むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

木下通子『読みたい心に火をつけろ!』

学校司書の大先輩の本。
d0134102_16090430.jpg
ビブリオバトル企画で、ガンガン前に出ている司書さんなので、
敬しつつ、すこうし距離を置いていた。

本も、直ぐには手に取ることができなくて、
じわりじわりじわりと、自分の中で追い詰めて行って、さすがにもう読まないと先に進めないや・・・
煮詰まったところで一気に読んだ。


本を読むのが苦手な生徒も来る学校図書館を、当たり前のものと捉えているところに、安心する。
小説や物語から、はじめたい、それがあなたに寄り添ってくれる存在だから、という考え方にも、安心した。


読めずに置いておいた時間、読み進める時間、そして読み終えて、
あぁ、私は「学校司書として、私どうなのよ」と、揺れてるんだなぁ、と気づいた。

この本の中に「安心」がひとつ見つかるごとに、胸をなで下ろしながら読んだ。


*****

「仕事をするイメージ」とういのが私には欠落している。
そもそも、働く人になることを想定して、人生を組み立てたことが無いまま、
気づいたら「NPOの人」になり、NPOで「働く人」になり、「ワーキングマザー」になり、「学校司書」になり。
そのどれもこれもが、イメージトレーニングを積んで積んで積んで、の結果ではなく、
期せずして振り返ったら、そういう場に身を置いていた、というのが実感に近い。

いまの勤務先で、このポジションに置かれてこの役割を与えられ、
こういうことが必要で望まれている(と、汲み取って)、それに即した働きをしよう。
日々、そういうことで働いている。

その働きの内容が、割とおおむね学校司書としてするべき仕事に合致しているようだ、と我が身を振り返る。
しかし、ここから先のビジョンというか、どこに向かっているのか、行くのか、灯台のようなものを持ち合わせていない。


学期中は、学校司書としての灯台云々よりも、この学校にとってのこの場所の有意性、有用性をどう捉えるかに気持ちを集中させていられたのだけれど。
学期が終わりフツフツと湧いてくる「学校司書の人たちは何を見、何を目指しているのだろう」「それは、私がやりたいことと合致するのだろうか」「そもそも私のやりたいこととは何だろうか」「いややりたいことよりも生活していける仕事をきちんとすることこそが今は重要ではないだろうか」「生活のための仕事云々よりも、子どもたちの今に立ち会えるかどうかが大事だろう、時間こそ、最も取り戻しのきかないものなのだから」等々。
歯止めをきかせるエネルギーが弱体しているので、ぐるぐると巡っている。








# by shiho_kato | 2017-07-29 21:23 | 読書ノート | Comments(0)

茂原の七夕祭り

もう何年ぶりだろう。
いや、何十年ぶりだ。

茂原の七夕祭りへ。
d0134102_16141877.jpg
高校生の頃の、夏のイベントだった。
部活帰りに、みんなで、あるいはデートで。

懐かしいなぁ。

大きく見えたものが小さく見える。
長々と続く道だったはずが、このくらいだったかな、と拍子抜けする。
d0134102_16150779.jpg
「かつて」と「今」は、いつもそんな感じ。

夕方の涼しい風が嬉しい。


懐かしさをともなって、
夏の思い出をまたひとつ。

# by shiho_kato | 2017-07-28 22:08 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

太平洋に寄せる波

海へ。

太平洋だ。
なんてたってここは九十九里浜ですもの。
d0134102_16114189.jpg
3年後のオリンピックの会場に決まったけれど、泊まるところは少ないし、駅からの足の便も悪い。
お店も少ない。コンビニも数えるほどだ。
どうするんだろう。
これから何やらそれらしく開発されるのかしら。


勇んで出かけた海は台風の影響で、遊泳禁止の赤い旗。
ライフセーバーの方々が、「遊泳禁止、入るのも膝までです」と、
監視の目を光らせてくれている。

寄せてくる波が高くて強い。
飲み込まれたら・・・想像するだに怖くて、眺めるだけ。

膝までで、良かった。

膝までだよ、と言いながら、波打ち際で波と追いかけっこする子どもたちを後ろから眺める。

足にさわりもしない波が、一気に膝まで飲み込んでいく。
d0134102_16123822.jpg
怖い。。。。

もし、転んだら。
もし、波にとらえられてしまったら。

駆けつけて、つかまえて、引き戻すことができるだろうか。

そのシミュレーションばっかりをしながら、
荷物を直ぐに放り投げて駆け出せるように、持ち替える。


子どもたちは楽しそう。

私が怖がりで臆病な想像をしすぎなんだ、と言い聞かせる。
怖さと戦うのは私。
だから止めて、とは言わない。


自然は、偉大で、恐ろしくて、だから畏れ多いものだっていうことを、私は私なりに、子どもたちは子どもたちなりに理解していく時間。


ただ波に打たれている時間を、「あぁ、楽しかったねっ!!!」と連呼する。

良かった。

たとえハラハラする時間であっても
夏の思い出ひとっつ追加。


# by shiho_kato | 2017-07-28 17:11 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

「ひとり」を、全肯定

横浜市の男女共同参画センターで「ひとりのしあわせ」をテーマに企画展をやっているそうだ。

その記事がこちら。
「ひとり、こんなに肯定されてる」ひとりの本だらけの企画展に、横浜市の図書館が込めたメッセージ
(HUFFPOST 2017年7月27日更新)

正確には、図書館の企画展ではない。
けれど、個人的には、図書館こそ、そこ(ひとりを肯定すること)がぶれないように、あるべきだと思っている。


私は最終的には、「孤独を抱えることができる力」を持つのがおとなだと思っている。

だって、人はひとりひとり異なる。それぞれに自分を主人公として自らの人生を歩んでいく。
初めから終わりまで一緒の誰かは、残念ながら居ない。
たとえ、家族であっても、立つフィールドは異なっているし、感じること、考えることも異なっている。
最終的には、いや、最終的でなくたって、人はひとりなんだ。



と、思っていると、
世の中は、「コミュ力」や、「絆」や「つながり」や「ネットワーク」や・・・。
ひとりではないことが重要である、というメッセージが溢れている。

どのワードもチョコレートやアメちゃんのようなあまーいお菓子。
食べると幸せになるし、山で遭難しかけたときにとっても効き目のあるお菓子だけれど、日々の体の栄養にはあんまりならない。


「ひとりではないこと」を、社会の側が個人に要請するのは、危険なベクトルです。
「私」の考えではなく、「みんな」の考えにのれることに流されると、
「私」の考える力はどんどん弱っていく。


その結果は、民主主義の衰退だよね。
個人の意見、個人の意思が、しゃきっと立てなくなるんだもの。

だから、今、日本はこんなにゆらゆらゆるゆる地盤沈下みたいなことを起こして、
政治がボロボロになっているんだなー。




アクティブラーニング、大丈夫なのかな。
この、1、2年あれこれ見てきて、あんまり大丈夫じゃない気がしている。

グループワークは、仲良しごっこじゃないぜ。

周囲の反応に迎合できる力を「コミュ力」として評価しないで欲しいし、
周囲のウケを歓喜できる力を「プレゼン力」として評価しないで欲しい。
そこに「主体性」は、もちろんあるにはあるけれど、一部の主体性が、他の主体性を凌駕していく。

・・・。

学校図書館がアクティブ・ラーニングの最適な舞台だ、って図書館関係者が主張するのはいいけれど、
それによって、「ひとり」で居やすいはずの図書館が、「一緒力」が試される場に舞台替えすることにならないかな、と懸念している。



わたし個人としては、それはとっても、イヤだ、と、思う。



# by shiho_kato | 2017-07-28 15:49 | 私ノート | Comments(0)

「夏休み」仕事禁止法案の提案

夏休みだ。
もうすぐ夏休みだ。
あとすこしで夏休みだ。
ようやく夏休みだ。
やっと夏休みだ。

その気分ゆえなのか、忘れ物が著しい。

仕事帰りにむむちゃんと待ち合わせをする日に限って職場にスマホを忘れ、
ぷうちゃんと待ち合わせをする日に限って自宅にスマホを忘れ。

気を付けよう気を付けようと思っているのに。

むむちゃんぷうちゃんと仕事帰りに待ち合わせてお出かけの日に自宅にお財布を忘れ、
週末に入る金曜日に職場にお財布を忘れ、職場に入る鍵を相方の司書さんに預け、取りに入れない。

そんなのばっかり、続いている。


とりあえず、家を出る前に後ろを振り向く。
職場から帰る前に後ろを振り向く。
そこに置き残しているものがないか確認してから動こう。


*****

疲れちゃったのよね、一学期。
不安定な雇用に折り合いをつけようとしたり、
小学校と中学校のPTAのどうせやるなら機嫌よく気持ちよくやろうとか、
気乗りしないところにエネルギーを引っ張られ過ぎちゃった感がある。

全般的に、あれやこれや低空飛行状態を、踏ん張りきった一学期だったんだと思う。
暑さにコテンパンにやられる前に、低空飛行の私を許して甘やかす夏にしようと心に決める。

どーせ、がんばってダメになるのも自己責任。
ゆるゆる甘やかして不抜けた私であることを引き受けるのも自己責任。
なんでもかんでも、結局のところ自己の責任に帰されてしまう世の中なんですもの。


ゆるめることのできる夏休みがあって、ほんとに良かった。
でも、生まれ変わって人間に生まれるならヨーロッパがいいな。
この時期、社会まるごとお休みで、子どもたちとたっぷり一緒に
稼ぐことから離れて過ごす1ヶ月なり2ヶ月なりを過ごせる国に生まれたい。


キッズウィークの提案よりも、
仕事禁止法案の提案をしたい。
これ以上仕事をしてはいけません。これ以上仕事をさせてはいけませんっていう法案。

みんなそろって、もっともっともっと、休みやがれぃっ!!って思う。


・・・・・

ひとり親家庭だって、低所得家庭だってなんだって、
就労支援で尻を叩き過ぎなんだよーーー。

稼ぐワーク以外に、生きていくには家庭のワークも、育児のワークも、
ついでではなくって本来的には私のためのライフワークに、時間を使える生活をしなくてはならない。
がっつり、稼ぐワーク支援ばっかりをすすめるから、
家庭のワークにも、育児のワークにも、時間とエネルギーを割けなくって、
親子ともども、心も乏しい、文化も乏しい家庭が増産される。


・・・・・

ひとり親家庭であったってなくったって、
子どもたちが子どもである内は、夏休みの7月と8月は子どもたちと共にまるごと休める社会であってほしい。
それでも、生きてゆくに困らない社会が理想だ。
部活やら塾やらも含めて、14歳未満の子どもたちをスケジュールみっちりにしてはいけない法案も欲しい。

だって、子どもたちはわずかな間におとなになるものなんだもの、おとなになったらずーっとおとなのまんまなんだもの。逆はない。


ぷうちゃんが一緒に夏休みを過ごしてくれるのは、今年をのぞくともうあと二年。
二度と戻ることのない、貴重な貴重な貴重な自由な小学生の夏休みだと思うと、気が急く。

留守番、留守番、留守番、朝起きたら家にはだれもいない昼日中を、
ぼーっとテレビを見て過ごす夏休みを、過ごさせたくないんだもの。


そう考えただけで、今すぐ仕事やめてしまいたい夏休み。
一年ごとの軽~い契約。どうせ先の約束も、拘束もない雇用のされ方なんだもの。
軽くやさぐれてるかしら。

とにもかくにも、お休みをフル活用だ。
夏に仕事なんかやってられるか~って、おまじないのように言い聞かせて、
休むのを後ろめたく思う自分を、えいやえいやっっと、隅っこに追いやる。

# by shiho_kato | 2017-07-24 18:32 | 私ノート | Comments(0)