むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

かるた女子

むむちゃんとかるたのお友だち2人を連れて、4人で都内の高校の学校説明会へ。

かるた部にしか興味が無い彼女たちにとって、
かるた部の少ない都内は進路の選択肢が少ない。
(昨今のかるたブームで、部活同好会増えつつあるものの、対等にやりあえる相手の居る学校はまだ少ない)

説明会までの時間、彼女たちはかるた部の体験・見学に放り込み、
私は気ままに過ごす。

そろそろ説明会の時間になるなーと思い、かるた部に迎えに行ったら姿が見えず。
軽音でギターを弾かせてもらったり、茶道部でお茶をいただいたりしていたそうな。

かるたから入って、それ以外のところへ。
楽しめて良かったわ。これもひとりじゃなくって、友だちが一緒だったからだよね。
一緒に来られて良かったわ。

案の定、説明会の時間は、????をいくつも浮かべていたようだけれど、
「高校って、中学とは全然違うね!」

一緒に同じ学校に行けたらいいね!同じチームで一緒に戦いたいね!

そんな未来を、ワキャワキャと具体的に描けただけでOKです。


かるた女子たちが集まったので、国立公文書館の「ふしぎなふしぎな百人一首展」へ。

ひとりでお留守番するはずだったぷうちゃんは、急きょマサさんが一緒に公園にお出かけ。
肉肉しいお昼(ケンタッキーのチキンをたらふく)を食べて、落ち合えるところまで連れて来てもらった。
d0134102_18422849.jpg

札を速く取ることにしか興味が無いけれど、ながーく歌に付き合ってきた彼女たちと、
かるたはやっていたないけれど家の中にも話題にもかるたの溢れている中に身を置くぷうちゃんと、
おのずと歌人や歌やその背景や、それを使ってのあれこれには詳しくなっていることが、わかった。
そして身に馴染んでいることは、ほかのことよりも興味引かれる。
d0134102_18425443.jpg
やり終えてない宿題を、ここで一つできちゃうかも、、、と、にわかに熱心に。

そして、最後は、かるたチャレンジ。
上の句を見て、下の句を早押しするゲーム。
d0134102_18432257.jpg
この日の一位はもちろん、期間最速を目指して、3人挑戦。
私も先週来た時にやったチャレンジ。マシンの反応の方が遅いんだよね。
d0134102_18435360.jpg
ひとりひとりの挑戦と、
d0134102_18443623.jpg
学芸員さんが、三人でどうですか?と、ふってくださったので、三人娘での挑戦。
d0134102_18450502.jpg
負けられない戦いを制し、マシンの最高速の限界をたたき出しました。
d0134102_18480604.jpg

夏の思い出、今日またひとっつ。
d0134102_18483310.jpg

# by shiho_kato | 2017-08-22 18:39 | マラソン、かるたノート | Comments(0)

この夏のおとなの部活 -足柄峠編ー

標高795mの足柄峠を走るために、山北駅8時半集合。
d0134102_11352830.jpg
d0134102_11354432.jpg
メンバーは7人。
私はみそっかす。足を引っ張らないように。

楽しそうに上るよゆーのあるメンバーの背中を、黙々と追いかける。
d0134102_11360439.jpg
せっかくここまで来たんだから、歩かない。
走り通そうぜ。
その気概だけ。

それにしても、不思議だ。
年齢も、住まいも、生い立ちも、暮らしも、重なるところは何ひとつないのに。
d0134102_11364175.jpg
「足柄峠を走りませんか」の呼びかけに乗っかった大人たちが、一日を一緒に過ごす。
次に会った時には、旧知の間柄として、親しく言葉を交わすようになっているはずなのだから本当に不思議だ。

そして、それを楽しみに、次はどこを走ろうかな、次はどの大会で会えるかな、なんて話をしたりする。

世界は、どこから広がるのか予想もつかない。
d0134102_11373139.png
d0134102_11374368.png



# by shiho_kato | 2017-08-20 18:12 | マラソン、かるたノート | Comments(0)

地域の防災訓練

朝から小学校で地域の防災訓練。

町会の方たち、消防団の方たちが仕切ってくださって。

昨年も今年も、PTAの係としての参加。
昨年参加してみて、どんな人たちが災害時に中心となるのか知っておくことにメリットを感じたから。
勤務中に発災し避難を要する災害だった場合には、むむちゃんぷうちゃんは避難所で過ごすことになる。

私が子どもたちのもとへ駆けつけられるのは、勤務先がある程度落ち着いてからで、それには相応の時間がかかるであろうから、その間をお任せする地域の大人の人たちを知っておくことで、より具体的に何がどうなるか何をどうするかシミュレーションできる。
そのことが、私にとっての安心材料になるはずなんだ。

昨年は、割り当てられた係(日程的に選んだわけで内容ではなかった)として、
今年は、そんな意識でもって、参加した防災訓練。
d0134102_12094665.jpg

地域の担い手の高齢化をまざまざと目にすることになった。
(もちろんその前を知らないので、「高齢「化」」なのか、そもそも高齢の方々の活躍する場なのか、正確にはわからない)

段取り、指示、動きのキレ、どれをとってもお手伝いして差し上げなくては・・・という気持ちになる。

この日はおそらく100人に満たない参加者だったけれど、実際は軽くこの10倍を超えることになろう。
そのときに、避難してきた人たちはこの方々のリーダーシップに従って動けるのだろうか?即時の判断・即時の対応はできるだろうか?
あれこれと、不安が募る。

実際に発災したとなれば、もっと多くの、たとえば学校のPTAの中でもみなが知っていてリーダーシップを取れる方たちなんかが、中心となるのかもしれないなー。


地域のリアル(一側面ではあるけれど)を、目の当たりにすることができて良かった。
不安を伴いながらも「そのとき」への覚悟だけは、またほんの少しギュっと決まる。

# by shiho_kato | 2017-08-19 18:11 | 社会&地域&子どもノート | Comments(0)

卓球部の同窓会

卓球部の同窓会。

第一部 10時から4時まで、ひたすら卓球三昧。
第二部 6時からはお店で飲み会。

二年前には第二部だけ参加した。
今年は第一部に参加。

むむちゃんの中学のPTAの、おとなの部活で卓球をやりはじめたら楽しくて。
打てる機会が楽しみで。

懐かしの体育館。
高校の思い出は、部活三昧。
部活の記憶は、なぜか、夏の印象が強くって。

現役の高校生から、70歳の大先輩まで、100人くらいは来たのかしら。
相変わらず女子は少な目だけれど、昨今の卓球ブームで今年は女子8人もいるんだとか。
少子化にも関わらず、千葉県の高校生の卓球人口は私の頃とおんなじ。
つまり、割合だけ見れば増えているっていうこと。

知らない先輩、後輩には、あいも変わらず人見知りだけれど、
同じ時期に一緒に部活をやったメンツで、ぐるぐるぐるぐる、ひたすら打ち続けた。
d0134102_18261491.jpg
学校で教員をやっていて部活の顧問をしている人も少なくない。
技術はさておき、おのこたちよりも、私が一番タフだった。
ランナー、体力だけはいっちょ前でした。

楽しんで楽しんで、今年の夏の思い出をひとっつ。
d0134102_18252377.jpg


# by shiho_kato | 2017-08-14 19:59 | 私ノート | Comments(0)

今年も女4代@青森行一日目

この夏もおばあちゃんを訪ねて青森へ。

最低気温23度の東京から、最高気温23度の青森へ。
台風と共に北上か!?の危機は、台風が巨大化して重くなり持ちこたえられなくて霧散してくれたおかげで免れた。

ブルルと震えながら、新幹線青森駅。
何が無くたって、子どもたちは一緒に旅行できるだけで、十分に楽しめる。
d0134102_18283110.jpg
一泊目は、このところ3年続けて南田温泉アップルランド。
子どもに優しいホテルなので、過ごしやすいんだ。

今年も館内のスタッフさんを見つけて「ヤーヤードー」のハイタッチをするスタンプラリーで、
駄菓子と花火をゲットした。

おばあちゃんとおじさんとおばさんがやってきて、みな勢ぞろい。

お夕飯は、半バイキング(お膳+バイキング)

今年は前後1ヶ月以内にお誕生日を迎える人へのバースデーサービスがあり、
8月生まれのぴーちゃんと、9月生まれのぷうちゃんが該当。
バースデープレートをプレゼントしていただいた。
d0134102_18291417.jpg

うふふん。
そして、今年も女4代。
d0134102_18300244.jpg
おばあちゃん元気でいてくれてありがとう。みなも元気に一年過ごせておめでとう。


夜は雨が降る中、屋根のある玄関前の待ち受けで、先ほどいただいた花火で楽しんだ。
d0134102_18352518.jpg


# by shiho_kato | 2017-08-08 21:54 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)