むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 01月 31日 ( 1 )

ロードレースを走るワケ

去年は足の故障で走れなかったロードレース。

今年は走らせてもらう。
今年は、走りながら写真を撮ることを全面に押し出して。


図書館の宣伝をかねて。
図書館の行事コレクションを増やすため。
図書館、らしさ、をとっぱらうため。


いろいろあるんだけれど、
いちばんは、かつての私あるいは私たちのためだ。
運動への苦手意識の高いワタシにとっては、ロードレースなんて、持久走なんて、いちばん初めに無くなって欲しい行事のひとつだ。
短距離よりは長距離のほうが、根性と気の長さで、運動能力を補い得たので、若干マシではあったけれど、
走る苦しさよりも、なぜ人前で無様な姿をさらさなくてはならないのか、その屈辱感の方が大きかった。

衆目を逸らす人がいることで、少しでも気が楽になるならば。
ただただ辛い気持ちや、苦しい気持ちから、一瞬気が逸れることで、ほんの少し楽になるならば。
年令・性別・属性の異物が混じることで、同質性(競争や評価やあれこれ)の純度が下がって、ほんの少し風通しよく、呼吸しやすくなることがあれば。

他にもそんな場面は多々あるけれど、私がそれをできる機会はほんの少し。
この学校では、ロードレースと百人一首だけ。


今日が、ただ苦しいだけの一日で、終わりませんように。
d0134102_15363003.jpg



by shiho_kato | 2018-01-31 14:36 | 私ノート | Comments(0)