むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

誕生日

ひとつ歳を重ねて
ひとつ楽になっていくような気がする40代。
生きねばならぬ債務を一年一年返して行くようです。
d0134102_18472012.jpg
かぼちゃのチーズケーキにグラタン。
まんまるふろふき大根は柚子味噌で。
土曜からの代休のむむちゃんがサラダを作ってくれた。
ハロウィンをかねた、黄色く丸いバースデー。


むむちゃん、ぷうちゃんからは、プレゼントに大きな電波時計を。

私が自分の部屋を持ってから30年に渡って使ってきたアナログの時計は、今も健在ながら、気まぐれに早く進んだり、最近はもっぱら立ち止まってしまうことが多くなった。

気の急くせっかちな私を、ちょっとのんびり行こうかなという私を、針に映し出し教えてくれていた時計はぷうちゃんに譲った。ぷうちゃんに譲った途端に正確に刻むようになったのだから、時計も主を選びたかったのだろう。
これからは電波が標準的な時間を知らせてくれる。標準的な時間と、私の中の時間のずれは、自ら感じ取ればいいだけ。
自らに課す時間の呪縛が、以前よりもずっとずっとゆるやかになって、追い詰められることが少なくなってきからもう大丈夫だ。

42歳。
40代は、一年一年、自分を甘やかせていくことのできる年齢だ。
半分を折り返して、もういいよね、もういいよね、と、ひとつひとつ課してきたものを置いていく。
そうして寿命の終わるころには、身も心も軽やかにこの世界にさようならできるのだろう。

とにもかくにも、むむちゃんぷうちゃんが、これから少しずつ重さを抱えるようになり、そしてやがてひとつひとつ下ろしてゆける折り返しに至るまでは、支えてあげられるように健康で元気に生きたいと思う。あと30数年。程よい長さだ。


by shiho_kato | 2016-10-30 18:44 | 私ノート | Comments(0)

今年は何か違う!@筑駒祭

今日も、筑駒祭。
d0134102_23160436.jpg
今日も、食べました!

焼きそばにワンタンスープ!
焼きそばは昨日はソース焼きそば。今日は塩焼きそば。
私は塩焼きそばが好きかも!美味しかった。
d0134102_23152582.jpg
ワンタンスープも良いお味でした!
d0134102_23165066.jpg

今日は土曜の割に来場者が少なめらしい。
例年の食べ物難民の飢餓感からか、食べ列並ばなくていい時に食べなくっちゃね!とばかりに勇んで食べている。

喫茶の初の試みテイクアウトもお試し。
チーズトーストに筑駒クッキーにココア。
d0134102_23205912.jpg
チーズトースト、シンプルなのに美味しい!

今日は出し物系を重点に回った。

高校は例年演劇がもっぱらというか、演劇オンリーだけど、今年は体験型のクイズのお部屋があったり、映像で見せるアド街筑駒があったり。(アド街筑駒、内容面白かったのと、出入りOK、終日上映というのが光ってる。演劇系はどうしてもタイムテーブルで観るか、観ないかのall or notになってしまうから)

音楽室を利用した、漫才や、軽音や、マジックも、今まで無かったような。高三の名物コントまででは無い小ぢんまりした中で小さく小刻みに笑わせてくれる。名物コントは並ばなくては入れないけれど、漫才やマジックは、並ばずに入れて、適宜出入りができるのもいい。

それらの出入り自由があれこれあるから、演劇を二本観ても、まだまだ観て回れた。


ステージ・食品・喫茶・縁日の柱立てや、定評のある音楽部やジャグリングなどのドンとしっかりしたものがあるから、その周辺の軽やかな変化にも安心感があるのだろうなぁ。


並び時間ロスが少なく1つ1つを欲張りにたくさん味わえたので、今日くらいの来場者歓迎だ。
待ち構えていた彼らには物足りなかったかしら。

明日もう一日。

by shiho_kato | 2016-10-29 23:11 | 私ノート | Comments(0)

文化祭シーズン -5回目の筑駒祭&はじめての合唱祭

5回目の筑駒祭は例年より数日早い開催。
加速度的に減って行くカウントダウンに、瞬く間に当日初日を迎えた。

あいにくの雨。平日初日、ひと足も少なめで準備時間が伸びたと思えばこれも良かったかしら。

昨年の図書委員長が脚本を書いた演劇は図書館が舞台の演出。
笑いあり。
次のセリフが聞きたい、どうなるの、何を言うの?うっかり前のめりになって見入っていた。ラストが時間切れな感が勿体なく、端折ったかなと思われる部分をもっと聞きたかった。展開を渇望させてくれる演劇でした。

焼きりんごクレープ美味しかった!中のカリカリがアクセント。あれはなんだろう?
d0134102_07365192.jpg
並ばずに食べられる!お誘い上手の生徒にのせられて、タコスにカレーと食べ過ぎ。おかげで冷えた身体がポカポカになった。
d0134102_07400047.jpg

d0134102_07403116.jpg
今年はようやく回り方の要領を得て、相方司書さんと分担が上手くできたので、展示のお部屋でのクイズにも挑戦。生物部、数学研究会、化学部、園芸部、パズル研究会。なかなかな惨敗っぷりだけど楽しませてもらった。

雨の強い時間帯の受付当番は、雨の中、寒さの中、カッパを着て誘導する生徒たちと共に。
どうか風邪を引かずに三日間過ごせますように。

二日目、三日目はお天気は持ち直しそうで良かった。


明日はむむちゃんの学校の学芸祭がある。
今日まで迷ったけど、帰りがけに時間休を取った。
文化祭の彼らの姿を1日見続けて、むむちゃんの学校の中のむむちゃんの姿を見たい気持ちが大きくなった。


合唱の伴奏をするむむちゃん。
来年、再来年、同じ姿は見られることはない。

by shiho_kato | 2016-10-28 21:22 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(4)

角田光代『なんでわざわざ中年体育』-「運動なんて大っきらい」な人へ

走りはじめる前の絶望感の正体ってなんなんだろう。

フルマラソンをあまり入念な準備をしなくとも走れてしまうようになっても、毎朝の欠かせない習慣になっても「あー走るのか、とほほ」と思う朝がある。

走りはじめ、走り終えてしまったときには、他に比が無いほどの充足感を得ることができる。

走る前の落ち幅からの上げ幅が大きいからなのだろうなぁ。


と、いうことを上手いこと教えてくれる一冊。
これはエッセイだけど、彼女が書くスポーツ物語が楽しみだ。
d0134102_09111165.jpg

走るなんてムリ、走るの苦手、走るなんて一生縁が無い、走るのなんて嫌いだ、と思っているすべての人に、お勧めです。

by shiho_kato | 2016-10-28 08:01 | 読書ノート | Comments(2)

ちばアクアラインマラソン2016

難コース

はじめから暴走、
突っ込んで
大撃沈した。
d0134102_08073583.png
なのに、今まで出たマラソンでいちばん楽しかった。
d0134102_08054361.jpg
キティちゃん応援、ありがとうございました!
d0134102_08060416.jpg

d0134102_20492018.jpg

by shiho_kato | 2016-10-23 16:03 | マラソン、かるたノート | Comments(0)

大阪出張

学ぶことがたくさんあって、
考えること、思うこと、感じたことで
四六時中言葉が湧き出し続けている。

この洪水が落ち着いたら書こう。

でも、駄文、駄思、駄考上等で、今書かなかったら、無味乾燥な感想しか書けなくなるかも。

いかんせん時間が足りない。
考えをまとめるにしても、書くにしても。

by shiho_kato | 2016-10-21 08:08 | 学習ノート | Comments(0)

垣谷美雨『農ガール、農ライフ』

農業はステキか?

食べるものを自ら作れれば、食うに困らない。
最終的に、どうにもこうにも困ったらそこに行き着こうと決めている。

だから、「ひとりで生きてゆけるのか?」の独身女子が農業へ、って、なんとなくわかる。
「貧困女子」なんていう言葉まで生まれてしまったこの時代。
食い扶持を稼ぐのか、食物を作るのか、30代からの独身女性の生きる術への緊張感は半端ない。

でも、人さまに食べさせる分までは作れないよ。
「おおかみこどもの雨と雪」では、花がおとなりのおじさんに教えられて、自分たちが作る分よりたっぷり多めに作って、ご近所さんとのおすそ分け分にする。
そのレベルで、作れることを目指そう。
あらためて、そう思った。
d0134102_12215493.jpg

by shiho_kato | 2016-10-18 12:20 | 読書ノート | Comments(0)

備忘録メモ JLA 全国大会

IFLAの学校図書館基準が改定された。
ひとりで読んでも変更点、目新しい点、今日的な点、問題点、ちっともわからないので、こういうときはお勉強。
d0134102_19063339.jpg
項目すべてを網羅する「学校図書館」は、なんてビジネスライクな場だろう。
能力を上げるための、技能を習得するための、訓練の場のように思えてくる。

そして、そういう場をコーディネートするのであるから求められる「学校図書館員」像は
高技能、高能力、スーパーウーマン、スーパーマン。
隙の無い人であり、常に常に向上心の塊でなくては現在の目まぐるしく情報の届け方やあり方が変わる状況を常に常に先取りして、「教え」られる人でなくてはならない。

目指せるかな・・・
ぼんやりと未来の私を浮かべる。

もしも、この先も図書館に携わり続けるとしたら、「面白い」「胸に響く」「足元を揺るがす」「心安らぐ」「しんと静かになる」そういう目には見えない耳には聞こえないひとりひとりの「揺らぎ」にざわめく図書館に身を置きたいと思う。
探求・探索スキルや、思考のステップや、組立や手順や、そういったことをこそ、授業において学べばいい。
スッキリと整理できないもやっとぼやっとしたものとつきあうためのゆるい箱が、学校の中にある図書館の大きな大きな役割の一つではなかろうか。

だってね、「生きるってなに?」という一生付き合わなくってはならない問いに苛まれ始める年齢であり、未来の自分の姿として進学とか職業とか「おとな」の像を結ぶのに手こずりながら、もがき足掻きながら、過ごす年齢だから。

今の私でいい、なんて言うつもりはからっきしない。
知識も技量も足りなくて、劣等感ばっかりで、もちっとなんとかならないのかな、と自分に呆れながら、でもやれることをやってみよう、今この目の前の図書館に、目の前の生徒たちに、目の前の先生たちに必要なものはなんなのか、それを見極める目は養おうと思うんだ。
そして、たとえそれが図書館員として、あまり実の無いことでも構わない。


by shiho_kato | 2016-10-16 21:49 | 学習ノート | Comments(0)

3度目のタートルマラソン、今年は10km

障害者も健常者も一緒に楽しむマラソン大会。
d0134102_19095365.jpg
エイド等にもコースにも魅力は無くエントリーフィーはたかいのに、人が集まるマンモス大会。
好きな大会のひとつ。

いろんな人たちが、ひとりだったり、ひとりじゃなかったりしながら、各々の思い思いに「走ること」では平等だ。
そのキレイな言葉で言ってしまえば「多様さ」、ありていの言葉で言ってしまえば不揃いな雑多さで、気が楽になる。

レースに出る人たちの多くは、特に私の持ちタイム周辺で走る人たちは、それなりの走る習慣づけがあり、それなりのトレーニングらしきものを積んでこられている人が多い。そこに交じると、一ヶ月あたりの走行距離とか、練習内容とか、調整とか、トレーニングプランとか、それなりの準備を重ねてスタートラインに立っていらっしゃって、朝のリフレッシュのために、健康的な心と体の状態がそれで保たれるから、、、という理由だけで走っている私など、気後れしてしまって、はみ出し者の気分になる。
あるいは、無駄に劣等感を刺激されて、そんなランばっかりにかまけることができる時間贅沢(時間貧乏の逆)な人になんか負けてたまるかという気持ちになったりもする。

タートルではそれが薄まる。
準備とか知ーらない。「今日、走る」ってところでひと並び。
そんなスタートラインが好きだ。

そして、その気楽さゆえに、毎回ここでは自己ベスト更新してしまう。

秋のシーズンインで、一年分の伸びがいちばんはじめにあらわれる日でもあるからだろうが、
たぶん、力の抜けた気安さと、一緒に走っている人たちに劣等感無く、みんながんばれ~って思えていることが大きな要因なんだろうと思う。

例年はハーフ、今年は10km。
そして、ことしも10kmで、ずーっと目標にしていた、45分切りを達成した。

走ることが好きというよりも、「走れる私が好き」そう思いながら走る顔、顔、顔。
私もその仲間のひとりであることを自覚しながらのシーズンイン。
d0134102_19083667.jpg

d0134102_19092150.jpg

by shiho_kato | 2016-10-16 09:20 | マラソン、かるたノート | Comments(0)

ぷうちゃんのブルーマンデー

ぷうちゃんが二学期になって3度目の無断欠席。

先週の月曜日に二度目、今週連休明けの火曜日に三度目。
二週続けてになってしまった。

先週は朝から冴えない様子で、ぐじぐじ言ってたので、学校から電話がきた時に「やっぱり」の気持ち。
自宅に電話すると、すぐにぷうちゃんが出た。所在がわかればいいや。

今週は、冗談まじりな「今日も休んじゃおっかなー」。前日もご機嫌よく過ごしたし、先週のような予兆は見られないので、間に受けずに「毎週になるのはやだなー」とか言いつつ持ち物の確認だけをして、先に家を出た。
学校からの電話は、なので不意打ち。しまった、朝のあれ、もちょっと受けなくちゃいけなかったか。。。
自宅に電話しても出ない。「出ない」選択をしてるだけで、出られなかったり居ないのではないのだろう。

先週同様に、生活指導の先生が訪問して所在確認をしてくれるそうなので、お任せした。


前回は、ちょっかいを出しがちな友達に好かれちゃって「大迷惑」が「もう嫌」に発展。

今回は?
ようやく連絡が取れた夕方の電話で「勉強して頭良くなっても意味ないもん!!」
むむむ、哲学的、電話せ簡単には聞けないや。帰ってから話をきかせてね、と電話を切った。


帰宅後1時間半、ふたりで話をする。
と言っても、私のQにぷうちゃんのA。

何を考えているのか整理したいな、、、と思いながらのQは、どんどん愚問化。
考えを聞くからダメなんだ、何をしていたのか、何をどう感じていたのかを聞こうと、路線変更。

朝は1度家を出て、途中で戻って来たそうだ。クラスの友だちともすれ違い声をかけられたとか。
卵とハムとチーズで料理をしたり、図書館に行って本を二冊読んで、ブランコに乗りに公園に行ったり。
図書館に行こうとしたのが下校時間だったから、友だちとすれ違って声をかけられたとか。
先生が訪ねてくるかもしれないと思って電気を消してひっそりしていたけど、お昼ご飯を作ろうとした時に来たから油断していて出てしまったとか。

小さな冒険、動揺、気まずさ、開放感、、、。

一日休んで、ずいぶんいろいろ体験したんだ。面白いじゃない。
そう、私ははなから休むことそのものを問題にしているわけじゃない。

なのに、なんだろ、この腹立たしさと焦燥感は。
少し考えて気づく。今回は、電話に出なかったことを、私は、きっといちばん気に病んだんだ。
ぷうちゃんが私を信頼していないことがわかったから。

「電話でママにいろいろいろいろ聞かれるのがヤだった。」
その言葉が突き刺さった。

もう、やりとりはいいや。私の言いたいことだけ言ってしまおう。
「ママは、ぷうちゃんがおウチに無事で居るのかどうか、知りたいの。ちゃんと食べれているのかが知りたいの。一日中連絡取れなくて、もし誘拐されちゃっていたら、もし事故に遭ってて学校にも家にも居ないんだったらって心配しながら一日過ごしたら、一日で1kg痩せちゃうよ」

それまで硬く俯いていたぷうちゃんは、びっくりした顔をあげて、次の瞬間笑った。
「ママ、一日で1kgも減っちゃうの!?」

そうだよ、心配で心配で、心配ばっかりすると痩せちゃうんだよーー。
ぷうちゃんはへーそうなんだ、と笑った。

もう一度聞いてみた。学校でイヤなこととかあるのかな。
ぷうちゃんの笑顔が歪んでポロっと涙をこぼして言った。

「だってさ、誰にも話しかけられたくなかったんだもん」

誰にも?

おんなじこと何回言ってもまた同じこと言わされたり、鬼ごっこしてて楽しかったのにかくれんぼに変わったり、先生に何回注意されても同じことしたり、ダメだよとか違うよって言うと暴力って言われるし、、、。そういうのがヤなんだよーー。

やっと、言えた。

言ったことが100%では無いのだろうけれど、今まで連ねていたいろいろな理由よりも大きくつかえていた塊をポコッと吐き出すことができた。
ように、見える。

今日はこれで十分だ。


********

教室という空間の中で起こる、有象無象の簡単に秩序からはみ出る世界に、時々疲れてしまうのか。
集団の中での、揺れ動くダイナミズムに流されるには、ぷうちゃんは硬過ぎるのか。


安心してばかりは居られない場所で、緊張の度合いのチューニングが振り切れそうになる感じ。
小中学生のころの私は、とにかくそれとの戦いで消耗していた。

むむちゃんはそういうこと無く、するりとゆるりと抜けて行くことができているようだけど、ぷうちゃんは私に似ているのだろうか。
だとしたら、気の毒だ。
深刻になりすぎないように、ぼやっとゆるめたり、他に気を逸らしたりしながら、やり過ごせるエネルギーだけはしっかり溜められるように、そのためにできることは何だろう。

********

話を終えたあとのお風呂の時間に「ママ体重計ってみたほうがいいよ」
体重がツボらしい。

翌朝は一緒に家を出て学校に行った。
先生には週初めのブルーマンデーと、次週からは週初めは一緒に登校することを伝えた。
三度目になるのでスクールカウンセラーに相談という手もありますので、とのこと。
まだ、必要ないかな。

翌々朝「一緒に出ようか。」と声をかけると、「なんでひとりで行くよ」と。
ひとりで行ける?と重ねると、「休まないよ、大丈夫に決まってるよ!」と。
苦笑。深めすぎないように気を付けよう。
それとも、もしかして、体重を気にして明るくふるまっている?

出る直前にもう一度振り向いて、顔つきを見やる。
今日は、大丈夫そう。





我が家の聡明なむむちゃんと、一本気であそびの少ない私との、3人の生活では、ぷうちゃんがいちばん逸脱している。
ある種、潔癖すぎる状態にあるんだろう。、そうとわかれば無軌道に漂うことが不快ばかりではないことを体験する機会を探したり作ったりしよう。

そして一番は、私が、深刻に固く、そればっかりを考えすぎないようにってことだ。



by shiho_kato | 2016-10-13 18:37 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(6)