むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 06月 03日 ( 2 )

むむちゃんのかるた人生、私のかるた人生

むむちゃんが、中学生全国大会で東京都代表の選抜メンバー7人の中のひとりに選ばれた。
この夏、チーム東京都として団体戦で全国の道府県代表と戦う。

全国大会の舞台を踏む。


・・・・
あまりのことに、選ばれたの報に驚き震えて、
うっかり地下鉄を乗り過ごしてしまった。


高校選手権で近江に行くことを、漫画の世界の夢物語としてぽわぽわと夢に見ていたら、
その中学生版で、夢がかなう。

もちろん会場は近江ではなく東京だし、
競技人口は高校に比べても圧倒的に少ないわけだけれど。


むむちゃんが競技かるたをはじめてくれたから、
むむちゃんが競技かるたを本当に好きで打ち込んでいるから、
みせてくれる世界がある。体験できることがある。


大好きな和歌の世界で、大好きな百人一首で、
私が当時、出会えなかった世界にむむちゃんが導いてくれた。
私はなんて幸せモノだろう。


忘れられない夏が、もう始まっている。

by shiho_kato | 2018-06-03 23:13 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

山駆ける楽しさ@さがみ風っこトレイルラン

お山歩きが楽しいので、
トレイルランニングに挑戦してみた。

大会名「さがみ風っこトレイルラン」の名にたがわず、
子どもたち、親子づれが、多く参加していて、
初めてのトレイルの大会も安心して走ることができた。

時々、小学生グループなんかと一緒になると、
かるた会での世話焼きなのか、職業柄なのか、母親だからなのか、

前見て危ないよー、とか
あと少しだよ、がんばってのぼって、ほらほら、とか、
声かけそうになりながら、ふわふわの葉っぱの中とか、沢を飛び越えたりとかしながら、
12㎞弱を走った。
d0134102_12522411.jpg

北海道の裏山を走った足は、あの山道を覚えているみたい。
三つ子の魂百まで、って、あんまり好きな言葉じゃないんだけど、そういうことかなぁ。
さして鍛えても無い軟弱な足が山道を喜ぶのを感じつつ思う。

ぷうちゃんや、むむちゃんの足裏が、まごめの遠足、まごめのお散歩で歩いた道を覚えていますように。
もしそうであれば、少しだけ「三つ子の魂百まで」も悪くないか、と思えるようになるかも。


二位の賞状をもらってしまった。
一位の人たちよりも25分ほど遅いけど。
d0134102_12530954.jpg
今年はじめてのかき氷。
d0134102_12542041.jpg

by shiho_kato | 2018-06-03 18:43 | マラソン、かるたノート | Comments(0)