むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

セロトニン不足はうつを招く。我慢強い人はセロトニンが活発。我慢強い人はうつになり易い。変な証明問題。

「辛抱強さ」の仕組み解明=ラット脳で特定物質活発―沖縄の研究機関(時事通信) -goo ニュース
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-110112X032.html

辛抱強い人は「セロトニン」が活発になるそうです。
うつ状態の人は「セロトニン」が不足している状態です。
でもうつ状態になりやすい人は辛抱強い人が多いです。
(下記)

●うつ病になりやすいタイプ
 うつ病の発症には、人間的なタイプも関係があると考えられており、以下のような
タイプの人が、うつ病になりやすいと考えられています。
 「生真面目」「几帳面(きちょうめん)」「正直」「正義感が強い」「責任感・義務
感が強い」「趣味に乏しい」「人情深く、いつも他人に気を配る」「相手の気持ちに
敏感」


なんだか、言葉足らずな記事にイライラするのは、
セロトニン不足でキレやすい疲れた
私の脳内環境のせいでしょうか?
by shiho_kato | 2011-01-13 18:50 | 私ノート | Comments(0)