むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

伊吹有喜『なでしこ物語』『地の星 なでしこ物語』

遠州(いまの静岡県)の過疎の進む山里にある名家遠藤家のお屋敷「常夏荘」に住まう、子どもたちのお話。
d0134102_21153575.jpg
語り手は常夏荘の主で未亡人の「照子」なのだけれど、
体が弱く静養のために常夏荘に訪れている遠藤家の御曹司「立海」と、
身寄りを失い遠藤家の山を管理する祖父に引き取られた「耀子」の、
ふたりの子どもたちを丁寧に丁寧に描いている。

不遇な環境で育ってきた耀子が、常夏荘の大人たちに見守られて、ゆっくりゆっくりと自らの持っている力を取り戻していくお話。

常夏荘に住まい、常夏荘に働く大人たちが、手を出しすぎずに、安全で安心な場所をそっと作りながら、耀子がみずから獲得していくのを待てる。

おとなと、子どもの距離感が良い。
燿子の、急がず、ゆっくりじっくりと見つけていくところが良い。
ゆっくりじっくりの耀子の変化に、おとなたちも少しずつ少しずつ変わっていくのが良い。

口数の少ない祖父は、「赤毛のアン」のマシュウへと変化していく。
使用人との間に線を引いていた照子が、共に耀子の誕生会を祝おうとする。

『なでしこ物語』は静かで、悲しさと寂しさも苦しさもあるけれど、あたたかで、救いのある子どもたちの物語だった。


2012年に書かれた『なでしこ物語』から、5年を経て、先月発刊された『地の星』は、
大人になり、常夏荘の主になった耀子の物語。

過疎の山里で、女性たちが働くこと、その地を大切にする思いと、思うだけにとどまらず形にしていく。じれったいほど控えめに慎重に、でも着実に実現していく。

物語の進むテンポは、『なでしこ物語』から少しも変わらない。5年間は空白だったのではなくて、あたためてきた時間だったのだなー。と、思って調べたら、2013年から雑誌で細々と連載を続けてきて、このたび

衰退するふるさとを、なんとかできないだろうか。
その地で採れるもの、育ててきたもの、それに手を加える技術、死蔵になりがちな個々の人たちの力を、集めてつないで、生き生きとしたものへと転換させ、その土地で必要とされる支えやニーズに流し込んでいく。

いま、日本のどこかしこでも、自らの地域を自らの手で活かす試みがなされている。

地産地消とか、女たちの手とか、地域の物産品とか、それらは、こうした物語を背景にしているんだな。

稲穂は美しく、どこか立ち枯れた空気を漂わせる実家の町にも、こんな物語があるのかな。
これからの物語が、既にはじまっているのならいいな。



『なでしこ物語』の耀子から、『地の星』の耀子へは14年の歳月が流れている。
来年2018年に、その14年を埋める『天の花』も発刊されるそうだ。





# by shiho_kato | 2017-10-23 11:54 | 読書ノート | Comments(0)

選挙について、グダグダ思う。

選挙当日は、台風迫る大雨の中「奥武蔵・もろやま仰天ハーフマラソン」に出かけた。
滝のごとく水の流れる山の中を雨に打たれながら21km少々走って来た。
d0134102_21163944.jpg
人生の社会の不条理さ不可解さに比べれば、風雨の中を走るなんざ、わかりやすくて健康的に過ぎる。

少し前まで、雨の中だよ、台風だよ、この中走るなんてバカなの?バカなんじゃないの?って、思っていたのに。やればできるどころか、「え、走んないの?つまんない」くらい言ってしまいそう。
d0134102_21165963.jpg
しがない一票の結果よりも、この日の21kmを走ったことのほうが、私の人生をはるかにはるかに力強く支えてくれる。



******

と、いう訳で、期日前投票のはじまった一週間前の日曜にさっさと投票を終えた。

だって、選択肢、迷うほど無いもの。
積極的に入れたく無い人や党をはずして、残ったものの中から、消去法で選ぶくらいしか。

最高裁裁判官の国民審査だけは、投票所で紙をもらってから、
「考えてきて、出直します」って言いたかった。
だって、すっかり忘れていたから。

こっちの人たちの信任不信任を考える作業のほうが、衆議院議員投票よりも面白かっただろうな。
出直しがきかなかったのは残念だ。


選挙の結果には、今さら何も期待しない。
有権者の半分しか投票していなくて、その中の過半数を得ても、有権者の25%。
それで、「支持を得た」と大語するのはどうだろう。

選挙区割の仕組みのトリックで、当落が決まって、その仕組まれた当落の当の人たちに、私たちの社会の制度をあれこれされるのだ。

どれもこれもリアリティも説得力も感じられない。
選挙ってほんと虚像だな。


私が、今回の選挙結果で、この数字がいちばん信じられると思ったのは、ツイッターごしに知ったこれ。
d0134102_21195012.png

投票数にならして議席数を数えたもので、ドント方式というらしい。比例代表の選挙方式のこと。
小選挙区なんてやめて、全部比例代表にすればいい。

わが地域の命運を背負って国会に行っとくれ、なんていう議員は要らない。
と、私は思う。しがらみってヤツで、自己利益、自己の票田利益、自己の地方利益になることしか考えない、それ以外は居眠りばっかりの国会議員を一定数確保するだけじゃないのか、って。
少なくとも、千葉に居た時も、現在も、我が地域を背負ってくれる輩だとは、ひとっかけらも思わないから。あなたに託すくらいなら、私が自分で信頼できる人を見つけて相談するよ、ってくらいに。



どっちにしても、もっと投票率の高い選挙の結果だったら、それなりに社会への影響力を持つ集団として捉えなくてなはならないと思うことができるだろうけれど。
「国会議員」とは有権者の半数にディスられた人たち。

彼らがすることすべて、信じる気にも従う気にもなりはしない。


私の周囲には、
「投票なんか行くわけない、あんなものは意味無い」と毎回豪語している人は今回も言い、
「投票?行くわけないじゃん、台風だよ」とのたもう人がいた。

どちらも子どもに聞かせる声だったから、止めてほしいと、心中思う。


この仕組みのどれも支持できないけれど、その仕組みで進む国にいま立っている身としては、ほんのひとっかけらであっても、私の意思は表明せねば。

意思の無い人間は牛耳りやすいんだよねーって、国会に住まうキャツらに舐められるのはまっぴらゴメンだ。


何よりも社会に対する憤りが沸いたときには、「なんか、おかしいよ」「なんか、ダメだよ」「やめてくれないかな」ってこんなしょぼいブログでも言いたいことは言いたいわけで、
それを躊躇なく言うには、「私は投票したよ」ってのが私自身に対して免罪符になる。


「免罪符」っていうのは、つまり、親世代から延々と続くおかしな仕組み、負の遺産に対し、私はしょっちゅう腹が立つのだけれど、いま下の世代から「あなたたちが変えてくれなかったからエライ迷惑してる」って突き上げられる年齢になり、せめても「変えてくれない輩を落選させるアクションは取った(紙っきれ一枚でも)んだけどね」っていうそれ。




意見表明権の行使として表明できる意見は限定的でちっぽけ過ぎるし、ほんと意味あるのか不確か過ぎる制度だけれど「あなたの意見を聞かせてください」ってのが選挙だから、うつむいて押し黙らずに、「あなたなんか選ばねーよ」「あなたたちの言うことなんて信じねーよ」ってきっぱり書いてのける(もちろん実際は選んだ人や党の名を書くのですが)ことはしておかないとなって、思う。


陰口ばかりグチグチ言い募り、いざ「どうぞあなたの意見を聞かせてください」って場でうつむいて押し黙るのは、カッコ悪いから。




しがない一票も、無碍にしないし、易易と捨てない。
捨てるときは、この国を去る時と決めている。

いちおうね、この国を構成するひとの一人としていま、ここに生きているという自覚があるから。

# by shiho_kato | 2017-10-22 18:44 | 私ノート | Comments(0)

むむちゃんの7回目のピアノ発表会

あやみーの先生のピアノ発表会。
これで7回目になる。
d0134102_15133875.jpg
むむちゃんは4歳から、あやみーの先生の二番目の生徒として習い始めた。
一番弟子が卒業してしまった今、いちばんの古株だ。

そして、発表会、フル出場。

長い長い曲を、背筋をすっと伸ばしたまま、ピアノを弾く指と手首は力強さを保ったまま、弾ききった。

去年は、上手になったなぁ。と嘆息。
今年は、強くなったなぁ。と、吐息を漏らす。
d0134102_15181086.jpg
コツコツコツコツ、よく続いてきた。
コツコツコツコツ、楽しんで弾き続けてきた結果、昨年に続き今年も学校の音楽祭で伴奏をすることになった。


ストイックな努力と継続が私の強みであるとするならば、
かるたも、ピアノも、好きなことを楽しみながら続けることができる。
それが、むむちゃんの強み。

やっぱり、むむちゃんには憧れるなぁ。


お酒の入ったあやみーの先生は、発表会の時よりも楽しそうに、むむちゃんと連弾。
あぁ、そうか。先生の楽しさが、むむちゃんを育てているんだ。
d0134102_15162347.jpg
あやみーの先生、ステキなむむちゃんに育ててくれてありがとう。

# by shiho_kato | 2017-10-21 23:47 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

綿矢りさ『手のひらの京』

京都の姉妹と言えば『細雪』

こちらは京都の三姉妹のお話。

ゆっくり進む、静かな小説。
京都という地の特性なのか。

綿矢りさの小説にある「ひとひねり」は、不自然であまり好みではない。
この小説では、不自然なひねりがなくて、静かに読むことができた。
この路線が、いいんじゃないのかな。

京都の小説は、京都に住まった経験を持つ人にしか書けないような気がする。
もちろん北海道だって、青森だって、長野だって、福岡だって、そうなんだろうけれど、京都は特に。

京都出身の綿矢りさだからこそ、気負いなく描くことができた京都の小説。
出かけたくなるなー。

# by shiho_kato | 2017-10-19 14:11 | 読書ノート | Comments(0)

柚木麻子『さらさら流る』

柚木麻子の新作。
リベンジポルノを主題にする。

導入がだらだらしていたので、読みかけて放置していた。
あらためて手に取って読み進めたら、最後まで読まずには恐ろしくて居られなくなり、一気に読んだ。

いたずらに過剰におびやかさぬように、あえて、あたたかさとゆるやかさをしっかり盛り込んだ上で、本題に切り込んだのだろうな。

機微を丁寧に、しつこくひらいてひらいてひらいて、描くのが上手い。
小さな、わずかな揺らぎが、悲しく残念な出来事を引き起こす。
生きている上で、誰にでも起こりうると思わせてくれる。

気を抜けないなー、と思う。
気を抜ける場や相手をしっかりと確保していないとなー、と思う。

女の子も、男の子も、「ついうっかり」の、「つい」とか「うっかり」の歯止めに、この小説は読んでおいたほうがいい。


# by shiho_kato | 2017-10-14 20:15 | 読書ノート | Comments(0)