むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

デジタルの文字、紙の上の文字

福岡伸一さんの記事を読んでほうと、思う。

コンピューターやスマホの画面の文字は、止まっているようでいて実はたえず動いている。電気的な処理でピクセルを高速で明滅させているから、文字や画像はいつも細かく震えている」
(朝日新聞2018年7月27日朝刊)

あぁ、だからなのか。
書かれていることが、パソコンやスマホでは、浮遊して流れて行ってしまうような感覚になるのは。
文字が、文章が、書かれていることが、ピタッと追いついて、地に足がついてる感じがしないのは。

書き直しが効く媒体だからと、私が信用していないからかと思っていたけれど、
そんな「私が思った」とかそういうレベルのことではなく、
実際に文字は止まっていないんだ。

少しばかり安心する。
少しばかり、我が身の身体感覚を信じても良いかと思う。


科学が、力を発揮してくれるのはこんなときだ。


by shiho_kato | 2018-07-27 18:45 | 私ノート | Comments(0)