むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「私の本屋大賞」

2018年の本屋大賞候補作が発表になった。
他の賞よりも、楽しみにしている本屋大賞。
この候補作10作で、新たに「出会えて良かった」と思う本を紹介してくれるから。
本屋さんが、これこそ売りたい、買わせたい、読んで欲しいと思う本を紹介してくれるから。

だけど、今年は残念ながら、ふるわない。

小川糸『キラキラ共和国』と、村山早紀『百貨の魔法』は、それぞれ昨年の候補作『ツバキ文具店』と『桜楓堂ものがたり』の続編。新しみを感じられなかった。前作のファンであれば、勧められなくても読むだろう。

今井夏子『星の子』は、腰の据わらない作品でふわふわしたハッキリしない危険さを作品が支え切れてない感じがして好きじゃない。

辻村深月『かがみの孤城』は、不登校の子どもたちのことをよくぞ書いてくれた!と言いたくなる作品。この小説に救われる子どもたちが、少なからず居る。「埼玉県の高校司書が選んだイチオシ本2017」になったのもうなづける。

塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋を宛書にした小説。小説家が、小説を書くことを職業とするための「文学雑誌」「文芸雑誌」の役割を伝えてくれてはいるけれど、同じ雑誌作りネタでは伊吹有喜の『彼方の友へ』の方が物語としての面白みも迫力もある。あるいは、昨年塩田の昨年本屋大賞の候補作になったグリコ森永事件を扱った『罪の声』の方が、ずっとインパクトが強い。

伊坂幸太郎『AX』は、妻の顔色をひたすら気にし続ける夫のお話なんだけれど、わかるそれ、あるよねあるよねあるよね、って連打したくなる面白さがあった。

柚月裕子『盤上の向日葵』薄幸な将棋の天才少年の物語。同じネタでは「三月のライオン」がずば抜けて素晴らしくいい作品として仕上がっているから、こちらはチープで古臭い印象。

原田マハ『たゆたえども沈まず』は、私には大きな影響力が与えてくれたけれど、常連さんになりすぎて、あらためて本屋大賞で発掘とはいかない。

今村昌宏『屍人荘の殺人』は、今村のデビュー作で鮎川哲也賞を受賞して、「このミス」「週刊文春」「本ミス」の3冠を達成したんですって。3冠達成は、東野圭吾の『容疑者Xの献身』以来だとか。。という、前提があってもなくっても、私にはちっとも面白さのわからない本だった。ゾンビに襲われる設定そのものがチープなんだもの。

知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は、未読。

****

この一年、もっといい作品、あったよね。他に、読んでもらいたい本あったよね。

そんなわけで、この一年の「私の本屋大賞」(日付は、読んだ際に書いた記事リンク)
私が、読んで欲しいなぁと思う本。

伊吹有喜『彼方の友へ』 
→ 1月20日(直木賞候補作)
読みたいものを作ることと、戦争のことと、女性が働きながら生きることと。それらの要素全部ひっくるめて、ひとつの作品によくぞ収めた。伊吹の作品で対象期間に出版された『なでしこ物語 地の花』もとってもいい本だ。二作あげてもいいくらい。

恩田陸『錆びた太陽』
→ 4月22日
政府はこのあと、原発をどうするつもりなのか。AIが政策決定に用いられる未来はあるのか、SFチックだけれどリアリティがある。私たちは警戒しなくっちゃならないことをさらりと書いている。

加納朋子『カーテンコール!』
→ 2月5日
学校ってなんだっけ?教育(機関)ってなんだっけ?を、考えさせてくれる。いま、少子化で子どもの数は減り、定員割れを起こす大学もあるいは高校も多々ある。学ぶことが身を守ることになる、知ることが身を守ることになる、学んだり、知ったりすることで、自分の命を人生を歩む力を養うことができる。そのシンプルな原点を伝えてくれる小説だ。この理詰めでガンガンいくんじゃなくって、でも、現実によくありがちなことを、ふわふわと、やさし~く描き出すところが、小説のチカラならでは、と思う。

小手鞠るい『星ちりばめたる旗』
→ 10月2日
実際にあった歴史で、知らないこと、思いも依らなかったことが本当にたくさんあるんだ、と教えてくれる。
国と国の狭間で、アイデンティティの置き所に惑い、生き抜くための過酷な決断を次々と迫られることが、その当時は本当に多々あったことを、教えてくれる。今だって、生きやすい社会とは言えないけれど、戦争のあった時代よりはよほどよほどいい。戦争のあった時代に、決して戻すものか、と思う。

鈴木るりか『さよなら、田中さん』
→ 12月8日
子どもの目線から描く貧困、地域、格差、を、決してドロドロじゃなく、さらりさらりと描いてくれる。
天童荒太が書くと、これでもかこれでもかこれでもか、と苦しくなってしまうような設定を、笑いを含みながら、ほんのちょっと憂いながら、描き出してくれる。

住野よる『「か」「く」「し」「ご」「と」』
→ 3月25日
思春期アルアルのオンパレードだ。思うよね、そうだよね。うかがうよね、戸惑うよね、後ずさるよね、いっちゃうよね。端から端まで、隅から隅まで、ズイズイとそれで満ちていて、もし私が高校生の時にあるいは中学生のときに読むことができたなら、あぁ私ばっかりがこんなにあれこれ考え過ぎておかしい訳ではないんだ、、、って、ホッとしたと思う。この本を読める人となら、分かり合えるような安心感を得られただろうなって思う。

瀬尾まい子『君が夏を走らせる』
→ 9月20日
まだ、「私」が決まらない時期ってある。自分で自分の輪郭を決められることができない時期に、外側から勝手に輪郭を決められたり、レッテルを貼られるのは、大迷惑だ。まだ「人」とはいいがたい、愛らしい神のような年齢の子どもたちが居て、その一挙手一等足に魅了されたりかき乱されたりする。その、「まだ」の人たちは相性がいいと思うんだ。彼らがいい形で出会うことができ、それを見守るオトナが居る時に、何が起こるのか。
このお話を読むと、待てるオトナになりたいものだ、とも思い、待てるオトナと出会えますように、とも思い、見つけるのに焦るなよ、とも思う。

→ 5月30日
部屋を出ることができない、家を出ることができない、学校に行くことができない、のには、やっぱりどんな時だって、理由があると思っていい。当人は、「理由」に思い当たり、それを消化あるいは消火するための時間と、それとどもに消えてしまったエネルギーを溜めるための時間が必要で、エネルギーを溜めるために、安心できる場所、信頼できる仲間が必要なんだ。それを周囲は、むやみやたらに突つき回して引張りだそうとしてはいけなくて、勝手にこちらの憶測を巡らし過ぎても行けなくて、「伝えて」もらえる私になるための努力に、全力を尽くすんだって、このお話を読んでつくづくと思う。

宮内悠介『あとは野となれ大和撫子』
→ 9月19日(直木賞候補作)
ISのこととか、ほんとのところ、よくわからないじゃない。ニュースや新聞や新書で、そのからくりというか仕組みというか、今何が起きていて、どうしてそうなったかって、解説はされているんだけど、自分の身に落ちるようにフムフムと思えるほどの理解には至らない。でも、この小説を読んだら、よくわかった。反政府派と体制側との争いや、隣国との関係性がどう影響するのかや、国連軍やその他の大国の干渉が、どんなふうに良かったり悪かったりするのか。
映画でも、小説でも、池上彰でも、手段は何でもいい。理解するってことは、自分がどこに居るか知るってことだ。今を、生きてる仲間の一人であることを自覚するってことだ。


唯川恵『淳子のてっぺん』
→ 11月13日
昨年亡くなられた田部井淳子さんを描いた小説。第一人者って、ガツガツギラギラした何者をも凌駕し、何者をも追随させない強さが必要な気がする。しかも相手は手ごわい山と、手ごわい山を踏破せんとする屈強な男たち。だけれど、田部井さんは静かだ。ガツガツもギラギラも無い。動かざること山の如しではなく、しずかなること林の如しでもなく、「しずかなること、山の如し」だ。読みながら、山の恐ろしさを知り、それと戦うのではなく、そっと同化していこうとした山人の姿を見ることができる。

柚木麻子『さらさら流る』
→ 10月14日
リベンジポルノのお話。ふとしたゆるみや甘さは誰もがいつも持っている。常に鎧を身にまとっている人の方が、珍しい。いつでも戦闘態勢に切り替えられる方がよほど難しい。その「ふとした」「ついうっかり」のたった一回が、取り返しのつかない苦しみに転じてしまうようじゃ、うかうかこの世を生きられないぜ。「私がいけない」からではない。にもかかわらず。女性たちは(あるいは一部の男性たちも)どうして、こんなに用心深く気構えを持っていなくってはならないんだろう。
♯Me Tooのメッセージが今頃、世を席捲するっておかしいよなー。もっと近代の早いうちに済まされているべきことだろうよ、と思う。これから年頃を迎える少女たちに(一部の少年たちにも)、ごめんね、という気分になる。


by shiho_kato | 2018-03-07 17:17 | 読書ノート | Comments(0)