むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009母親指標ランキング 母親指標34位 女性指標36位

セーブザチルドレンの世界158ヵ国の
母親と子どもに関する状況の調査だそうです。

2009母親指標ランキングより

日本は
母親指標34位 (下記総合)
女性指標36位 (下記1から8の指標を中心に)
子ども指標8位 (下記9から15の指標を中心に)

1 産婦死亡のリスク 
2 現代的な避妊手法の使用 
3 訓練を受けた医療従事者の立会いの元での出産 
4 女性の平均余命 
5 女性の正規教育期間 
6 男女間の給与所得の比率 
7 産休・育休制度 
8 女性の国政レベルでの参加率 
9 5歳未満の子どもの死亡率 
10 5歳未満の子どもの栄養不良児率 
11 就学前教育就学率
12 初等教育就学率
13 初等教育就学の男女比
14 中等教育就学率 
15 安全な水の利用率

子どもたちの就学率が高いのは義務教育の成果。
教育の内容には疑問を呈しながら、
それでも教育という分野そのものが公が取り組むべきところだなぁと、しみじみ思う

*****************************

今日も休日出勤
頭痛やめまいや肩こりは、気のせい、気持ちが弱っているから・・・と、
思ったりするけれど、
微熱と血尿は、さすがに気のせいではないだろうなぁ・・・

子どもを育てることに理解のある職場であるのに、
こんなに疲労するのはどうしてだろう

仕事で遅くなるとき、仕事で休日に出勤するときには
子どもたちを見てくれる手があるのに、
安心してゆとりをもって豊かな気持ちで仕事と家庭の両立をはかれないのはなぜだろう

職場の理解では足りなくて
家庭のフォローでも足りなくて
保育園のサポートでも足りなくて
いったい、何が不足しているのだろう

母親にやさしい国は、
きっとすべての人に、何より子どもたちに、やさしい国のはず
by shiho_kato | 2009-05-09 21:16 | 社会&地域&子どもノート | Comments(0)