むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢@東京都美術館

年末に北斎展を観に行き、年明けにゴッホ展へ。

原田マハの『たゆたえども沈まず』は、ゴッホと浮世絵の出会いを描いた小説なので、こちらが本道。

小説をなぞるように、登場人物たちを思い起こしながら観ていく。
耳を澄ませると、「出てきたあの人って、この人かな」「この人、あぁなっちゃったのって本当かな」
おそらく同じく原田マハの小説に誘われてしまった人たちが少なからず居る模様。

先に北斎展で、浮世絵が西洋美術に及ぼしたチカラをしっかり学習していたから、
ゴッホや、その周辺の人たちにどう影響を及ぼしたかの背景がすんなり入る。

そのうえで、画面を分断する構図や、強弱の強い遠近法や、、、そういった画風そのものの解析についても、ふむふむと理解することができた。


何かの折にテレビで、ゴッホのデッサンに色を付けて「ゴッホの作品」として復元(創造)する試みを日本の女性画家古賀陽子さんが挑戦するというドキュメンタリーを観た。
その時に復元した作品も展示されていて、目にすることができた。
(この展覧会のために行われた復元プロジェクトだったことを後で知る)

素人目には、もうちょっとくすんだ明るさが欲しいような気もしたけれど、面白い試みだと思う。



ゴッホ展の帰り道、北斎展の前を通り、日本は良いなぁ。
私は和ものが好きだなぁと、あらためて思う。

なんだかうかつにそう思ってしまうと、悪いナショナリズムというのか国粋主義というのか、「美しい国」めいたものに、一片の加担をしてしまいそうで、沈黙に封じ込める。窮屈で息苦しい。
この国はステキだとやすやすと誇るわけにはいかないトラップを国を牽引するはずの政治家たちが作り出しているなんて、まったくおかしな国だ。




お正月休み。
たまには、映画を観に行こうかな(「否定と肯定」か「ギフテッド」)、、、、と迷ったけれど、時間にふりまわされずに訪れることができる美術館歩きはなかなかに良かったでした。


ひと月に一度とは言わないまでも、今年はもちょっと回数多くふらっと立ち寄りたい。

美術館は中学生までは観覧無料。
むむちゃんはかるた三昧だし、ぷうちゃんが付き合ってくれるかどうか誘うのが難しいけれど、本物を近くに感じる機会を今年はもちょっと持てたらいいなぁとも、思う。
by shiho_kato | 2018-01-02 23:05 | 読書ノート | Comments(1)
Commented by desire_san at 2018-01-08 17:24
私も東京都美術館で「ゴッホ展」展を見ましたので、大変興味を持ってブログを読ませていただきました。溪斎英泉による『花魁』をゴッホが大きく模写した作品が展示されていましたが、まさにゴッホ的な筆遣い度力強い画面は、元の英泉の浮世絵をはるかに上回る大作で、ゴッホの才能を感じました、『タチュフコの乗合馬車車』を始め今まで見たことのないゴッホの作品がたくさん見られ、ゴッホの浮世絵の模写作品もや、野に咲く花などの珍しい作品も見られ、充実した時間が過ごせました。

私も「ゴッホ」展『北斎と印象』派などを見て、ゴッホと浮世絵の真実の関係について、参考文献も含めて自分私なりに考察してみました。ざっと読んでいただけると嬉しいです。ご感想・ご意見などをブログにコメントいただけると大変感謝します。