むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

海外のかるた熱

テレビ欄に「かるた」の文字を発見。

テレビ東京の
「日曜ビッグ『世界!ニッポン行きたい人グランプリ』ドド~ンと3人ご招待SP」
という番組。

「競技かるたをやっていて日本に来たいフランス人の女の子」が紹介されていた。
番組の選定?で世界中の日本に来たいヒトの中から、
彼女が選ばれて、日本にやってきた。

近江神宮を訪ね、
勧学館の浦安の間(クイーン戦が行われる部屋)に入り、
大塚のかるた会館ではクイーンの手ほどきを得、
仙台のかるた大会に出場するという盛りだくさんの企画。

彼女の反応ひとつひとつが、とても日本人らしい。
日本人らしいというのは、
オーバーアクションではない、驚きと恥じらいと、慎み深さと、、、といったもの。

むむちゃんを近江神宮に連れて行き、勧学館の浦安の間に座った時の
畳をそっとなでるような感じと通じ合うところがあって、
それは、彼女自身の性格故なのだろうけれど、
かるたに、あるいは百人一首に、和歌に、
たずさわる人に共通する佇まいみたいなものが見て取れて嬉しかった。

日本以外でも、かるたは行われていて(けっして多数ではないだろうけれど)
日本でかるたを愛する人たちと同じ憧れを、近江神宮に対し、クイーン(あるいは名人)に対し抱いているのだ。


今年がまだはじまったばかりのいま、
かるたを通して見える世界が広くなった気がしてうれしい。



わが家では録画をして、繰り返し見ている。
見逃した人は、短く編集したものをユーチューブで観ることができる。

私が心打たれた、彼女の喜びの様とか、クイーンの手ほどきを受ける様子とかは
詳細がカットされてしまっているけれど。

招待編(2016年1月11日放映)
日曜ビッグ『世界!ニッポン行きたい人グランプリ』ドド~ンと3人ご招待SP
42:00~1:13:45
by shiho_kato | 2016-01-11 22:00 | マラソン、かるたノート | Comments(0)