)

30kmと42.195kmを隔てる高い高い壁@お台場30kmマラソン  

お台場30kmマラソンは、
快晴のよいお天気。
d0134102_11344988.jpg

昨年の同じ時期に、はじめて走った30kmは多摩川で。
今日はお台場で人生4度目の30km。

この一年で、フルマラソンを5回走って
なんとなく、30kmは楽しむ気持ちでのぞめる。
人間の細胞は活動に応じて進歩するようにできていることを実感する。


5kmを6周の周回コース。
走り始めたら何がなんでも自分の足で走って帰ってこなくてはならない多摩川とは大違い。

1周のあいだに、トイレも4,5箇所あり、給水・捕食も2箇所確保されているので、
自分で給水捕食を持つ必要もない。いざとなれば、自分の荷物のところにも立ち寄れる。
ガス欠で倒れこむ心配もないので、これも気が楽。

まわりのペースにあわせて走り出し、ゆるい気持ちではじめの5kmは26分台。
気持ちよく走れているので、そのままのペースで続く5kmは24分台。
少しはやい。ペースを気持ち落としてみるけれど、それでも5km24分台。
すでに半分を終えたので、そのままどこまで行けるのか試してみることに。

4周目も24分台。
5週目、23km付近から足が重くなりはじめた。
でも、あと7km、あと一周だと思えば。
少し落ちるけれど24分台。
このペースでもキロ5分切れているのか?

そして、あっという間にラスト1周。
最後なので、持ちうる力を出し切れるようにあげていく。
と、言っても、もう足はあがらないので、気持ちだけ。

6周目がはじまって間もなく、
2周目の途中から遠くに追いかけていた水色の女性をとらえることができたので、
その勢いのまま走り続け、最後はきつかったけれど、24分台をキープしたままゴール。
d0134102_11342621.jpg

30kmまでは、けっこう持つなぁ。
d0134102_11341061.jpg

42.195kmはこれにあと2周半追加するだけなのに、
とたんにアベレージを保てなくなってしまうのはなぜだろう。
このペースで走りきれたら3時間30分も切れるのに。


記録証をもらったら、6位。
d0134102_11335082.jpg

あらら、入賞。
d0134102_11324056.jpg

記念撮影 (1)
記念撮影 (1) posted by (C)お台場リレーマラソン実行委員会

新年早々のご褒美をいただきました。
d0134102_11333113.jpg

by shiho_kato | 2016-01-10 16:45 | マラソン、かるたノート | Comments(0)