むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「似ている」シリーズ&「目で見る」シリーズも、とても面白い

「くらべる」シリーズは面白かった。
さらに面白かった「似ている」シリーズ。
d0134102_15570612.jpg
『似ていることば』
たとえば、ふくろうとみみずく、あふれるとこぼれる、足と脚、使用と利用、舟と船などなど。

『似ている英語』
たとえば時計ClockとWatch、小さいlittleとsmall、笑うlaughとsmile、木treeとwoodなどなど。

写真で見比べて楽しい。
写真なので、インプットされやすい。
写真なので、英単語がわからなくっても一緒に楽しめる。
写真なので、似たような絵を身の回りに探してしまう。読み終えた後の余韻がハンパ無いのです。



そして「目で見ることば」シリーズ①~③
耳で聞き、言葉として読んではいるけれど、頭に浮かべることができない言葉、ことわざがある。
d0134102_15571585.jpg
「互角」が、本当に「ツノ」のことだったとは
「ひいき(贔屓)」が、カメに似た生き物ことだったとは
「引っ張りだこ」が、天日干ししているタコのことだったとは
「へそくり」「へそ曲がり」のへそは、おへそのことでは無かったとは
「じぐざぐ」は、擬音語でも擬態語でもなく、英語だったとは
「シカトする」の「シカ」が、「鹿」のことだったとは
「ぐれる」がハマグリのことだったとは
「長いものには巻かれろ」の「長い」のは、ゾウの鼻だったとは
「ひょんなこと」のひょんは、イスノキという樹になる実の鳴り音だったとは


発見の驚きは、写真で紹介されることでびっくりが5割増しになる。

一緒に立ち止まって、一緒に考えることができる。
なんだかいいシリーズだなぁ。


かつての『ピースブック』と『とっときのとっかえっこ』と出会ったときの衝撃に似ている。
人にすすめたくなる。

by shiho_kato | 2018-07-01 18:35 | 読書ノート | Comments(0)