むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

文藝春秋社長殿へ ー日本図書館協会「全国図書館大会」ー

文藝春秋の社長さんの「文庫は図書館で扱わないでください」
の話をじかに聞くことができた。

文芸書は月に20冊、新刊を出すことになっている(単行本)。
黒字になるのは、20冊中、3~5冊程度だそうだ。
各5000部発刊し、そのうち3分の1出ればトントン、1500部ちょっとか。
赤字になる分を埋めるのが、文庫の売り上げ。
その文庫の売り上げがどんどん落ちていて、赤字を埋められなくなっている。

そこで「文庫は図書館で貸さないで」というお話になったそうです。
図書館で貸さなければ、購入数が伸びる数値的な根拠は無いそうだ。
でも「文庫は買って読む」という読書マインドを行き渡らせることをお願いしたいんです、と繰り返していた。

経営上の問題は門外漢なので、いうべきことが無いのですが、その新刊本20冊を半分に減らしたらどうか?
黒字になる3~5冊をのみ選び出して、発刊するという目利きはできないのかな?

挿話のなかで、芥川賞受賞作家の受賞後の作品は、図書館が資料保全の目的で必ず買うので、公立図書館の数1,500部は自動的に買われるため、単行本としては黒字展開となるそうだ。


本を読む裾野が広がらなければ、本が買われることは無いので、とにかくも本が身近で親しまれ、読むことが日常になる文化が醸成されることが理想だろう。
それは出版社にとっても、図書館にとっても、本屋さんにとっても、等しく願うところに違いない。


*・・*・・*・・*・・*・・*

その話を聞いたのをきっかけに、勤務先の図書館で文庫がどのくらい利用されているか調べてみた。

貸出総数のうちの文庫の割合である。
2012年度 35%
2013年度 39%
2014年度 40%
2015年度 34%
2016年度 38%
2017年度 42%(4月~10/20現在)
増減はあれど、どの年も3~4割を占めている。


文芸書にしぼった貸出数のうち、文庫の割合で見ると、
2012年度 64%
2013年度 61%
2014年度 65%
2015年度 64%
2016年度 62%
2017年度 65%
文芸書を借りる場合、6割以上は文庫本で借りていることになる。

所蔵する文芸書全体に占める文庫本の割合は40%なので、単純に数字の上で見ると、
単行本よりも文庫本を選んで借りる割合が高いと言えるだろう。


個人的には、学校図書館において子どもたちが読むことを習慣化するために、文庫の手近さは欠かせない。
教科書やら部活やらで彼らの荷物は重量級だ。そこに入る余地のある大きさの文庫であるからこそ借りられる。

手狭な学校図書館で、より多くの本を並べようと思えばそのコンパクトさは魅力であるし、
予算僅少な学校図書館で、より多くの本を購入しようと思えばその安さに助けられている。


ところで、2013年に、文藝春秋90周年記念「高校図書館「文春文庫」プレゼント」という企画が行われた。

勤務校の図書委員会も応募し、当選し50冊を寄贈していただいた。
その50冊は、この4年間で122回借りられている。

寄贈書を選ぶにあたって、生徒たちに文春文庫リクエストを呼びかけ、
d0134102_13342339.jpg

寄贈いただいてからは、文春文庫コーナーを設けた。
d0134102_15212692.jpg


このときに寄贈いただいた池井戸潤はもちろん、乾くるみや三浦しをん、横山秀夫etcは、その後発刊された小説も引きつづき購入している作家たちだ。



共存、だよなー。
その作戦を、書店も出版社も図書館も共に立てる場所が必要なんだと思う。

# by shiho_kato | 2017-10-13 22:37 | 私ノート | Comments(0)

お仕事小説 三浦しをん『ふむふむお仕事』『エール』1~3

お仕事小説をせっせと読む。

三浦しをんの『ふむふむお仕事』と、『エール』1~3。

三浦しをんのインタビューは面白い。
インタビュー先の選び方がユニークで、どの人もどの人も、生きる力が強い。
そして、気の合う人の話しか聞きに行っていないんじゃないか?というくらい、率直な話を引き出す。

職業がユニークすぎて、尖っている人たちばかりなので、同じ地平で「働く」を捉えられないのが残念。
平たく働く「会社員」「OL」「公務員」「教員」等々の、フツーの人に、三浦しをんが話を聞いたときにどんなインタビューがなされるのか、読んでみたいなぁ。


『エール』はアンソロジー。
この小説のための書き下ろしのアンソロジーで、あちこちからの寄せ集めではない。
そのためなのか、作家の個性が7割くらいに抑えられているような気がする。

20代の、大卒で就職して、仕事に慣れて、この仕事で今後ずっとやっていくのかどうか、岐路に迷う年代のお話というのは統一されている。

作家が、登場人物にいろんな職業をあてるときのリアリティは、取材によって担保されるのかな、と思うのだけれど、事前の調査や取材が上手い人と、そうでな人がいることが、アンソロジーであることでハッキリ現れた。

人物をつくるのって、丁寧な緻密な作業が必要なんだなー。
お仕事そのもの中身や面白さよりも、描かれ方に目が行ってしまったのが残念。
やっぱり、一冊ガッツリ、その職業を、その人を読むのが、面白い。

# by shiho_kato | 2017-10-12 15:53 | 読書ノート | Comments(0)

大田区スポーツまつり

体育の日。
区内のあちこちの会場で、いろんなスポーツの体験ができる。

吟味して、午前中は卓球の会場へ。
老若男女というのか、「若」の小学生中学生たちと、「老」の60歳を越えた方たちで、8割を占めていた。
d0134102_21554167.jpg
卓球って、高齢になってもできるんだ。
ひとりで参加して、はじめこそオロオロしていたけれど、「一緒に打ちましょう」と声をかけていただいて、そのうち、次から次へと「次は私と」「次一緒に」とお誘いいただいて、ほとんど休みなく2時間。

あるおばあちゃまは、定年後の70歳で卓球を始めて、現在78歳だとか。
ダブルスで区の大会で優勝したら、面白くなってしまってやめられないのよー。と。
70歳になってから卓球を始めたことも、続けていることも、ましてや大会に出て試合をしているということだよね、スゴイ!!!

一部、若いときにやっていて、、、という方も居たけれど、「定年で退職してから始めるひと、多いんですよー。うちの会はそういう人ばっかりですよ」と。

生き生きと、貪欲に打ち続けている熱気にあてられた。



午後は、弓道体験へ。
d0134102_21590399.jpg
『アイコ16歳』を読んで、高校時代は弓道同好会に入りたかったんだけどな。
3ヶ月で止めてしまった。毎日練習、土日も練習に試合の卓球との両立ができなかったから。
中途半端に防具を買ってもらっちゃったりして悪いことをしたなぁ。
あれ、もうとっておいて無いよね。

敵と闘うんじゃなくって、自分と向き合う感じが好き。
「型」があるものは好き。シャンと背筋を伸ばすところも好きなんだ。
矢羽根が頬をかすめて、時と場合によっては切れることがあって、それは怖かったな。
弓を引くにはコツがあって、力任せに引くわけではないのだけれど、それがわからなくて腕と指の力で引いていた。もっと長く続けていたら、肘で引く感じまでたどり着けていただろうか。

本来は28m先に置かれる的が、体験では10m先に。
しっかりサポートしてもらって、狙いをつけるのと放つタイミングだけを自分で。
d0134102_21564693.jpg

まっすぐ立って、引き下ろしているつもりだったけれど、撮ってもらった写真を見たら、腰が後ろに引けて背中は反ってしまっていた。
d0134102_21573202.jpg

d0134102_21575627.jpg
自分の体を、イメージ通りに動かすのは難しいなー。


4本射って、一本も的に当たらなかった。
「本来の的よりも下の方につけているので、やっている人ほど当てにくいんですよ」と教えてくださったけど、それ以前に、どこで狙いをつけていいのかわからなかった。

4本ずつの体験だった。
やりはじめると物足りない。1時間くらいやりたい。
でも、こういう体験の機会を見つけて、また来よう。

弓も、老後の楽しみにできるものならいいなー。


どうしよう。
老後に楽しみにするものがどんどん増えてきて、どれだけ長生きしてもおいつかないかも。
当たり前過ぎてやれやれだけど「健康こそ財産」を発見する、体育の日でした。

# by shiho_kato | 2017-10-09 16:19 | マラソン、かるたノート | Comments(0)

日和田山遠足

3連休の真ん中。

ぷうちゃんの誘い出しに成功して、一緒にお山へ。
西武線のレッドアロー号に乗って。

向かった先は「高麗駅」
駅を降りて、標高305mの日和田山を目指す。
d0134102_21595974.jpg
暑い。
女坂、男坂、見晴らしの丘経由の三つの経路で山頂を目指すことができる。
分岐路から道を見上げて、ぷうちゃんは迷わず「男坂」へ。
d0134102_22002334.jpg
岩がゴロゴロしていて、歩くというよりもよじ登る道。


だらだら歩きでは(私基準で)直ぐに疲れた疲れたと言い始めるぷうちゃんが、岩よじ登りでは、スイスイ、グイグイ、先へ先へと登っていく。
d0134102_22013457.jpg
小猿さながら。
そうか、こういうアクロバティックな道が好きなんだ。
d0134102_22015786.jpg
まだかなぁ、と言い始めてすぐに、見晴らしが開けた。
d0134102_22043946.jpg
わぁいい景色。
d0134102_22022369.jpg
足元を見下ろすと、こんなところをよくよじ登れたね、っていう岩の道だった。
d0134102_22025167.jpg

d0134102_22031101.jpg
頂上はもう少し先。
ルンルンな気持ちになっているので、そこからもスルスル。


てっぺんに到着。標高305m。
d0134102_22040771.jpg
駅から40分足らずで登りきることができた。



いま来た道は、下りは危ないよね、と合意したので、
下りは「女坂」から。
ところどころ、岩をつかまりながら下りるところもあるけれど、ほとんどはたったか歩ける山の道。

あっという間に下りきってしまったら、暑い。
山の中は木陰が多くて涼しかった。
わずか300mでも高いところは、気温が違う。

高麗川の水は冷たくて気持ちがいい。
d0134102_22051866.jpg

高麗駅の近くには、曼珠沙華と秋桜が一面に咲く「巾着田」があり、三年前の同じ時期に秋桜を観に行ったことがある。巾着田でお弁当の案は却下され、奥武蔵グリーンラインチャレンジのフィニッシュ会場の小学校でお弁当を食べた。

奥武蔵グリーンラインチャレンジは、昨年私も走った、600m上って600m駆け下りてくるコースを走るフルマラソン。私は二週連続のフルマラソンになってしまうので、今年は回避。
ラン仲間の、つちのこさんと、マサさんと、かっちゃんと、もうふたりが走っている。
きっと、あの向こうの山の中のどこかがコースなんだ。
d0134102_22054657.jpg
学校に着いたら、つちのこさんとマサさんはゴールしていた。
d0134102_22060209.jpg
お弁当を食べ終わったころにかっちゃんがゴール。

バカみたいに坂しかないコースなのに、終わったあとはみな楽しそうだ。

あとのおふたりは待たずに、マラソン会場から送迎してくれる「武甲温泉」直行のバスに乗った。

温泉はランナーで混み合っていたので(女性の方はそうでもない)、ぷうちゃんはのんびり入れず不満だった模様。
d0134102_22063690.jpg
帰りもレッドアロー号で、乗換0で池袋まで。(電車での乗換移動の方がタイヘンに感じるので、特急料金はかかるけれど、今回はレッドアロー号を使って正解)

帰りの車内でも起きて指ゲームやしりとりをして過ごしたので、このくらいのお山歩きはそれほど疲れないんだね。わかったぞ。


私が山を登るときの、コース選択に力を貸してくれるのは
『4歳から登れる首都圏の親子山』
必要なときに図書館から借りていたけれど、もう何度も借りてこれは手元にあったほうが便利な本だとわかったので、購入。


本に書かれた予定では高麗駅から出発して日和田山にのぼり、同じ道を通って高麗駅に戻る往復で1時間50分。
ぷうちゃんと私の工程では1時間半。
我々の走力、登山力は、この本に準拠していれば、そうそう大きく時間を読み違えることがないとわかった。

ぷうちゃんが、もっと高い山でも大丈夫と言っているので、岩岩していてよじのぼりながら進む道が多いお山を、この本から探そうっと。

ぷぅ「富士山、登ってみたいなー」

それは、もちょっと先の話かなー。
高尾山が555m、日和田山が305m。
私も、まだ1,200mくらいまでしか登ることができないからなぁ。

でも、いつか。きっと。

# by shiho_kato | 2017-10-08 20:47 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

小林哲夫『神童は大人になってどうなったのか』

ぷうちゃん、むむちゃんが観るテレビ番組は、
「ネプリーグ」(フジテレビ 月曜7時)とか
「今夜はナゾトレ」(フジテレビ 火曜7時)とか
「ミラクル9」(テレビ朝日 水曜8時)とか
「Qさま」(テレビ朝日 水曜(時間さまざま))とか
クイズ番組ばかりだ。

どの番組にも、似たような回答者が出てくるが、最近は東大出身が次々と出てきている。
ややもすれば、そろそろ勤務先の卒業生が東大生として出演することもあるのではないかと、ハラハラしたりもする。

それらのクイズ番組のせいか、東大生が身近に感じられるようになっているような気がするのだが、
かつての牛乳瓶メガネの一風変わった超変人的天才という姿は払拭されたのではなかろうか。

日々、近い将来東大生になる割合の高い青年たちと共に過ごしながら、
彼らは、このあと、どんな未来、どんな将来を進んでいくのだろうか、と思いを馳せることは少なくない。

そんなことを考えていて、目に入った一冊。
d0134102_16304193.jpg
天才の家系はあるのか、とか、
どういう環境で才能は開花するのか、とか、
もし、具体的なひとりひとりを名指しで書いているのでなければ、平板なするっと読んでするっと忘れる本だった。

おそらく50人以上、100人近い、具体的な人とその家庭と子ども時代をあげて書かれていた。
その顔が浮かべば浮かぶほど、書かれていることの浸透率が高まる。

「神童」として取り上げられている人と、「神童」としては取り上げられないけれど、とても似通った天性の才と集中力をもった子どもたちを日々見ている。

おそらく、持って生まれたものはある。

それが摘まれるか、伸ばされるかは、家庭の環境、学べる環境次第であることがよくよくわかる。

持って生まれたものがあっても、環境がそれが伸びることを阻害するものであったなら、十全には発揮されずに生涯を終えることがある。いや、むしろその場合の方が多いのかもしれない。

筆者が、「神童」の価値は、その才をもって「社会にいかほど貢献したか」にあると、くりかえし主張していた。

ひとりの人として捉えた場合に、「社会に貢献」するかどうかよりも、優先すべきは「生きている手応え」を本人がどれほど感じられるか、だと私は思っている。
ただし、上記のように、その才を伸ばすことのできる環境が周囲の努力により整えられたのであるのなら、その環境を得られたことへの感謝の分は、社会に還元したらいいんではないかな、と思う。


私など、その100分の1も無いくらいの才しか持ち合わせていないのだけれど、それでも、もって生まれた分は、十分に発揮させてもらえるように育ててもらったと思っている。なので、大きなことはできないけれど、ちょいちょいと、チャイルドラインとか(これは提供する以上に搾取が大きくなりバランスが崩れた悪例だが)、子どもの貧困とか、よりみちのいえとか、かるた会とか、やりたいことをやりながらだけれど、やっぱり何かをお返ししているつもり。そうすることで、ここに「居る」あるいは「在る」ことの価値を自らに認めることができて、やりたいことをやれるような感じがする。


と、ここまで書いて、いただいたものをお返ししながら生きていくのは、「神童」であろうとなかろうと誰もおんなじだな、と気づいた。


あまり「○○のために」「✖✖する」みたいな、縛りをかけるような因果を結ぶのは好きじゃないんだけど、むむちゃんは思いっきりかるたをやればいい。
その楽しさを、大きくなった時に、かつてのむむちゃんたち子どもに提供する姿が見られたらいいなぁって思う。

# by shiho_kato | 2017-10-06 21:34 | 読書ノート | Comments(0)