むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

坂木司『女子的生活』

『和菓子のアン』の坂木司。

d0134102_05370225.jpeg
『和菓子のアン』は私の中では宮木あや子の『校正ガール』シリーズや、桂望実『ハタラクオトメ』なんかと一緒にしたくなる。
「20代女子の「デキる女目指してないけど、そこそこ働く女」になっていく」作品群

読み始めて、やっぱりそれ系ね!
と、勢いよく読み進めたら、


(以下、ネタバレ必至)




セクシュアルマイノリティを軸に据えたお話でした。
「女子的」描写がなかなかに、とっても上手で、あれ坂木司って女の人だったっけ?
思わず調べてしまったくらい。(坂木司は男性です)

性別を超えて、きっぱりハッキリ、しっかり賢く戦いながら生きるパワーを持ってる「女子」たちが爽快。
サラッと読まされた。

このテーマで、違和感なくストンと読み終えられてしまうって、なにげにけっこうスゴイんじゃない?
読み終えてしまってから、じわじわボディブローのように効いてくる。
男気とか、男っぽいとか、男勝りとか、使うときは気をつけなくっちゃ、と思ったり。
やるな坂木司。


by shiho_kato | 2016-09-19 18:21 | 読書ノート | Comments(0)