むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ルポ 児童虐待

d0134102_2132846.jpg
読んでいて
涙が出てきて
気持ちが塞ぎこんでいくようだった。
でも、読み終えずにはいられない。
苦しくとも見届けなくては。
*****
虐待される子どもたちより先に、
手をあげる前の母親を抱きしめなくちゃ。

懸命に親に、子どもに、心も体も時間も全力で割く児童相談所の職員、養護施設の職員、里親、保育士、教師。
この人たちの鋭いアンテナと専門性が、ギリギリのところで家族を救っている。そのためにゆとりと、今の10倍保障しなくては、指の隙間からどんどんと転げ落ちてしまう。

………
通勤の時間を3日分要した。
その間に、乗り換え駅でベビーカーを運ぶのを手伝い、子どものぐずる声にその母親の顔色を見守った。

何もできない無力感に苛まれることから逃れるために、わずかなことをせずにおれない気持ちになった。



腕が百本あったなら50人の母と子を抱きしめられるのに。
by shiho_kato | 2009-05-15 22:32 | 読書ノート | Comments(0)