むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

備忘メモ:覚悟って何?

日本の子どもの貧困率を底上げしているのはひとり親だ。

子どもの貧困率16.1%「6人にひとり」は、
ひとり親家庭の貧困率54.6%「2人にひとり」にあがる。

そのことが周知されるようになってからかどうかわかりませんが、
離婚アドバイザー(みたいな人)が、
「離婚には(経済的)リスクが伴います、よく考えて覚悟して決めてください」
(みたいなこと)と書いたり言ったりしているのを頻繁に目にするようになった。

それに呼応するように、
当事者であるひとり親の「シンママになる覚悟は決めていたのだから」というつぶやきも、
目にすることが多い。


おかしいよね。
だって生きていくために離婚するんだもの。
そこに覚悟って?

「病気になるにはリスクが伴います。よく考えて病気になってください」と、
理屈は一緒なんだけどな。

病気になんかなりたくないし、離婚だってせずにすむ状況なら敢えてしない。
にっちもさっちも行かなくって、婚姻状態を続けることで死んでしまいそうだから婚姻解消に踏み切るのに。
生きてみようって思ったところに、「覚悟しろよ」って、助言じゃないよね。なんなのその自己責任の突きつけ。


そんなの間に受けて、「覚悟決めて離婚します」とか肩肘張らせちゃダメだと思う。
だから、疲れ果てて、生きていけるだけの働きができるほどのエネルギーが残らなくなる。


がんばろうとする人に欠けているのは「助けて」を言える力。

早め早めに「助けて」って言えること。
早め早めに「正しく逃げ込める先」を「正常な判断ができるうちに」見つけること。
これ、(貧困に陥る手前の防御線として)とっても大事なこと。

助言って言うからには、そこをエンパワできることを伝えなくてはならない。
どんな資源や制度や仕組みがあり、どこにそれを求めるのがいいのか、よりエネルギーを削られずにそこに到達するにはどうしたらいいのか、どこまで伴走する気があるのか無いのかを、伝えなくてはならない。

大事なことってちっとも伝わらない。

下らない「覚悟して」ってイミのない圧力ばかりが伝わって息苦しさを倍増ししている。



あぁ、どうか離婚したくてできないでいる人も、離婚してなんとか生きのびなきゃって踏ん張っている人も、「おつかれさま、それ以上がんばらないで」、って言いたい。

できれば、「それ以上がんばらないで、大丈夫だから」って言いたいけど、日本はぜんぜん大丈夫じゃないところが悲しい。



# by shiho_kato | 2017-05-16 20:50 | 私ノート | Comments(0)

読書記録

小学生で読書ノートをつけるようになってから今に至るまで、読書記録を付け続けている。

このブログで読書記録も兼ねるようになってからは、読んだものすべての記録ではなく一部記録になっているけれど。

このところ、書く方が追いつかなくて、一部記録は、ほんとにひと握りの記録に成り下がってしまっている。
よくあることだけれど、貯まれば貯まるほど消化できずに持て余し、記録の期を逃し、、、の負のスパイラル。

それで、せめて読んだことだけでも、何かに留めておきたいと思っていたら、
こんな便利なものができていた。

読書管理ビブリア

スマホのバーコードリーダーで本のバーコードを読み込むだけで記録できる。
書名、著者名、出版社に加え、表紙の画像も読み出してくれるので、タイトルだけではなくって、読んだ読まないを思い出すことができる。
記録した日付も一緒に入るので、いつ読んだかも思い出すことができる。
d0134102_17462140.png

簡単な感想メモも残すことができる。
これなら滞留なく、続けることができそうだ。
d0134102_17453675.png


これを使えば、父の膨大な蔵書もデータ化できるということか。
便利な世の中になったなぁ~。


# by shiho_kato | 2017-05-15 19:11 | 読書ノート | Comments(0)

ぷうちゃんの運動会

ぷうちゃんの運動会。

曇り空も良し、気温が涼しめなのも良し。
土曜におやすみだったのも良し。
忙しすぎた先週のバタバタを立て直して運動会に向かうことができた。


昨年、冴えない様子で過ごしたぷうちゃんを心配することが多くって、
今年の運動会を心配していた。

何しろ、彼は「運動会王子」だから。

例年よりも一週間早まった開催。
新学期はじまって直ぐにリレーの選手の選考があり、
今年は、去年よりもずっとすんなりと(ぷうちゃん自身が納得いく形で)、リレー選手に選ばれた。

今年からは高学年のリレー。
輪っかだったバトンは、まっすぐのバトンに変わった。

ごそごそ何をしているかと思ったらバトンを自作。サランラップの芯を学校に持って行って、友だちとバトンリレーの練習に励んでいた。


運動会までの数週は、ほんとうにイキイキと過ごしていた。

当日も、朝からスポーツニュースに、桐生やサニブラウンを見ながら気分を高め、颯爽と出かけて行った。

転びませんように、バトンを落としませんように。
ぷうちゃんの本命の80m走とリレーは午後だから、お弁当がお腹を重くしませんように。

親の仕事は心配すること、祈ること。


ラジオ体操の頃に学校に向かい、保育園の母友だちがポツポツ集まってきて一緒に観戦。
6年生、5年生、4年生、2年生の子どもたちを一緒に応援した。

ぷうちゃんの競技は、
4人で棒を持ってぐるりと回ってリレーをする「台風の目」
d0134102_17555609.jpg
今年からリニューアルされたフラッグ・ダンス。
五輪仕様の五色の旗を持って元気に楽しそうに走り回っていた。
d0134102_17564151.jpg
あっという間に午前中の種目が終わった。

お昼は、例年と同じように、保育園仲間の一団で一緒の教室に集まって食べた。
おにぎりに、からあげに、卵焼きに、ハムきゅうりに、程よく食べて、よくしゃべりよく笑い、機嫌よく、午後の準備に向かった。

午後イチの80m走は、毎年、同じ組になるライバル(女の子)が今年も一緒。
去年は僅差で負けている。
今年は?

スタートから走りが力強くて、第1コースで内側を走るカーブのコーナリングもすっと回れて、危なげなく、いちばんでテープを切った。
ぷうちゃんの走りは、こんなに力強かったっけ。
d0134102_17572876.jpg


リレーはラストの競技。
その直前に6年生の組体操が行われる。
組体操が禁止となり、試行錯誤中の去年と今年。

今年は隊列を組んだ軍隊の行進のようなものから始まり、首をかしげた。

はじめの行進が終わったあとは、例年どおりのブリッジをしたりト-テムポールをしたり。
例年同じなのに、知った顔をひとりひとり見ながら、胸が熱くなるのは何故だろう。

二人組の下の役で肩にひとりを担ぎあげたままで、
立ち上がりきれずに苦心する友だちを助けに向かうMちゃん。
頼もしくって涙が出る。


そのあとは、リレー。

ぷうちゃんは第二走者だった。
第一走者のスターターの6年生が二位で駆けていく。

待ち受けるぷうちゃんはライオンみたいだった。
全身で勝ちに行くってオーラを出している。
前を向いて走り出し、バトンが渡った。
d0134102_17584332.jpg
前との差を一気に詰め、コーナーで並んだ。
いちばん膨らむコーナーで抜きに行くとか、もう、チカラワザ。
直線でグンと前に出て一気に引き離した。
d0134102_17582448.jpg
第4コーナー、私たちの前を行く時、みながぷうちゃんの名を呼び、怒涛の応援にはもう感謝しか無い。
いちばんでバトンが渡った瞬間に、Aちゃんが振り返って抱きついて飛び跳ねた。
こんなに目一杯応援してくれてありがとう。


もう。
大丈夫だ。

学校に行きたく無いと泣く朝も、職場にかかる「学校に来ていません」の電話も、虚ろに曇った表情で過ごす日々も、そのたびに心痛めて、ヤキモキし、迷ったり悩んだりしながら、見守ったり、心晴れることは無いかな?自信が着くことは無いかな?あれこれしたけれど。

もう、大丈夫。
これだけ力強く走り、自信に溢れる瞬間を持てているんだから。

今日は今日の、明日は明日のときが流れてゆくから、この瞬間を持続し続けることはできないけれど。
体が記憶するこの今が、ぷうちゃんの礎を作るんだ。
この先、何かあってもうろたえないでいられますように。
今日のこの時を、忘れずにいよう。



# by shiho_kato | 2017-05-14 18:38 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

映画「3月のライオン」後編

「3月のライオン」後編。

観に行く時間を確保できずに、このまま終わってしまうのでは・・・
と思っていたら、恵みの雨。

ぷうちゃんの運動会の予定だった土曜日。
運動会が雨で日曜日に順延になり、ぽこりと予定が空いた。

むむちゃんはピアノ→かるたなので、
ぷうちゃんとふたりで雨のデート。
d0134102_17532239.jpg

映画は。

良かった。
説明したくない良さ。
コミックで足りなかったところが、映画ではきちんと書き込まれていた。
もう、コミックから独立して、映画単体で良い作品になっている。

神木くんが、うまいなぁ。

家族は複雑で、
孤独は複雑で、
簡単なものなんて無い。

だから、一緒に居る時間を元手に、誠実に、そっと手繰り寄せていくしかないんだ。


前編が将棋にフォーカスしていたのに対し、
後編は、ひなちゃんのいじめの話、元父親の話、後藤の妻の話、香子の屈折、零の孤独、テーマが盛りだくさんだったのに、こんがらかることなく観せてくれた。
原作と、脚本のタッグの勝利。


も一度観たい。
何度でも、観たい。


d0134102_17535697.jpg

# by shiho_kato | 2017-05-13 14:26 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

チーム家族

<月曜日>

・朝イチで小学校に寄る。PTAの広報のアンケート未提出の先生に督促をお願いするため。
・午後は会議を欠席して早退して中学校に行く。PTAの新年度の委員顔合わせと、選考委員の役職決めのため。
いつもよりはやく出て、帰ったのは7時半を過ぎていた。

鍵を開けると、いい匂い。
朝のうちに温めるだけにしておいた夕御飯を、むむちゃんとぷうちゃんのふたりで食べてくれていた。
「ぷうちゃんがスイミングで、お腹すいた」って言ったから、とむむちゃん。
「ぜんぶむむがやってくれたよ」、とぷうちゃん。

お願いねって、言わなかったけれど、食べていてくれた。


<火曜日>

・ぷうちゃんテニスの日。

毎週テニスの日は、夕方帰宅して10分くらいで迎えに出る。ぷうちゃんと一緒に帰ってくると7時に近い。
だから、今日も朝のうちに夕飯を作りあげておいて、夜は温めるだけ。

お願いねって、言わなかったけれど、むむちゃんが洗濯物を入れてたたんでいてくれた。


<水曜日>

・朝イチで小学校に。アンケート督促分の回収と、PTA会費の集金日のため。いまどき現金持参で集金というのはいかがなものか。毎年毎年思う。
・夕方は、仕事のあと、中学生だけで練習しているかるたの会に直行。かるたの会に直行し、練習しているところに顔だけ出す。メンバーを確認して、「また閉めに来るね」と挨拶して、帰宅。帰宅後鍵閉めまで1時間。急いでぷうちゃんと夕飯を食べる。夕飯を作る時間は無いので、やはり朝のうちに作っておいた温めるだけの夕飯を食べる。

ぷうちゃんも鍵閉めに一緒に行くというので、急いでお夕飯を食べて準備をしてくれる。
自転車で出かけて、みなを送り出して、管理人さんに鍵を返すと、一息。

むむちゃんと、ぷうちゃんと、ちびちびと貯めてきたピンクのポストの貯金箱がいっぱいになったから、
そのお金でハーゲンダッツのアイスクリームを買おうと決めて、帰りのコンビニに寄り道。

ふぅ。
一休みのご褒美。

私だけがバタバタ走り回っているんじゃないよね、と思う。

チーム家族に、アイスで乾杯。



<木曜日>

・夕方、近場の出張。帰りの時間が遅くなっても良いように朝のうちに夕飯を作って出る。

思ったほど遅くならずに帰れた。

<金曜日>

・夕方、仕事のあと、広報のゲラを取りに印刷所、アンケート未回収分を取りに小学校へ行く予定があるので、やはり夕飯を朝のうちに作る。
・翌日の小学校の運動会と、それにあわせて広報委員会をする予定だけれど、雨予報。運動会の延期に合わせて委員会も延期の連絡のやりとり。委員会会場の取り直しなどを、委員長さんが手を回してくれる。
アンケートの督促未回収分を取りに小学校にも行かなくてなならなかったけれど、自宅で仕事をしている委員さんが行ってくれたので、印刷所だけで済んで良かった。
・帰宅後の夜は、運動会のお弁当の仕込みの予定だったけれど、雨で日曜になったので、一日休める。



今週は、毎日朝のうちに三食作る週だった。
油断すると朝の三食づくりが間に合わず、油断すると夜のお茶碗洗いも洗濯も間に合わず、次の日送りにしても次の日にそれを受けられる余裕の無い週だったから、毎日毎日を緊張感を持って過ごした。

へとへとの一週間に、恵みの雨の土曜日だ。


私が多少遅くても、むむちゃんぷうちゃんが落ち着いていてくれるから、回る。
出すべきプリントも、提出しなくてはならないものも、言わずとも出してくれて、
「あれはまだ?」と促してくれるので取りこぼさずにいられる(たぶん)。

それに助けられて、なんとか乗り切った今週。

# by shiho_kato | 2017-05-12 20:50 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)