むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

自動運転大歓迎

自動運転、大歓迎である。

高齢者の方々の運転も、自信過剰なドライバーたちの運転も、
スピード狂の大バカ者の運転も、睡眠不足・休息不足のお疲れバスドライバーの運転も、不要だ。
すべて自動運転にして。

ついでに、すべての車にスピード制御装置が付けてください。
信号とか、速度標識と、呼応して、決められた速度に強制されてしまうようにしてほしい。


このところ、AI関連の本をどどっと一遍に読んでいて、
人間よりも、AIのプログラミング制御の方が、まだ信頼できることが多々ある。
信頼できることの割合が、どんどん拡大しつつある。


たとえば、昨今のちまたの、お偉方のもりかけ問題をはじめとするバカげたあれこれ。
公文書をいっくら改ざんしても、法的には問題無いというような判断しかできない法律屋さん(検察)とか、結託すれば法律無視なんかこわく無い人たちが牛耳る社会において、法律で何をか律することができるなんて、到底信じがたい。
人がすることなど信じがたいから、記録はAI、その真偽判定もAIにしていただきたいし(「記憶」の主張の当てにならなさ(いい加減であると同時に虚偽である))、AIが違法ではないと判定するのであれば、信じようと思えるだろうなー、と思うのである。




シンギュラリティ、来るなら来い。
世界はその方が平和で公平に違いない。

※「シンギュラリティ,技術的特異点[⇒コンピュータの知能が発達して人間の知能を追い越す時点をいう未来学の用語.Ray Kurzweil は2045年を予想している]
"singularity", プログレッシブ ビジネス英語辞典, JapanKnowledge, https://japanknowledge.com , (参照 2018-06-12)






by shiho_kato | 2018-06-05 13:28 | 私ノート | Comments(0)